FC2ブログ

自己満足の果てに・・・

オリジナルマンガや小説による、形状変化(食品化・平面化など)やソフトカニバリズムを主とした、創作サイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ターディグラダ・ガール第七話  あとがき

 
 改めて、こんにちわ。

 異様に長かった……ターディグラダ・ガール第7話。如何だったでしょうか?

 今回、物語に重要な新キャラクターは3人。うち…最後に登場した『死神教授』については、また次回に。
 それ以外の、『マゴット』、『テオ・ヴィリア』はいかがでしたか?

 あまりキャラが増えると物語が混乱するので本当は良くないのですが、どうしてもこの二人だけは増やしたかった。

 というのが、グーラが抜けて…代わりにミンスーが幹部としてパーピーヤスの主力として動いています。
 ただ、このミンスー。設定上、女の子をメダルやレコードなどの円形縦平面化。そして絵画などの芸術品に変えていきますが、私の好きなカニバリズム要素や、横平面化というものに関しては無縁のキャラです。
 やはり加害者として、『それ』がやれるキャラが欲しかった。
 
 そこで『なんでもアリ』にできそうな、マゴットというキャラを登場させたわけです。
 このマゴット。本来は私……個人だけが楽しむために書いた小説の加害者キャラで、そっちの方では平面化やカニバリズムの他にも、スカトロなんかも行っております。
 そうです! その流れから『ウジ虫』という意味で『マゴット(ウジ虫の英名)』になったわけです。
 ただ、このターディグラダ・ガールに登場させると、下手すればまたミンスーのような小物キャラになってしまう(笑)
 ならば、ウジ虫繋がりで『蠅の王(ベルゼブブ)』の娘という設定を加えました。
 これにより、表にはあまり出さないが、真の実力者という風格を出す事ができたというわけです。
 またこの設定により、他にも魔界で優秀な者がいれば、パーピーヤスに引っ張り込めるというパイプラインも出来ました。(^^

 次に『テオ・ヴィリア』。
 以前から、一般のモブキャラやCCS側のキャラだけでなく、パーピーヤス側にも…「ギャップ萌えする状態変化キャラを出したいなぁー!」と思っておりました。
 そこで前回、パーピーガール02でやってみたわけですが、パーピーガールはその場の使い捨てキャラっぽく殆どモブキャラと変わらない気がして。
 では戦闘の実力もあって、ちょっと影があって。あまり状態変化なんかしそうもないレギュラー的な美少女キャラをと思って登場させたのが、テオというわけです!

 実は、この発想は『みら!エン』の頃にもありまして、第二部が開始したら『敵側の天女族』を登場させようと構想しておりました。 
 まぁ、みら!エン第二部は幻となったわけですが、その代わりとなったのが、このターディグラダ・ガール。
 そこで、改めてキャラ作りをしてみたというわけです。
 ヴィリーという精霊はオリジナルと思われた方もいらっしゃると思いますが、実はメジャーではないものの、本当にスラヴの伝説に存在している精霊です。
 もっとも私自身も半年前まで知らなくて、図書館から借りた価格の高そうな(笑)妖精図鑑で初めて知り、使ってみた次第です。
 デザインに至っての話はまた次回にするとして、とにかくこの 『テオ』というキャラは、個人的に気に入っております。
 ですので、今後……状態変化に結構絡んでくると思います。ヽ(`▽´)/

 さて、物語の話になりますが、少しずつですがパーピーヤスも組織として拡大しつつあります。
 やはり、敵側は少しでも強く見えるほうが、物語としても面白くなる。
 今後も、色々な形でパーピーヤスを強化し、より……危機感や絶望感が出せれば!とも思っております。

 CCS側としては、4話で登場した『ボンベーガール』が再登場!
 そして、敵だったキャラが味方になるという…お約束展開となりました!!
 このボンベーガールこと結城暁も、状態変化に食い込ませたいと思っております。そんな訳で、彼女がいつ……どんな被害に遭うか?
 少しだけ期待していてください。
 もちろん、戦闘シーンの強化キャラとしても!(笑)

 そんなわけで、第7話の話はここまでです!

 次回8話の公開は、まったく未定です。(;^_^A

 分かり次第、報告いたしますね!


=================================

 マジンガーZ INFINITY 観てきました!! ヽ(`▽´)/

 この話も、次回……生存報告でさせて頂きたいと思います!

 では、今回はここまで!



 閲覧、ありがとうございました!! <(_ _)>


 

 

 
 
 

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| あとがき | 22:10 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

更新お疲れ様です。
7話は長くなるとのことでしたが、長いなりに読みやすさもあって、すんなりと読むことが出来ました。
バトル、バトルとなって、合間合間にフェティッシュな内容が入り、それでいて物語が少しずつ進み、非常に読みごたえがありました。
新キャラも個性豊かで、それでいて設定もキャラ付も役割もしっかりできていて面白かったです。

マゴット、設定や見た目としても加害者キャラとして一級品ですね、パンツにむしゃぶりついたりなんかもフェチ全開で、それでいて恐ろしさも垣間見えるのがいいキャラでした。
テオは敵側の数少ない良識人といった雰囲気もありましたね、強く、かわいく、そして時折情けなく変化する、いい立ち位置だと思います。
暁も再登場し、ボンベーガールとしてターディグラダ・ガールと共闘する熱い展開も素晴らしかったです。
暁はターディグラダ・ガールのシリーズでも上位に食い込む好きなキャラですので、今後もいろいろ活躍してもらいたいです、主に変化面でも。
最後の最後、また新たなキャラとして死神博士というのも出てきましたね、まだ謎の女の正体も不明なままですので、今後どのように話に食い込んでくるのか、楽しみです。

バトルパート、ミンスーVSテオに始まり、今回もいろいろやってましたね。
ハイパーオーク、パーピーガール、リザードマンなどなど、脇役たちもそれなりに頑張っているのが面白かったです。
オークのように、リザードマンも強化されて突兵になるのでしょうか、結構期待しています。
ボンベーガール再登場は予想外で、そして新たな力でテオを弱らせたり、大活躍でしたね。

とにもかくにも長いだけあって、一場面一場面を何度も見直して、長い時間をかけて楽しむのが7話の一番面白いところでしょうか。

もっとじっくり読んでから、またifのほうを作らせていただこうと思います。
ボンベーガール再登場なんかで、ちょっと難産になりそうですが、頑張って作ってみます。
更新お疲れ様でした。

| MT | 2018/01/14 01:03 | URL | ≫ EDIT

面白かったです!

第7話も楽しく読ませていただきました!
下着を嘗めることで、本体にも刺激を与えるとは.....なんというかグッと来るものがありましたw
バトルシーンも読みごたえがあり、最高でした!第8話も楽しみです。

『黒猫のダンゴ』の元ネタは、小学生の音楽の時間で聞いた覚えがあります。
最後の『尼元教授』は、初代ライダーで悪役を演じた俳優さんがモデルですね!
話に盛られてるネタを分析するのも楽しみになりましたよ!

| 数馬新之助 | 2018/01/14 01:48 | URL | ≫ EDIT

更新お疲れ様です。テオちゃん可愛いヤッター

| GG9 | 2018/01/14 02:04 | URL | ≫ EDIT

MT様 コメントありがとうございます。

こんにちわ、MTさん。コメントありがとうございます。

そうですか! 長くても読みやすかったですか? それは良かった!!ヽ(`▽´)/
自分だと物語のイメージがつきやすいので少々長くても抵抗は少ないのですが、まるっきり物語の流れを掴めていない人が読んだら、ウンザリするのではと心配していました。

マゴット、お褒め頂きありがとうございます。
ミンスーはあの通りですし、現在のレイカはボスキャラなので軽々しく動かすわけにもいかない。
そこで、自由に動けて……尚且つ、物語の重要性を握るキャラとして登場させたのですが。
一級品という言葉、本当に嬉しく思います。

テオは、仰る通り……強く!可愛く!それでいて情けなく! この三つをコンセプトとして動かしていきたいと思っております。
常識人なのは、あまり破天荒なキャラだと私自身が萌えにくくて。何度も言っていますが、私は『優等生タイプ』の子が情けない状況に陥るのが好きなので! そこで敵側だけど、内面は割と真面目な子にした次第です。(笑)

暁もテオ同様で、こちらはCCS側のテオの位置になるかと思います。

謎の女の正体は!? バレバレですけどww

リザードマンはオーク同様の扱いになります。ある意味で、パーピーヤスという組織の成長の物語でもあったりして。


ifの方、いつも楽しく作っていただいて感謝しております。
楽しみにしておりますので、無理をせずのんびり作成お願いいたします!<(_ _)>


| るりょうりに 健山 | 2018/01/14 14:37 | URL | ≫ EDIT

数馬新之助様 コメントありがとうございます。

こんにちわ、新之助さん。コメントありがとうございます!

下着を使った今回のシチュエーション。
説明を『あとがき』で書くつもりでいたのですが、すっかり忘れていました。(;^_^A

アレは自分の実姉のパンツを、フライパンで炒めて調理するという動画を、YouTubeで見たのがきっかけでした。(笑)

洗濯されているパンツでしたが、使い込まれたパンツを調理するというのが、凄く生々しくて……。
正直、ちょっと欲情しました。(笑)

なんとか小説で使えないかと構想したのですが、ただパンツを調理するだけではシチュエーションとして成り立たない。
そこで、持ち主の精神を同調させることで、持ち主本人が感じてしまうという形に結びつけた次第です。
個人的には良いシチュエーションだと思っていたので、新之助さんが……『グッと来て』頂いたのなら、嬉しく思います!!

『クロネコのダンゴ』の元ネタは、仰る通りです!!(^^

『尼元教授』、これに関しても……そのものズバリ! 新之助さんの考察通りです!!(^^

こんな感じで結構『遊びネタ』を入れているので、そこを楽しんでいただけると、執筆冥利につきます!!ヽ(`▽´)/
ありがとうございます!!

| るりょうりに 健山 | 2018/01/14 14:49 | URL | ≫ EDIT

GG9様、コメントありがとうございます。

こんにちわ、GG9さん。コメントありがとうございます!

テオ、お褒め頂きありがとうございます!
私自身。テオの事を「可愛い」と言って頂くことを期待していた部分があるので、とても嬉しく思っております!(^^

| るりょうりに 健山 | 2018/01/14 14:51 | URL | ≫ EDIT

更新、お疲れ様です!
銀髪のマゴット、想像以上にぶっ飛んでて面白いキャラですね♪
物に変える能力かと思えば、奪って料理とは彼女の拘りを感じました。
死神教授、教授といえば博識で何か秘密を知っていそうでこれから楽しみです!

| 霜月 | 2018/01/14 18:44 | URL | ≫ EDIT

新年初の投稿作品お疲れ様です!

開幕直後からの縦平面化堪能させていただきました。このままこの流れが恒例になってくれないかと個人的に期待しています。(笑)

今回はクールな強キャラのテオがまさかの味方に止めを刺されるというギャグ展開が印象的でした。(ギャップかわいい…)

これからCCSサイドに技術提供による戦力アップに比例して、どんどん変化する機会が増えて言えばいいと思います。(笑)

| basuka | 2018/01/15 12:14 | URL | ≫ EDIT

霜月様 コメントありがとうございます。

こんにちわ、霜月さん。コメントありがとうございます。

マゴットを喜んで頂き、ありがとうございます!ヽ(`▽´)/
彼女は、ある意味でやりたい放題できるキャラなので、今後もどんどん使っていきたいですね。

そうですね、相手をパンツなどに変化させる能力を持っているのかもしれません。
ですが、直接あの部分に触れていた本物の生パンツの方が、彼女の口に合うのかも知れません。(笑)

死神教授、一体どんな知識を持っているのか? それは、次回に!( ^-゜)b

| るりょうりに 健山 | 2018/01/15 20:43 | URL | ≫ EDIT

basuka様 コメントありがとうございます。

こんにちわ、basukaさん。コメントありがとうございます!

ミンスーの縦平面。割と好評なんですよね。ですので恒例化してもいいのですが、私がどっちかというと……横平面フェチだから、途中で飽きる可能性はあると思います。(笑)

テオというキャラを楽しんでいただけて、作者としても嬉しい限りです!
仰る通りクールで強いキャラなため、惨めな姿はないだろうな~と思わせておいて、あの展開!(笑)
ホント、ギャップ萌えを狙いました! (^^

CCSもパーピーヤスも、どちらも強化されていくと思います。そして、その結果……情けない状況に陥る可能性も、増える!……かもしれませんね!

| るりょうりに 健山 | 2018/01/15 20:50 | URL | ≫ EDIT

更新お疲れ様でした。
今回もバトルシーンや状態変化など面白かったです。下着を舐めたり調理することで女の子に快感を与えるだとか毎回度肝を抜かすことを考えてくるあたりもはや流石としか言いようがないと思えてきました。
状態変化も良いのですが個人的にはレイカがテオを勧誘する時に言葉巧みに誘導する辺りやっぱり食えないキャラだなぁと思いながら見させていただきました。
新キャラやガトリングの謎の人そして死神教授これらのキャラがどんな立ち回りでどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです、次回の更新楽しみにしてますお体には気をつけてください。

| たや | 2018/01/16 01:15 | URL | ≫ EDIT

たや様 コメントありがとうございます。

こんにちわ、たやさん。コメントありがとうございます。

まず、お褒めの言葉ありがとうございます!ヽ(`▽´)/

下着を舐めたり調理したりというシチュエーションに関しては、数馬新之助さんのコメントレスに記載したとおり、元ネタはyoutubeにあった『実姉のパンツを調理して怒られる』という動画だったんです。
不覚にも、ちょっと興奮してしまったので、なんとか小説のシチュエーションに使えないかと、色々考え抜いて作ったものです!
それだけに、私としても気に入っていたので、お褒め頂く嬉しいですね!!

私は自身の作品のことで、状態変化について喜んでいただいたり、褒めていただくのも嬉しいのですが、それよりも嬉しいのが、ストーリーやキャラクターを楽しんで頂く事。
レイカというキャラは一見お茶らけていますが、その本質は冷酷で計算高いこと。
今回、たやさんにそういった部分を見て頂いたことは、本当に嬉しいです!ヽ(`▽´)/

今後も喜んでいただけるような作品を心掛けますので、よろしくお願いいたします。

| るりょうりに 健山 | 2018/01/16 20:50 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです~!
今回はだいぶ長かったですね……!w

パンツと感覚を共有してモシャモシャ食べちゃうっていうのは、ツイッター界隈に生息するおパンツ食品勢が反応しそうw
本人をモチにして、桜餅みたいにパンツに挟んで食べれば、食べられる快感2倍!みたいなことになりそうですね!

団子もいいですね~串にブスッと刺される瞬間や炙られちゃうっていう調理過程はやはり楽しいですね!
調理されると画一的になってしまうのが惜しいですが、その分食品っぽさが増しますね♪

キャラクター方面では綾瀬さんはセミロングと言うこともあってなかなかいいですね~
(ちょっと違うけど)OLスーツなメイさんも本部長みたいに早く餌食になってほしいですね^q^

| yorotoru | 2018/01/22 21:02 | URL | ≫ EDIT

yorotoru様 コメントありがとうございます!

こんにちわ、yorotoruさん。コメントありがとうございます!

ハイ、ムチャクチャ……長かったです。(;^_^A
そして、そんな無駄に長い作品を読んでくださった方々に感謝です!

おパンツ食品勢……w
そんな方々がいらっしゃるのですか!?ww
まぁ、そういった方々にも喜んでいただければ幸いですね!(^^

本人を変化させて、パンツと一緒に食べるというのもいいかもしれませんね。

団子は、かなり昔からやろうと思っていたのですが、不思議と今日まで書かず仕舞いでした。
でも書いてみて楽しかったし、女の子が食品にされるっていうのは、特に萌えますね(笑)

綾瀬さん、お好みですか?
前回の藤本未希さんにしろ……、yorotoruさんの好みと私の好みは近いのかもしれませんね!ヽ(`▽´)/

メイも久しぶりに被害者側に入るか!?
少し、考えて見ましょー!(^^

| るりょうりに 健山 | 2018/01/23 20:18 | URL | ≫ EDIT

長編おつかれさまでしたー!
回を追うごとにボリュームがアップしていくのは、それだけるりょうりにさんの筆が乗ってるってことですね!

新キャラもたくさん登場して…テオさんがお気に入りですね
序盤にクールにカッコ良く登場したのに最後は肉団子にされちゃうとは…ヘタレなとこもある感じで。これがギャップ萌えってやつですね(*゚▽゚*)
そしてマゴットは性癖特化な性格もですが未知数な実力もあり今後の活躍に期待ですね。そして死神教授も

読み応えのある作品、本当にいつもおつかれさまです!

p.s.コミケ参加したことに触れてくださってありがとうございます(*´∀`)
もう1ヶ月近く前と思うと時間の流れはあっという間に感じますね・・・今年も色々と状態変化な活動せねば!(`・ω・´)
マジンガーインフィニティもはやく見ないと~

| じょーすけ | 2018/01/27 02:12 | URL | ≫ EDIT

じょーすけ様 コメントありがとうございます。

こんにちわ、じょーすけさん。コメントありがとうございます!

無駄に長い話を最後まで読んで頂き、ありがとうございます!(;^_^A
ん~っ!?
今回、プロットも何も起てず、勢いだけで書いた物語なので、そういう意味では……やっぱ筆が乗っていたんでしょうね!(^^
でも、書き終えた現在、創作に対する疲労感が凄まじく、ほとんど何もしておりません。(;^_^A

テオを気に入って頂き、ありがとうございます!
彼女に関しては仰る通り、登場とそれまでの流れを格好良くさせ、最後に情けなくなるという……ギャップ萌えを計算してました。

コミケはお疲れさまでした。
ホント、時の経つのは早いですよね。
私も創作に関しては計画はたててみるものの、実際の行動は『気分が乗ったとき』だけに限るので。(笑)

マジンガーZ インフィニティ

予想していた展開とちょっと結構違ってはいましたが、それでも基本的な設定は、最初のアニメ版の流れのままで。
特にマジンガーZが出撃するとき(パイルダーが飛び立って、プールからせり上がってくるマジンガーに合体。さらにそこからジェットスクランダー発進、装着!)と、戦闘シーン(懐かしい武器…連発!)は、昔のアニメの流れそのままで、かなり興奮しました!!
観て良かったと思っております!ヽ(`▽´)/

| るりょうりに 健山 | 2018/01/27 08:49 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/02/04 05:05 | | ≫ EDIT

02/04 の投稿者様、コメントありがとうございます!

こんにちわ、コメントありがとうございます!

ええ。予定では1月末でしたが、なんか予想以上に早く出来上がったので、フライング公開させて頂きました。

何分…気分屋なので、大目に見てやってくださると嬉しいです。(;^_^A

さて、ミンスーは自称『魔界のアーティスト』(そんな事、いつ言った?)なので、彼女の変形は円形平面及び絵画化といった感じですね。
その辺は、今後も続けていくと思います。
(私が気分屋なので、あるとき突然止める可能性も高いですがw)

その分、マゴットが色々やらかすんではないかと、作者である私自身も期待しています。(笑)

| るりょうりに 健山 | 2018/02/04 15:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenitiro.blog91.fc2.com/tb.php/508-b014beb1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT