FC2ブログ

自己満足の果てに・・・

オリジナルマンガや小説による、形状変化(食品化・平面化など)やソフトカニバリズムを主とした、創作サイトです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

STG16 レイカ物語-後編-

優れた技術を持ちながら、禁断の領域に足を踏み入れかけている…レイカ。
そんな時見つけた、謎の石棺と魔方陣のある地下室。
そして、石棺から聞こえる…ラビスと名乗る声の主。

レイカ物語-後編-です。
(金変化有り)


―ワラワを、復活させて貰えぬか?―
突然の声に戸惑いながらも、「ん~っ、少しだけ考えさせてぇ~っ。」と言い、
その場を後にしたレイカ

自身の研究室に戻り考えるレイカ
―ワラワを復活させればソナタの望み、叶えてやってもよいぞ―
そのフレーズが、レイカの頭から消えなかった

翌日
レイカは再び地下へと足を向けていた
―…来たようじゃな。答えは、決まったのかのう?―
ラビスの言葉に口を開くレイカ
「方法を、教えて下さぁ~い♪」
―良いじゃろう。―

その日から、レイカは研究室に籠るようになった
ラビスに言われた「光属性エネルギーを増幅する機械」を完成させる為である

それから半年後、度々失踪事件が発生した
更に一ヶ月後

洋館の地下室

そこにはラビスが封印されている石棺とレイカが完成させた機械、
それと10数人の「光属性」を持つ人間が居た
10数人の人間は機械から延びたチューブに繋がった小部屋みたいな部屋に入れられていた
「それじゃ、始めますよぉ~♪ ラビス様。」
そう言うと機械のスイッチを入れるレイカ
それと同時に苦しむ10数人の人々
10数人の人々から採取された「光属性」エネルギーは機械を通じ
石棺へと送りこまれていた
時間が経つにつれ人々はその身体を金に変えていった
そしてその全てが金に変わった時、石棺が静かに開いた
蓋の開いた石棺が姿を表すラビス
思わず膝をつけるレイカ
「御苦労だったの。茶和麗華。…ここは暗い。少し、明るい所が良いのう。」
「だったら、上に行きましょう。」
そう良いラビスを案内するレイカ
ちなみに地下室はレイカの作った装置で全て金で埋まった
レイカSS03


応接間

お茶を出しラビスの正面に座るレイカ
お茶を一杯飲むと「人類物品化計画」について語るラビス

「のぅレイカ。試してみたいとは、思わぬか?ソナタのその技術力を。」
「…うん。私は貴女様に付いて行きたいでぇ~す。ラビス様♪」
事実上ラビスに忠誠を誓うレイカ
「ならばソナタにこれを授けよう。」
そう言うとどこからともなく何かの欠片を取り出すラビス
「ラビス様、これは?」
「ソチも聞いた事ぐらいは有るじゃろう。賢者の石の欠片じゃ。」
ラビスの言葉に驚くレイカ
「うわぁ~っ、そんな凄い物を私に?」
「そうじゃ。ワラワは人を嫌う。じゃがソナタは好きになれた。
それと忠誠の証も含んでおる。受け取ってくれるな?」
「らじゃ…でーす♪」
「少し辛いが、我慢するのじゃ。」
そう言うと手に持っていた賢者の石の欠片をレイカの体内に埋め込むラビス
その直後から苦しくなるレイカ
だがそれも一瞬で終わる
「ほう、ソチは中々の適正を持っているようじゃのう。」
「ありがとうございまーす、ラビス様。」

それから1ヵ月後



水無月家応接間

「それで、その洋館の近くで、でっかいミキサーが人々をさらっているらしいんですよ~ぉ。」
「ミオちゃんと一緒に見に行きたいんだけど、ミオちゃん…部活で帰りが遅いし。」
「それで…シグーネさん、代わりに一緒に来てくれないかなぁ~と。」
腰まで届きそうな水色の髪。
セイナは、シグーネを相手に一人興奮気味で話したてる。
「ああ~んっ!? なんでアタシがアンタと一緒に行かなきゃいけないのよ?」
褐色の肌、緑の髪、長く尖った耳。
シグーネが髪をかき上げながら、面倒臭そうに答えた。
「だって…ソレがお化けだったら怖いもーん。
 その点シグーネさんなら、お化けとか親戚みたいなものでしょ?」
「魔族とお化けを一緒にするなっ!!
 それを言うなら、アンタ達人魚も同じようなもんだろっ!」
素でボケる…セイナに、シグーネは激しく突っこんだ。
「違うもん! お化けと人魚は…おんなじじゃないもんっ!!」
「あぁ~~っ、アンタと話をしていると、イラついてくる。」
そう言って、シグーネは席を外そうとした。
「あ、待ってぇ~! だったら一緒に行ってくれたら、ミオちゃんの剣道着を貰ってきてあげる!」
―ピクっ!―
「脱ぎたてだろうね?」
「う…うん、汗がいっぱい染み込んだやつ。」
―ニヤッ!―
「フ…ッ! アタシもまだまだ青いな。こんなボケ人魚の事を気にかけてあげるなんて。
 いいだろう、一緒について行ってあげようじゃないの!」
そう言ってシグーネはニッコリと笑いながら、セイナの両肩を軽く叩いた。
内心、ちょっと不味い事を言ってしまったと後悔するセイナだった。


洋館1階ホール


こっそり侵入し、辺りを見渡すシグーネとセイナ。
「アラ、やっぱり来たのね~っ♪」
その前に姿を表すレイカとミキサー型の機械
「アンタ、誰だい?」
腕を組み、余裕のしぐさでレイカ達を睨むシグーネ。

『―シグーネ―』
機械音的な声がシグーネを呼んだ。
「何なの…今の声は? 気安く呼ぶんじゃないわよ。」
ミキサー型の機械に名を呼ばれ反応するシグーネ
それと同時に触手が飛び出し、腕組したままのシグーネに絡みつく。
「な…なんなのよっ、これはっ!?」
魔法を使う暇も、逃げる事もできず、ミキサーに中に放り込まれる。
「それは秘密です♪」
笑顔でそう言いながらスイッチをオンにするレイカ
5分もしない内に、どろどろの液体と化すシグーネ
「シ…シグーネさんが…溶けちゃった?」
呆然とたたずむセイナ。
「ミキシンガー、次はアッチの娘ですよ~ぉ♪」
楽しそうに、ミキサー型の機械に命令するレイカ。
その表情には、罪悪感らしきものは一切無い。
『―ミナヅキ セイナ―』
「え…っ、あ…ハイッ!!」
右手を高々と上げ、元気良く答えるセイナ。
同時に触手がセイナに絡みつき、同様にミキサーの内部へ放り込んだ。
「たあいも無いわね♪」
微笑みながら、スイッチを押すレイカ。
ウィィィィィィィン…
機械音と共に振動する、ミキサー型の機械。
「ミオちゃーん、たすけて~ぇ!!」
内部で泣き叫ぶセイナ。
だが、徐々に溶けていくうちに
「―ん、でも…結構気持ちいいかも…」
その表情は恍惚としたものに変わっていた。

液状化した二人を別々の容器入れ替えるレイカ
その30分後、洋館に現代の天女族、神楽巫緒が姿を表す


その頃、プウーペ達のいるアジトでは…

rabbs-toujyou


本編「新たな幹部・レイカ1」へ続く


----------------------------------------------------------------------

私はレイカについて、簡単な設定はしていたものの、ここまでしっかりしたバックストーリーは考えておりませんでした。
それだけに、この作品を読んだとき、「レイカとラビスの出会いは、間違いなく…こんな感じだろう」と自身で納得させられた思いがあります。
(特に復活させるために光の魂を抜かれた人々が黄金化するアイデア。状態変化を主とする[みら!エン]に見事に当てはまり、驚愕いたしました)
改めて、結城様の創作力に感服すると共に、感謝いたします。

尚、最後の水無月家からのシーンは、私が製作させていただきました。
(結城様のご了承は頂いております)
本編扱いすると決めた時点で、完全にSTG14に繋げたいと考えた結果です。
そこで、元々…当時マンガで描こうと思っていたが、ページの都合上やむを得ずカットしたシーンを継ぎ足させていただきました。

こうして、レイカは現在に至るわけです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| 闇の錬金術師編・激闘 | 18:14 | comments:6 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

本格的スピンオフ作品に脱帽です

大変濃い内容のスピンオフ作品で、一気に引き込まれ読み込んでしまいました。
色々と言いたいことはあるのですが、何よりもまず…

レイカ、外道すぎ!!(笑

倫理観が欠如したキャラだという事は聞いておりましたが、まさか、まさか、人を改造実験の末殺めていたとは…恐るべし。
注射針にメス、そして電動鋸とは…あの実験台、そして被害者とレイカは鮮血で染まったことでしょう、まあ個人的にはこういう猟奇シチュも嫌いではないというかむしろ好きでもあるのですが、まさかみら!エンで登場するとは思いませんでした…。
もちろん、このくらい派手にやってくれればキャラクターの個性も際だちますし、何より女性だからと情けをかける余地もなくなり生粋の敵キャラとして見れますから、これからのストーリーを読む上でも重要だと思います。

後編、地下実験室に閉じこめたあげくに魂を抜かれてしまうとは…苦しんでいる描写、苦悶の姿を残して出来た黄金像が怖いですね。ナチの人体実験も真っ青です。
しかし黄金化させてしまうことで光の魂を入手できただけでなく、これからの活動資金も手に入れることが出来たわけですからね。しかも拉致してきた人々の死体も残らないし…。
(もう一つ、状態変化シチュを描くネタになるというのもありますねw)
レイカの外道ぶりを描きつつ他の要素も考慮された、考え抜かれたストーリーに脱帽です。

漫画で少々唐突に思えたレイカの初登場、いったいどこでレイカとミオは戦っていたのか…シグーネとセイナはどうやって先に液体化されてしまったのか、そういった要素が全て描かれており、またラストは綺麗に漫画に繋がっており感動しました!

結城さんのSS製作力が垣間見える素晴らしい作品でした、お見逸れしました。
ますます、みら!エンの世界観に引き込まれた思いですw

| 時報の人 | 2007/09/16 21:20 | URL | ≫ EDIT

確かに素晴らしいSSだと思いましたが、個人的には「殺人」や「拉致」までいってしまうと、「ファンタジー」の方向性からは逸脱してしまった気も…。ただ、あの笑顔の裏に隠された狂気をまざまざと見せつけられ、寒気がしました。
最後はラビス共々、自らの所業の報いを受けるように、ミオたちに成敗されるのでしょうけど、それまでは悪党らしく外道を貫き、そして華々しく散ってもらいたいとの意をさらに強く。固めフェチ的には邪道かもしれません。が、個人的にはラビス復活の犠牲にさせられた人達はその際に元に戻れれば良いと思います。もちろん処分されてなければの話ですが。
それと、プウーペには早く目を覚ましてさっさと寝返れと言いたいですね(爆)

| 固めスキー | 2007/09/17 01:36 | URL | ≫ EDIT

前編後編共々読ませていただきましたww
ん~♪結構な過去があったのですね~、まさか人体実験の抹殺をしていたなんて予想はしてませんでした
明るめな感じを考えていたらかなりのブラックw

でも、そこがいい
こんな展開も隠れて好きですよw
でも、まさかみら!エンで登場するとは思いませんでした(あっ、被っちゃいました

そして後編の金化とは・・・・一家に1個は欲しい代物ですね^^
ちょっと話は変わって金1gが1600円ぐらいだとか・・・確実に1人あれば暮らせますね(まあ、手放すのは惜しいですが
魂を抜くとはそちらもブラックユーモアww

そしてマンガだけでは明かされなかった部分もありみら!エンの裏側を見れた感じでよかったですよw

| 秋葉冬月 | 2007/09/17 14:06 | URL | ≫ EDIT

いやぁすごくいい小説ですね

結城さんのレイカ物語拝見しました。いやぁスゴイ!レイカの全てが凝縮されてますね!
レイカの研究に嫌な目でみてる生徒と教授、なのに我が学校の誇りだと言う教授。そんな人間たちに嫌気がさしたのでしょうね。
人体実験で笑ってるのは恐らく、自分の研究をバカにした人間がヒドイ目にあってるのがたまらないからでしょうね。
ウフフ♪いい様ね。私の研究をバカにした罰よ。私と同じ、いえ、それ以上の苦しみを味わうがいいわ。
みたいな感じですかね。
そしてラビス様との出会いで彼女の運命が変わったことでしょう。自分の研究を必要としてることが、とてもうれしかったのでしょうね。彼女がいつも笑ってるのは、自分をバカにした人間たちが物品に変えられるのがたまらないことと、ラビス様に信頼されていることがとてもうれしいからでしょうね。
どんなに残酷でも彼女がかわいそうな感じがします。
これはあくまで僕の想像ですがレイカは最期、自分を改造してミオ達に立ち向かうのではないでしょうか?自分の研究が間違いではないことを証明するために、そしてそんな自分を信頼してるラビス様を守るために・・・なんかスゲェマジメなことを言ってるよ僕!!セイナ、相変わらずのいい天然ぷりですね。最近彼女が登場しないのですごく懐かしいですね。
ああ、やっぱりとかされるときって気持ちいいんだなぁ。
レイカはこのあと、どうなるのでしょうか?気になります。
悲劇の最期を遂げるのか、それとも・・・?
結城さん、ステキな物語ありがとうございます!

| テンプラー星人 | 2007/09/17 14:47 | URL | ≫ EDIT

レス1

>おやっさん
一般人に理解されない存在。
そんな感じですかね?レイカは?
まぁ、自身の中に目標が有り、その目標の為なら手段を問わない。故にあのような行為を行った。
そんな感じですかね?

後編に関しては、被害者の方々は光=金って言う単純な発想故にです。しかもその後全てを巻き込んで証拠隠滅してますからね。
レイカvsミオやシグーネ・セイナの液体化に関してはケンさんの方なので、私は関係無しですね。
まぁ、メール来た時は驚きましたが。

>固めスキーさん

>殺人や拉致
人体実験にはお約束だと思うのですが、不評ですかね?

ですが、レイカの狂気に寒気を感じて頂けたのが、してやったり(ニヤリ
レイカ・プウーペに関しては後々どうなるか気になりますね。
ですが、プウーペのミオ達側への寝返りは無いだろうと自分は思いますね。
恩師を裏切れますか?

>秋葉冬月さん
今回の作品ではレイカの闇の部分にスポットを置いたので、結構黒めです。
以外に好評?

>テンプラー星人さん
一応前編でも語ってますが、高校時代から既に嫌気が差していたので、大学に入ってますます黒く、故に大学からの実質的な追放+ラビスに気に入られたと。
あと、彼女(レイカ)が人体実験を行っているのは目標でもあるアンドロイドの制作に絡んでると、自分では思っています。
要約すればナノマシンを使用しての人体の機械化。
「女性の機械化」って言う単語に反応するのでしたら是非私のサイトからリンクで「人形姫」へとどうぞ
個人的にもレイカが最後どうなるかは、気になる所ですね。

>ステキな物語ありがとうございます
嬉しい一言ですよ。

>余談
久住嬢の件で「警察は?」って言う疑問を浮かべる自身
まぁ、そこはほら、気にしない方向で。

それでは。

| 結城利也 | 2007/09/17 21:55 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます♪

ほとんど、結城さんがレスを行ってくださっているので、私から言う事はありません(^^
しかし、あえて…一つだけレスをするならば、
>プウーペには早く目を覚ましてさっさと寝返れと言いたいですね(爆)
>プウーペのミオ達側への寝返りは無いだろうと自分は思いますね。
恩師を裏切れますか?

ぶっちゃけ言って、どちらのパターンも頭に入れておりますw
結城さんの仰るとおり、プウーペは恩義に厚く、恩師を裏切る事は…まずありません。
ですが、それと同じくらいブウーぺは部下思いです。
もし、ラビスの手により…カタワクなどの身に何かが起これば、プウーペの気持ちも揺れ動くかもしれません。
まぁ…どっちに転ぶか? まだ決めていませんけどねw

以上です♪

| るりょうりに ケンさん | 2007/09/18 22:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenitiro.blog91.fc2.com/tb.php/105-5acf8ded

TRACKBACK

白色・ジャージ・剣道上着

900円でした。ういたお金で竹刀買いましたよ。商品は十分なものです、おすすめですね。2枚目の胴着にと思って、購入。今使用している胴着が

| 剣道がたくさん | 2007/09/20 10:20 |

振動振動 振動の物理学的な記述については振動運動を参照せよ。 振動を利用する道具は一般にバイブレータという。 数学において関数 (数学)|関数や数列の極限が定まらないとき、振動するという。極限を参照。----振動(しんどう)とは、ものが揺れ動くことである。物が振動

| 環境用語 | 2007/09/30 17:37 |

振動振動 振動の物理学的な記述については振動運動を参照せよ。 振動を利用する道具は一般にバイブレータという。 数学において関数 (数学)|関数や数列の極限が定まらないとき、振動するという。極限を参照。----振動(しんどう)とは、ものが揺れ動くことである。物が振動

| 環境用語 | 2007/10/04 10:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT