FC2ブログ

自己満足の果てに・・・

オリジナルマンガや小説による、形状変化(食品化・平面化など)やソフトカニバリズムを主とした、創作サイトです。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

≫ EDIT

近況報告 今月二回目

 こんにちわ、 るりょうりにです。

 まず、創作活動の方から。

 ターディグラダ・ガール 第五話。 やっと今日から書き始めました。(遅!)
 ですので、物語を書き終えるのが来月初め……。
 挿絵をどれだけ描くかは、物語が出来上がってからだから……。
 やはり、公開は6月下旬か7月くらいになりそうです。

 もっとも、新しい生活がこのペースで進めば……という仮定での話ですね。(-_-;)
 
 ターディグラダ・ガール 新キャラ

 ちなみに5話に登場する予定のキャラです。

 -----------------------------

 次にすごく重要な話。

 ※メールで会員申請をしたのにも関わらず、まだ私から何も返信が届いていない方。

 今まで頂いた会員申請に関して、会員を許可するにも、しないにも、基本的に全ての申請には私は返信をしております。
(条件を守る等の記入がされていない方でも、きちんとその旨……お断りの返信を出しております)

 ですから、もし返信が届いていないと思われる方。
 念のために、迷惑メールボックスに入っていないか? 確認していただけますでしょうか。
 また、Windows10のメーラーには、『優先』『その他』と受信されたメールを別々に保存していることもあります。
 その場合、両方をご確認ください。
 他にも、PCからのメールを拒否設定されていないか?等のご確認もお願いいたします。
 
 それでも届いていない方は、大変お手数ですが、当ブログのコメント欄(管理人のみ)で一旦ご連絡して頂くか? 一番間違いないのは、pixivでメッセージを送ってください。

 また、返信が届いている方も、良かったら届いていたと連絡していただけると助かります。

 そして、もう一つ……
 
 会員申請されるときは、必ずコメントに記載する『名前』も記入しておいてください。後ほど確認するときに助かりますので。

 -----------------------------

 次にまったくもって、どうでもいい話。
 
 けものフレンズのOP『ようこそジャパリパーク』を歌っている、『動物ビスケット×PPP』がMステに出演しましたね。
 あのコスチュームとあのノリでの出演は、色々賛否両論もあるでしょうが、私個人としては「頑張って歌ったね~♪」と思っております。(^^
 しかも生歌でしたよね。勝手の違うステージでの披露は、色々プレッシャーや緊張があると思います。それでも「らしさ」を貫いた彼女たちには、少し勇気と元気を貰った気分にもなりました。

 ちなみにジェンツーペンギンの中の人。個人的に好みでもありますw

 それとは少し違いますが、その歌を作詞作曲した『大石昌良』氏による『ニコ生弾き語り』
 TVではなくネットという違いはありますが(しかも個人放送)、素晴らしかった~!
 「ようこそジャパリパーク」で歌詞を一瞬忘れるという事故wもありましたが、歌の上手さ。そしてギターの上手さは感動しました!


 最後に、私にとって一番のヒーローである『仮面ライダー1号 

 先日やっと『映画・仮面ライダー1号』をDVDで見ました。
 ここ数年、映画は一切見に行く機会が無く、ネット配信でもなんでもいいから、なんとか見たいと思っていたので。

 内容的にストーリーはよくわかりにくい部分がありましたし、本郷猛というより……藤岡弘、感が強いかな~って気がしないでもなかったですが。
 でも 「ライダー……変身っ!」という掛け声とポーズは、子供の頃のヒーロー像をすっかり思い出させてくれました!!
ヽ(`▽´)/

 また、最近のアニメや特撮は、必殺技を放つとき……技名を叫ぶのはダサい!?って傾向があるようですが、やっぱ……「ライダーキィィィック!!」等の叫び声は、体の芯からワクワクさせてくれる気がします!(あくまで個人的な気持ち)

 ターディグラダ・ガールでも、今後も技名を叫び続けさせましょう!!w


 というわけで、今回は以上です! 
 ではまた~。


 

 

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

| 閲覧者様との交流 | 22:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告

 こんにちわ、少し生まれ変わったような気分の るりょうりに です。

 三話のあとがきと前回の近況報告でも書きましたが、大きな決断……それに伴う『あと片付け』。ほぼ終わりました。まぁ、色々大変でしたが、予想以上に良い形で進んでくれました。

 それによって数年ぶりに、生活リズムが大きく変化いたしました。更に自分の将来や人生においても、再び考え直さなければいけないという結果になりました。

 でも、その反面……日々ノイローゼになりそうな精神的負担からは、かなり解放されると思います。(一番肝心なあと片付けが残っているが、そこまで急がなくてもいいこと? なので、少しずつなんとかしていけば……。うん、そうするしかないだろう!)

 だから、なんか少し生まれ変わったような気分ではあります。

 色々と心配してくださった方々、本当にありがとうございました。m(_ _)m

 この判断が本当の意味で吉と出るか?凶と出るか? まだ判りませんが、とにかく前向きになれそうな気配を信じて、やっていこうと思っております。

 
 さて話を創作の方へ移すと、正直……

 まるっきり・・全然・・まったく・・・これっぽちも・・・

 進んでおりません! (;^_^A
 

 じゃあ、今から今までのように進めていけばいいだろう!
 
 私もそう思っていたんですけどね・・・・・

 ところが、予想以上にモチベーションが上がらないんですよ。

 一つ目は、この数か月……特に先月が色んな意味でピークで、そういったことを考える余裕がなかったこと。
 その考えない癖がついてしまっているという可能性。

 二つ目は前回も言いましたが、『レイカの再登場』。 アレ、もっとも描きたかったシーンだったのですが、それを無事に公開できたので、一種の燃え尽き症候群みたいなものになってしまっている。

 三つ目。
 これが一番重症かもしれない。
 状態変化やカニバリズムへの情熱やネタが、妄想の引き出しから尽きてしまったということ。

 おそらく一旦モチベーションが上がって波に乗れば、またある程度定期的に更新できるようになると思うんですよ。
 ただ、それまではちょっと猶予を頂けるとありがたいです。

 ちなみに、次回の話も基本的な流れはほぼ構想が浮かんでおり、プロット作成には入れました。
 だから、あとは状態変化やカニバリズムのネタが浮かびさえすれば・・・!

 そんな訳で、今月……来月も、申し訳ありませんが、作品の更新は無いと思います。(断定はしないけど……)

 そんな感じで、よろしくお願いいたします。m(_ _)m


=====================================

 ●アニメの話

 けものフレンズ 
 ついに最終回を迎えました。

 なんか、ネットの世界ではえらくブレイクしているようですが、個人的には「そこまで…?」と感じてはおります。
 でも、それでも……久しぶりにハマりましたね。
 
 やっぱまず、サーバルちゃん。この子が良かった!
 「すごーい!」とか「たのしーっ!」とか独特の口調が流行っているようですが、この子の良さは良い感じでポジティブなところ。
 自分自身だけではなく、他人(他フレンズ)に対してもポジティブなんですよね。
 決して相手を否定することなく、良いところを見つけていって「すごーい!」って感じ。
 もし、リアルでこんな子が身近にいたら・・・?
 私自身、心の痛みも結構軽減したりするんじゃないかな~?とも思えてしまいます。

 こんな子と旅を続けていたのだから、かばんちゃんも命を懸けて助けたいと思ってしまったわけです。(ネタバレ)

 その他のキャラも良かったですね。
 どの子も『見た目』の可愛らしさだけではなく、『内面』の可愛らしさが表に出ていた。
 個人的にはサーバルちゃんの他に、博士や助手。トキやアルパカ。ライオン……そしてボス(ラッキービースト)がお気に入り!

 そして物語。
 かばんちゃんは、いったい何の動物がフレンズ化したのか? (一話目からバレバレって気もするがw)

 そして、人間の姿が全く見えず、ほとんど廃墟と化したようなジャパリパーク(巨大なサファリパークみたいなもの)。
 一体何があったのか?

 フレンズとはいったい何なのか?

 こういった謎に少しずつ進みながら、ほのぼのとした旅を続けていく。

 ……と思ったら、最後の最後でパーク最大の危機!

 11話を見終えた時点で、私もそうだけど……ファンのほとんどは、このままバッドエンドを迎えるのか? それとも、奇跡のハッピーエンドを迎えるのか?
 ドキドキしながら、こう考えたはず・・・・。

「ありふれた展開でいいから(ピンチに仲間集結!)、ハッピーエンドになってくれ!」と。

 それだけ感情移入できた作品だったと思います。

 
 それにしても、このアニメのCGは『てさぐれ部活もの』の会社がやっていたようですが、あのアニメもそうだけど、完璧なCGでないところがいいですよねww
(ちなみに、てさぐれ部活ものも大好きでしたw)

 でも、監督を含め……制作に携わった方々は、「どうせヒットしないだろう」と、元々のゲームアプリも連載されていたマンガも、早々に切り上げてしまったそうで。
 
 ぶっちゃけ、売り逃し大発生!!w


 でも、続編も制作するようになったみたいだし、かばんちゃんとサーバルちゃん。あと……ついてきたのは、アライさんとフェネックじゃないかな? そして、パーツ化?w してしまったボス。
 この子たちの旅が楽しみです!

 




 
 

 
 
 

| 閲覧者様との交流 | 20:16 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月