FC2ブログ

自己満足の果てに・・・

オリジナルマンガや小説による、形状変化(食品化・平面化など)やソフトカニバリズムを主とした、創作サイトです。

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

≫ EDIT

妖魔狩人若三毛凛if VS てんこぶ姫 一般公開!

 こんにちわ。
 
 ちょうど一年前・・・12月23日。
パスワード申請をしてくださった方のみ、『サウンドノベル版 妖魔狩人若三毛凛if VS てんこぶ姫 -マニトウスワイヤー -』の公開を始めました。

 あの時は私の予想を遥かに超える申請の多さに、本当に感激いたしました。
 
 ですが、今年4月。

 リアルにおいて、あまりの多忙さにサウンドノベル版の制作配布を中止。
 手間をかけ、パスワード申請をしてくださった閲覧者様方の期待を裏切る形となり、反省と後悔が今でも思い起こされます。

 そして、8月に『小説版』として完結させ、再公開いたしました。
 これに関しては、どんな形であれ完成させることができたという喜びと、そして閲覧者様の期待を少しでもお返しできたかな~という、そういった思いでいっぱいでした。

 さて、そんな色々な思い出があるこの作品。
 先月お伝えした通り・・・・、一般公開を行います!

 パスワード申請した人のみしか閲覧できなかった作品をどうして一般公開にしたのか?

 元々この作品は、私の昔からの夢(笑)で、「劇場版~~~」のノリで企画したものなのです。
 ですので、ある程度の時期(今回ちょうど一年たったので)がきたら、またまた……『地上波初、テレビ初公開~!』のノリで一般公開をしようというところまで決めておりました!

 そういったわけで、今回の公開という運びになったしだいです。

 あと、この作品はもうひとつの夢(笑)、他の作品とのクロスオーバーというのを叶えてくれた作品です。

 当サイトで公開している『妖魔狩人~』と、私が原案し(一作のみ自身でも作成)、MT氏がpixivで公開している『てんこぶ姫』をクロスオーバーさせて頂きました。

 内容的にはこの手の作品でよくある「最初は主人公同士が対決し、のちに他の強敵に対して共闘する」という話です。

 でも……主人公同士の対決では、派手さは無いけどそれなりの死闘感を出したつもりですし、個人的には気に入っております。

 ただ、公開当時は「てんこぶ姫って弱い!?」っていう感想が割りとありました。(^^A
 コレに関しては、当初よりMT氏から「てんこぶ姫は、妖怪として戦闘力はあまり高くない設定です。」というお話を聞いておりました。
 ですので、逆に低い戦闘力ながらも『底力』のようなものをどうやって表現するか? 結構工夫したつもりです。

 また、思いっきりネタバレになりますが、このサイトによる最初の作品である『みらくるわーるど!エンジェル』のミオ・シグーネ・セイナ・シアも特別出演させております。

 そういったところも楽しんで頂けると幸いです。

 では、前置きが長くなりましたが、ゆっくりと作品をご覧ください。m(_ _)m

===================================

ここからは、思いっきり・・・個人ネタ。

 先月もお伝えし、一部Twitterでも公開しましたが。
 マイPCは、まだ私の元に帰ってきておりません。  orz

 修理に出してから一ヵ月半。どうやら私の元へ戻ってくるのに、完全に年を越す状況です。
 おかげで、この一般公開用の準備も職場で空き時間に少しずつ進めていたので、当初の予定であったクリスマスに間に合いませんでした。

 尚、Twitterで私の愚痴を聞いてくださった方々。本当にありがとうございました。m(_ _)m



 次に愚痴ですので、嫌な方はこの先はご覧にならないでください・・・。



 今回もそうですが、このfcブログ。大変面倒になっております。

 先日も誤凍結がありましたが、それも元々は児童ポルノの規定を強化したものだからのようです。
 
 したがって今、このブログでは禁句ワードが多くて・・・。

 今回のこの作品も、所々修正する羽目になっております。

禁句ワード(1)  ちゅうがくせい(漢字で)

 もう、主人公がそういった設定なのに、そのワードが使えない。マジで面倒です。
 今回、『中学校の女生徒』という形や、単純に年齢『11~12歳くらいの~』という表現に変更しております。

禁句ワード(2)  くそ(漢字で)

 『くそ暑い(漢字)』で書いていたら、引っかかりました。(´Л`;)
 スカトロ防止なのか……わかりませんが、こんな言葉普通に使うでしょう!?

禁句ワード(3)  おしっこ(カタカナ)
 
 これもスカトロか、それ以外の意味で何かあるのか?

 もう……ネット上での作品公開。本気で考えなければいけないかも。


 というわけで、色々……モヤモヤしております。(ーー;




 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 閲覧者様との交流 | 14:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 「プロローグ」

 ここは北アメリカ。

 地平線の彼方まで見渡せるのではないかと思えるような広大な大地に覆われた、ニューメキシコ州の小さな村。
 普段なら農業と狩猟による時代の流れを感じさせない民族が住む平和な土地だが、今・・・この場限りではそうではなかった。

r-vs-m_101.jpg


「フェアウェイ、頑張って!! 奴らに追いつかれる!」

 小麦色の肌。オカッパのような黒髪に、いかにもネイティブ・アメリカン的な軽装の若い女性が、同じような服装で緑色の髪をした幼い少女の手を引いて必死の形相で駆け抜けていく。

「バレンティア、もう走れない・・・!」

 フェアウェイと呼ばれた緑色の髪の幼い少女は今にも号泣しそうに目に一杯の涙を貯め、バレンティアという名の女性の手をしっかり握りしめ後を追ってくる。

 乾いた大地、二人の飛び散る汗が一瞬で吸い込まれる。

「はぁ・・はぁ・・。ねぇ、バレンティア・・・もう大丈夫なんじゃないの・・?」

 手を離し、その場に座り込むフェアウェイ。
 バレンティアも足を止め、辺りを覗きこむように目を凝らす。
 広大な大地には小動物一匹の姿すら目にはいらない。

 だが・・・

 遥か後方から地響きを上げながら、まるで爆煙のような砂煙がこちらに向かってくるのがわかる。
 まるで温度計が下がっていくかのように、見る見るうちにフェアウェイの顔色が青ざめていく。

「バレンティア! フェアウェイ!」
 前方から大きな呼びかけと共に、三頭の馬が駆け寄ってきた。

「大丈夫!?」
 それぞれの馬から三人の若い女性が飛び降りる。

r-vs-m_102.jpg

「ルゥ、どうしてここに!?」
 バレンティアは、自身より少し若く小柄で長髪の女性に話しかけた。

「酋長が何があっても貴女達を守りなさいと、わたし達をよこしたの」
「酋長が・・・?」
「そう、酋長が言っていたわ。もしフェアウェイが奴らの手に渡ったら、この大地の全てが終わると・・・」
 ルゥという女性の言葉に他の二人の女性も頷いた。

「さぁ、この馬に乗って早く逃げて!」

 同様に長髪で凛々しい面立ちの女性、サラはそう言って馬の手綱を引き寄せる。
 靭やかな足でバレンティアは一気に馬に飛び乗ると、フェアウェイの身体を引きずり上げた。

「これを・・・」

 三人目の女性、露出度の高い服に長身金髪のソランジュが、封筒と二枚の紙切れを手渡す。

「日本行きの航空券と目的地を記したものよ」
 ソランジュの言葉にバレンティアは無言で頷く。

「無事に逃げ延びてね・・・」
「ありがとう、みんなも絶対に無理をしないで! 酋長にもよろしく・・・」

 交わす言葉には、それぞれの覚悟を決めた心意気が伝わってくる。

「ハイヤーっ!!」

 膝元にフェアウェイを乗せ、バレンティアは涙を拭うと一気に馬を走らせて行った。

 二人を見届けると、ルゥたちは馬に積んであった各々の武器を手に取り近寄ってくる砂煙を睨みつける。

 間近に迫った砂煙の中から現れたのは一本の『タイヤ』。 

え・・っ!? タイヤって、あのゴムで出来た自動車やバスなどに付いている車輪のこと?

 それ、見間違えじゃないの!?

 いや、そうではない。
 たしかに全高3.3メートルと一般ではお目にかかれない程の大きなものだが、それはどう見てもゴムで作らえれた一本のタイヤである。

 更にそのタイヤのすぐ後から、一台の馬車が着いて来ている。
 馬車から降りてきたのは小柄な中年女性。
 しかし、その大げさとも思えるような猫背に瘤のようなしこりがある。
 今の時代では禁句になっているらしいが、いわゆる『せむし女』と呼ばれる姿だ。

r-vs-m_103.png

 その後に降りてきたのは、同じく中年女性?
 見た目は体重100キログラムは楽々超えているだろうとわかる程の丸々太った巨体。
 だが、問題はその顔だ。まるで表情がわからない。

 それもそのはず。その顔は素顔ではないからだ。

 おそらく、動物の皮で作ったのではないかと思える面を被っている。

 そしてその後に続いたのは、ヒョロリとした長身の年配男性。
 手にベーコンか何か肉の塊のようなものを握りしめ、クチャクチャ噛み締めている。

 一見、人の良さそうな中高年に見えるが、さすがにこのメンバーの中にいると異様な雰囲気が醸し出ている。

 最後は、頭から全身までマントのような布で覆われた性別不明の人物。
 体格的にも、男なのか女性なのかわからない。

 馬車から降りてきたのは全部で四人だ。

r-vs-m_104.png

「子ども・・・。天女の子どもは、どこへやった?」
 小柄なせむし女が口を開いた。

「見てのとおりここにはいない。そして・・・」
 ルゥはそう答える。

 その言葉に反応したかのようにサラが大きな剣を。ソランジュがライフル銃を構えた。

「何処へ行ったか、お前たちに教える筋合いも無い」

「まさか、極普通の人間であるお前たちが、アタクシ達を抑えられるとでも思っているのかい?」
 せむし女は目を細め、口端は耳にでも届きそうなくらい引き上げクククと笑う。

「R-51、この獲物・・・まずはお前に与えるよ」
 せむし女の言葉に、巨大なタイヤ・・・R-51がゆっくりと動き出す。

 R-51はそのまま回れ右をし、後方に向かって走りだす。だが再び旋回すると、加速を付け猛スピードで迫ってきた!

「くっ!!」

 ソランジュがライフルを二発・三発と発射する。
 しかし高速回転しているR-51は屁でもないように弾き返し、そのまま突進してきた。

ガンッ!!

 ライフルを構えたまま避けそこねたソランジュは悲鳴を上げる間もなく弾き飛ばされた。

「ソランジュ!?」

 ルゥとサラは剣を掲げ救助に向かって走りだした。

 その前に立ちはだかったのは、皮膚で作られた仮面を被る丸々太った中年女。
 その手には、轟音を上げながら勢い良く回転するチェーンソーを握りしめている。

「こいつが・・・ミス・ブッチャーマン(女屠殺人)と呼ばれるクエロマスカラ!?」

 クエロマスカラ。テキサス州近辺に出没する殺人鬼。
 チェーンソーを片手に数百人の人命を殺害したと言われている、極悪非道の女屠殺人。
 顔につけている皮膚製の仮面は、殺した女性の皮膚で作られていると言われている。

 巨体から繰り出す怪力で、右へ左へ軽々とチェーンソーを振り回す。

 下手に剣で受けようとするならば、腕ごとねじ切られるかもしれない。

 ルゥもサラも攻撃を避けながら左右二手に別れ、致命傷を負わせる隙を狙う。
 そんなルゥとサラを目で追えなくなり、一瞬躊躇するクエロマスカラ。

「今だっ!!」

 ルゥが剣ごと体当たりするようにクエロマスカラにぶつかって行った。 クエロマスカラの脇腹にルゥの刃が深々と突き刺さっている。
 更に「たぁぁぁぁっ!!」サラも刃を突き立て体当たり。 左右から、二本の剣が突き刺さる。

「・・・!?」

 何が起きたか、まるでわからないかのように目を丸くしたクエロマスカラ。 だが、ゆっくりとその巨体は傾き、地響きを立ててその身を横たわらせた。

 一方、弾き飛ばされたソランジュは、倒れたその身にR-51が踏み潰すように伸し掛かっていた。

「ぎゃぁぁぁぁっ!」

 高さ3メートル以上ある巨大なタイヤは、たとえゴムタイヤとは言えその重さは1トン以上ある。
 そんな物が乗っかっているのだ。その激痛は想像を超え激しい悲鳴は当然だ。

「早く、ソランジュを助けなければ!」
 直ぐ様ルゥが駈け出し、サラもその後を追おうとした。

 だが・・・足が前に進まない!

「えっ!?」

 サラはその細い足首を掴まれ、そのまま一気に宙吊りにされた。

「サラ!?」

 ルゥが振り返ると、倒したはずのクエロマスカラがサラの両足首を掴み、逆さ吊りにしている。

「くそっ! 放せ、この・・デブ!!」

 逆さ吊りの状態で、喚きながら剣を振り回すサラ。 振り回した剣は、何太刀かクエロマスカラを切りつけている。

 だが、クエロマスカラが反応したのはそこではなかった。

「デブって、イウナ!」

 まるで地の底から搾り出されたような、重く掠れた声を出すと、
ガツンっ!! ガツンッ!! と、サラを頭から大地に叩きつける。

「ぐ・・・ぐ・・ぅ・・」

 三度、四度と叩きつけられると、頭を強く打ったせいかサラの意識は朦朧としていた。

 クエロマスカラはグッタリしたサラを地面に横たわらせると、まるで小麦粉でも捏ねるように手足を折りたたんでは力を込めて押し潰す。

 丸く押しつぶすと二~三回大地に叩きつけ、またまた捏ねるように押しつぶす。

 そんな作業を五~六回繰り返したら、サラの姿はどこが頭でどこが手足で、どこが胴なのか? まるでわからない・・・楕円形の大きな肉の塊になっていた。

r-vs-m_105.png

 クエロマスカラは肉の塊となったサラを持ち上げると、人の良さそうな長身の中高年男性の元へ持っていく。

「パパ、ハンバーグ・・焼イテ」
 その言葉にニヤリと微笑む、中高年男性・・・ドレイトン。
 馬車から大きな鉄板と薪を下ろすと、料理の準備を始めだした。

 為す術もなく呆然と見つめていたルゥ。
 そんなルゥは大きな悲鳴で我に返った。

「た・・たすけて! ルゥ!!」
 それは巨大なタイヤであるR-51に踏み潰され、姿すら見えないソランジュの声だ。
 ルゥが駆けつけると、踏み潰されているソランジュの身体が徐々に・・・徐々に薄くなっていくように見える。

 それはまるで、空気が抜けた風船人形が萎んでペチャンコになっていくように。

r-vs-m_106.png

「R-51は、ああして踏みつぶして絞り出た人間の体液を吸い尽くしていくのさ」

 いつの間にかすぐ背後にせむし女・・・アンナ・フォンが近寄り、そっと囁いた。
 振り返り剣を構えるルゥ。
「警戒する必要はないさ。アタクシ自身はアンタをどうこうする気はないよ」
 アンナ・フォンはそう言うと、厚さ1センチ程になったソランジュを摘み上げるクンクンと匂いを嗅ぎ、嬉しそうに馬車に積み込んだ。

「ただ・・・、パペット・マスターはアンタに興味があるみたいだね」

 あまりに異様な者達ばかりでルゥはすっかり戦意を喪失し、ただ・・ただ、呆然と立ち尽くすのみだ。

 そんな彼女の肩に手をかけたのは、全身マントの人物・・パペット・マスター。
 ルゥは、逆らう気も無かった。




 それから数時間後。
 メキシコ・シティ空港から一機の国際線航空機が飛びだって行った。

r-vs-m_107.jpg

 その機内には、バレンティア、フェアウェイの姿が見える。

 相当疲れたのであろう。フェアウェイは座席の中でスヤスヤと小さな寝息を立てていた。

 その姿を見てバレンティアは静かに微笑むと、ポケットから封筒を取り出し中身を確認した。
「日本・・・神田川県、丘福シティー。ここに行けば・・・・・」



 そして、空港の側で飛び去る飛行機を眺めるアンナ・フォン。 クエロマスカラ。 ドレイトン。 パペット・マスター。 R-51。

「全ては、マニトウスワイヤー復活のために・・・」
「全ては、マニトウスワイヤー復活のために・・・」



第一章 蜘蛛のお姫様へ続く。
=====================================





| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第一章 蜘蛛のお姫様

 高々と登った、眩い陽射しが、コンクリートジャングルを一斉に照らす。

 ちょっと田舎へ行けばミンミンと蝉の声が辺り一面に響き渡るのであろうが、ここ神田川県丘福市では年中変わらず車のエンジン音が鳴り響く。

 そのジャングルの一角、様々な会社の袖看板が一列に並ぶビルの一つ。
 『手作りアクセサリー・銀の首飾りFC本部』と小さく書かれたオフィスに、今・・・尋常では考えられない出来事が起こっていた。


 中に居るのは一人の中年男性、矢澤孝一。
 株式会社銀の首飾りの代表取締役社長。

 高そうなスーツに身を固めた、まだ20代前半の女性は館脇琴実(ことみ)。
 同社、取締役専務。

 そして靭やかな長い黒髪、静かな湖のように蒼い瞳、高校生・・いや大学生? とにかく小柄な若い少女が一人。その手は真っ赤に血塗られていた。

r-vs-m_201.jpg

 いやいや、よく見ると、その三人だけではない。
 少女の足元には、三~四人の若い会社員らしき男が全身血だらけで横たわっている。

「ま・・待ってくれ! お・・俺は、何もやっていない。俺は社長と言っても便宜上の飾りみたいなもので、全てはそこの女・・館脇専務が動かしていたんだ!」

 矢澤は少女の動向を抑えようと、必死で弁解している。

「うふふ・・・。言い訳しなくても、貴方が小物だということはとうにお見通しですわ」

 少女はそう言って、一輪の花のような愛くるしい笑顔を見せた。

「それにわたくし・・。殿方の肉はどうしても好きになれないし、生地にしても目が粗くてとても使い物になりませんもの・・・」

― な・・なに言ってんだ・・・こいつ!?―

 矢澤は時間でも止まったかのように、ポカンと聞いている。

「だから貴方は・・・」
 少女はそこまで言うと、男性に手の平を向けた。

 シュッ!! 

 と細い霧のような物が、矢澤に吹きかけられる。

 それは一瞬で矢澤の首に巻きつき、少女と一本の線で結ぶ。
 キラキラと輝く一本の細い線。それは…紛れも無く、一本の『糸』。蜘蛛の糸だ。

 少女は身体とは似つかないような力で糸を引き、一気に矢澤との間合いを詰めると、鋭い右手を腹部に突き刺した。

「ぐふぅ!?」

 矢澤の口から泡のような血がブクブクと吹き溢れる。

「もう・・・黙っていなさいな♪」
 まるで羽音の五月蝿い『蚊』でも叩き潰したかのように、軽い仕草であった。


 それまでの経緯を逃げもせず、黙って静観していた若い女専務、琴実。

 逃げなかったのではなく、逃げたくても逃げられない・・・。
 絶対捕食者の前で全ての抵抗を諦めた小動物のように、全身の動きが麻痺していたのだ。

「さて、最後に貴女ですわ!」

 少女はそう言って琴実の顎を掴み、その顔をマジマジと眺めた。

「お・・お願い・・、お金なら返す・・・。だから・・助けて・・・」

 部屋の外は汗すら蒸発するんじゃないかと思えるくらいクソ暑い天気だが、一人だけ冷凍庫の中にいるかのように顔は青ざめガタガタと震えている。

「わたくし、そんな物に興味は無いし。それに貴女を恨んでいる人も、今更そんな物を返してもらっても嬉しくとも何とも思わないと思いますわよ?」

 少女はそこまで言うと、琴実の細い首筋に愛くるしい口を近づけた。

 その瞬間、碧い瞳は一転して真紅に光り、少女の上顎から鋭い鎌のような牙が飛び出す。
 ゆっくりと深々に、それを細い首に突き刺した。

「ああ・・・!?」

 短い悲鳴を上げるのも束の間、体内に冷たい何かが入ってくる。
 身体の隅々まで何かが行き渡ると、心地良い痺れとともに身体が麻痺していくのがわかる。
 その後、今まで味わったことも無い、まるで天にも舞い上がるような……身体がフワフワと軽くなっていく感覚に覆われる。

― あ・・恍惚・・・ ―

 もっとも、実際体内の物は殆どドロドロした液状の物質に変えられ、それを少女が全て飲み干しているのだから身体が軽くなっているのも当然だが。

 体内の物が全て飲み干され、ペラペラの等身大切り抜きポスターのようになった琴実の口内に、少女は手首まで突っ込んだ。

r-vs-m_202.jpg

 手の平からまたも粘着力のある糸のような物質を放出し、皮だけの琴実に流し込む。

 その皮を伸ばしたり丸めたり縮めたり繰り返すと、やがてそれは眩い光り輝く金色の一枚の布地に変化していた。

「金色を象徴する言葉は、『ステイタス・輝き・豪華・才能・成功』。実質、会社を操り、大勢の人を騙し、営利を貪っていた貴女には、これ程当てはまる色はないですわね」

 少女はそう呟くと布地を端から丸め、自身のバッグにしまい込もうとした。

 その時・・・・


ひょこっ!!

「この…妖怪・蜘蛛女! 相変わらずグロい事してるわね!?」

 なんと、バッグから小さな頭のような物が現れると、開口一番そう語った。

 少女は一気に目を座らせると、その小さな物体を抱え上げホッペタらしき箇所を思いっきりつねる。

r-vs-m_203.jpg

「蜘蛛女・・・ではなく、わたくしの名は『八夜葵(はやき)都(みやこ)』。いい加減・・都と呼ぶか、もしくは・・・」
 そこまで言うと、少女・・都は見るからに上から目線になり・・・
「『てんこぶ姫』と呼びなさい」
 と不気味な笑みを浮かべた。


「いたたたた・・・・! わかった・・わかったから、ホッペをつねらないで!!」
 小さな物体はそう叫びながら手足をバタバタと振り回す。

 あまりに暴れまくったせいか、それとも都の意図的なのか?
 とにかく小さな物体はスルリと都の手からすり抜け、地べたにストンと落っこちた。


 それは一目でわかる、人間の女の子っぽいヌイグルミ。
 やや茶色がかった黒いポニーテールに、ファンタジー系の魔法戦士のコスチューム。
 三頭身の愛くるしいボディーにつぶらな瞳。

 ヌイグルミは落ちた拍子に打ちつけた腰をさすりながら、

「あたしだって、『伊達香苗(だて かなえ)』という名前があるのに、アンタ・・一度も名前で呼んだことないじゃないの!?」

「あら!? そうでしたっけ?」

「ほぉ~~ら!! 一介の剣道少女だったあたしがこんな姿になった経緯にしたって!自分に都合の悪いことはな~んにも覚えてない!」

「では、今回はお互い様ということで。それにわたくし、貴女とお喋りしているほど暇ではないので」

 都はそう言って、香苗を再びバッグの中に入れようとした。

「なに、急いでいるの!?」
「今からこの生地を持って、恨みを連ねていた方の元へ行かなくては」


 その言葉に香苗はピンと来た!


「いつもみたいに、その人まで食べる気!?」

 その言葉に都は一瞬戸惑いを見せたが、すぐに微笑むと

「それは行ってみて・・・、話してみてから決めますわ」
「アンタ、絶対にロクな死に方しないわよ! そうね・・・言うなれば、噂の妖魔狩人に仕留められるっていうのはどう~?」


 妖魔狩人・・・。


 それは今年になって多くの妖怪を浄化してきた、その名の通り妖怪を退治する狩人。
 当然都の耳にも、その噂は入っている。


「あの者たちは、ここ丘福市から離れた柚子村で活動をしています。 ですから、そちらさえ行かなければ、この広い丘福市で出会う可能性は何万分の一ですわ」

 そこまで言うと都は一旦口を閉じた。


「でも・・・・・」

「!?」

「一度手合わせしてみるのも、面白いかもしれませんわね♪」

 その笑顔はめったに見ることのない、黒く・・・それでいて心から楽しみにしているような、そんな希少な笑顔だった。



 ビルから大通りに出てJR丘福駅に向かってしばらく歩くと、遠くから何やら悲鳴やら叫び声などが聞こえてくる。

「なにごとかしら?」

 どうやらそれは、道路を挟んだ反対側の歩道から聞こえてきていた。



r-vs-m_204.jpg

「フェアウェイ、こっちよ!!」

 バレンティアはフェアウェイの手をしっかり掴み、人波を掻き分けながら慣れない街を懸命に走っていた。

 東京を経由し、無事に神田川空港に降り立ったバレンティアとフェアウェイ。
 空港からそのまま地下鉄に乗り丘福駅まで辿り着いたが、その場で大勢の黒マントを着た集団に出くわした。
 ニューメキシコでも感じ取れたアンナ・フォンが率いてきた一味の強い殺気。
 同様の殺気を感じ取ったバレンティアは強引に集団を突破し、逆に人集りを利用し駅の外へ飛び出したのだ。

― まさか、こんなにも早く奴らの追っ手がついて来ていたなんて・・・―

 右も左も解らぬ異国の地だが、とにかく今は奴らの目を誤魔化せる場所へ逃げこむしかない。
 バレンティアはそう考え、あえて人集りが多そうな一つの百貨店の入り口をくぐり抜けた。 

 七階建ての百貨店。
 入ってすぐのエントランスホールには最上階までの吹き抜けと、それに連なったエスカレーターがある。

「フェアウェイ、急いで!!」
 フェアウェイの手を引きエスカレーターに駆け込もうとするバレンティア。

 その時・・・・

「バレンティア!」

 背後から聞き覚えのある声が彼女の足を止めた。
 振り返ると数人の黒マント姿が立っており、そのうちの一人が顔を覆っているフードを外した。

「ル・・ルゥ・・・!?」

 そこには、ニューメキシコを抜け出るときに手を貸してくれた仲間・・・ルゥの姿が。

「バレンティア、話しを聞いて・・・。私は貴女を助けたいの・・・」
 ルゥはそう言ってゆっくり近寄ってくる。

「ルゥ・・・・」
 バレンティアの目には涙が零れていた。
 まさか、もう二度と会えないかもしれないと思った仲間が・・・。
 この数日間、寝る間も無く追ってくる敵だらけの毎日。
 必死で逃げまわり疲れ果てた心に、その心を許せる仲間の姿を目にして・・・。

「バレンティア、騙されちゃだめ!」

 フェアウェイが戒めるように強く手を引いた。

「!?」

 フトッ・・我に返り、改めてルゥを見直す。
 よく見ると、不自然にツヤのある肌・・・。ぎこちない足取り・・・・。 そして、バレンティアを見つめるその黒い瞳は、まるでビー玉のように生気が無い。

「マネキン人形・・・? パペット・マスター!?」

 噂には聞いたことがある。
 生きた人間の魂を抜き取り、その身体を妖術で人形化し自在に操る呪術師の噂を。
 いつの間にか前後左右・・・黒マントの集団に囲まれ、逃げ場を失っていた。

r-vs-m_205.jpg

 すると・・・

シュッッ!!

 まるでスプレーでも吹きつけられたような微かな風切音が耳に入ると、どうしたことか!?
 その身体が一気に宙に舞い上がったのだ!
 バレンティアだけでなく、フェアウェイも同様に宙に浮かび上がっている。

「い・・糸っ!?」

 胴体には細い糸が幾重にも巻き付かれ、その糸の先から宙高く引き上げられているのだ!
 まるで瞬間移動でもしたかのように一気に吹き抜けを飛び越え、最上階まで引き上げられた二人。

「怪我はないかしら?」
 甘く、それでいて澄んだ声・・・。

 そこには一人の少女・・・・都の姿があった。

「貴女・・は・・!?」

「わたくしの名はてんこぶ姫。ですが、今はお話をしている時間ではありませんわ。早く逃げますわよ」
 都はそう言って先頭を切って駈け出した。

 敵か味方かわからないが今は信じるしかない。
 バレンティアはフェアウェイの手を引くと、一目散に後を追った。
 最上階にある子供向け室内遊技場。 その展望用の大窓の前で都は待っていた。

 都はバレンティア達が駆けつけるのを見計らうと、側にあったテーブルで大窓のガラスを叩き割る。
 そして自ら外に出ると、手を差し伸べた。

「さぁ、わたくしの手に捕まって」

 手に捕まってって言っても、ここは七階・・・。高さにして約30メートル程である。
 躊躇しても不思議ではない。

 それを悟ってか都は手の平から糸を噴出すると、バレンティアとフェアウェイの身体をグルグルに巻きつけた。
 そして自らの身体に縛り付けると、反対側の手から糸を噴出し向いのビルに貼り付ける。
 勢い良く蹴りだすと、まるで振り子のようにビルとビルの間を大きく飛び交った。

「きゃぁぁぁぁぁぁっ!!」

 大絶叫を上げるバレンティアとフェアウェイ。
 向かい側のビルに着くと更に別のビルに・・・。
 こうして一気に三つ四つのビルを飛び交って敵の追っ手を振り払うと、ゆっくりと歩道に着地した。

 連続バンジージャンプ並の恐怖に目を回すバレンティアとフェアウェイ。
 そして、なぜか・・・・香苗も。

r-vs-m_206.jpg

 そこへ、丁度いいタイミングで路線バスが到着した。

「さぁ、これに乗って行ける所まで行きますわよ」
 三人(香苗はバッグの中)は、他の乗客に紛れてバスに乗り込んだ。




第二章 てんこぶ姫 対 R-51へ続く。
==============================================


| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第二章 てんこぶ姫 対 R-51

「私立聖心女子大学附属聖心女子高校・・・」

 バスの中で封筒の中身を確かめながら、バレンティアはそう語った。

「聖心女子大・・・って、わたくしの通う大学ですわね。 その附属高校・・・。どこだったかしら?」
「とにかく私達は、そこへ一刻も早く行きたいのです!」

「うーん・・・、聖心女子高…。一度剣道の対抗試合で行ったことはあるんだけど、たしか・・・中央区だったかな?」

 話を聞いていた香苗はバッグから顔を出し、つい呟いてしまった。

 それを見たフェアウェイ。

「わぁぁぁぁつ!! ヌイグルミさんが喋ってる!?」
 と声を張り上げてしまった。

 一斉に他の乗客から視線を浴びる一行。

「貴女が余計なことをすると目立つから、口を挟まないでくれませんか?」
 氷より冷たい視線で、香苗を睨みつける都。
 慌てて口を噤む香苗。

 だが、フェアウェイの好奇心という名の視線は香苗に鋭く刺さったままである。

「仕方ないですわ。少しの間だけですが存分に弄んでくださいな♪」
 都はそう言って、香苗をフェアウェイに手渡した。

「ヌイグルミさ~ん♪」
 フェアウェイは香苗をしつこく頬擦りしたり、アバラが折れそうな位、抱きしめたり。
 もっとも、ヌイグルミである香苗にアバラは無いが・・・。

「それにしても中央区ですか・・・。途中で一回乗り換えれば、それほど遠い距離でもありませんわね」
 都は無邪気に香苗で遊ぶフェアウェイを横目で見つめ、仕方無さそうに微笑み

「いいでしょう。わたくしたちがそこまでご案内いたしますわ」
 と、言った。

「ありがとうございます!」
 バレンティアは満面の笑みで喜んだ。

「・・で、貴女たちを追っていたあの人形どもは一体何ですの? そして・・・、貴女たちが狙われている理由は?」
「それは・・・・」

 バレンティアが重そうな口を開こうとしたその時!

ガガァァァァン!!

 重い衝撃音と激しい振動がバスを襲った!
 急停車しようとしたが、ハンドルを取られそのまま横流れに歩道に乗り上げると、バランスを崩し一気に横転してしまった。

r-vs-m_301.jpg

 一瞬で地獄絵図と化した車内。うめき声と泣き声が交錯する。

「なにがあったんですの!?」

 体勢を立て直し、辺りを見回す都。

 その都の目に映ったのは、バスの外で蠢く巨大で黒い物体。
 その大きさはバスの全高が約3.3メートル。それと殆ど変わらない。

 もっと・・もっと・・小さければ、それは日常で極自然に目に触れている丸い物体。

「あ・・R-51・・・」

 バレンティアがその物体を見て口に漏らした。

 そう、ニューメキシコでバレンティアたちに襲いかかった・・・。
 ソランジュを踏み潰し、ペチャンコにした・・・黒い巨大なタイヤ。

「R-51・・!? まさか、あのタイヤ・・・、生きているのですか!?」
「生きている・・・と言えば生きているのかも知れません。でも、まさか・・アイツまで、この国にやって来るとは・・・・」
 蒼白となったバレンティアは、ただ・・ただ・・呆然と見つめるだけだ。

「とにかくまずはここから出て、逃げるしかありませんわね!」
 都はそう言ってバスの窓ガラスを蹴り破る。
 バスから飛び出し歩道を駆け出す都たち。

 R-51はそれに気づくと、メキメキとバスを踏み潰しながら都たちの後を追い始めた。

「こっちです!」
 都は強固な建物の多い飲食店街に向かって走り続ける。

 しかし、いくら駆け足とは言え二足歩行の人間より回転して突き進むタイヤの方が移動速度は圧倒的に速い。
 見る見るうちにR-51は都たちに追い付いてきた。

 都はオフィスビルに飛びつくと、そのまま猛スピードでビルの壁をよじ登った。
 それはまさしく『蜘蛛』の動き。

 5階に辿り着くと手の平から糸を放出し、下にいるバレンティアとフェアウェイの身体に巻き付け、グイッと一気に引き上げた。

 窓を蹴り破り二人を室内に誘導し
「さすがに、この高さまでよじ登ることはできないでしょう」
 と、一息ついた。

 だが・・・

ガンッ!! ガンッ!!

 たしかにR-51は壁をよじ登ることはできないが、一歩引いては突進。一歩引いては突進を繰り返し、ビルの壁を叩き壊しに掛かる。

「まっ!? このビルごとダルマ落としでもして、わたくしたちを引きずり降ろそうって思っているの!? なんて・・脳筋なのかしら!?」

ヒュゥゥン! 

 都は唯一人ビルから飛び降りると、鋭い手の爪を剥き出し、

ズザザッ・・

 R-51を切り裂きにかかった。

「!!?」

 だが、分厚いゴム製のR-51。
 爪先が僅かに喰いこみはするものの、その弾力性で爪が抑えこまれ、引き裂くことすらままならない。

「あらあら、わたくしの爪がまるで役に立たないとは・・・。こんな事なら毎朝コーンフレークを食べて、カルシュウムをしっかり取っておくべきでしたわね」
 都がそう呟いた時・・・

「下等な虫ケラ妖怪ごときが、アタクシたちに歯向かうつもりなの?」

 黒マントの人形たちを引き連れて、路上を悠々と歩む一人のせむし女。

「アンナ・フォン!?」
 オフィスビルの窓越しでバレンティアが声を上げた。

「そ・・その手にした物は・・!?」

 それは、アンナ・フォンが両手で抱えている反物のような物体。
 桜色で所々…香ばしく焼け焦げた跡があるその物体は、人の姿を型どったペラペラの薄べったい物。

「ああ…、これかい?」

 アンナ・フォンはそれを高々と持ち上げると、

「これはアンタたちを逃がそうとした、ソランジュとかいう娘を燻って作ったベーコンさ!」

r-vs-m_302.jpg

 アンナ・フォンはそう言って太腿の辺りに齧りつくと、美味そうにその肉を頬張った。

「ドレイトンが作ったのだけど・・・この娘の程よい甘さを活かした絶妙な塩加減にチップの香り。一度食べたら止まらない美味しさよ。 彼の作るベーコンは口コミで大人気。最近ではネットからの注文が殺到しているらしいわ!」

「そんな事より虫ケラ妖怪・・ごとき・・とは、聞き捨てなりませんわね。 貴女こそどなたですの?」
 都が間に割って入る様に、冷ややかな眼差しで問いかけた。

「アタクシの名はアンナ・フォン。 偉大なる『マニトウスワイヤー』の第一の下僕」

「マニトウスワイヤー・・・? 聞いたことありませんわね。何者ですの?」

「アンタごときではその名を口にするのも恐れ多い、偉大な支配者様よ!」

 アンナ・フォンはそう言って指先でR-51に合図を送る。
 それを理解したかのように、R-51は目標を都に定め猛回転で突進して来た!

 持ち前の身の軽さで楽々と避ける都。

 アンナ・フォンは、その間・・人形たちにバレンティアたちがいるオフィスビルに向かうように指示。
 それに気づいた都はビルに戻ろうとするが・・・

グォン!!

 予想以上に素早い動きで突進してくるR-51に阻まれ、思うように身動きが取れない。

「本当に、邪魔なタイヤですわね!」

 都は糸を噴出し近くのビルに貼り付けると、糸を手繰るように飛び上がった!
 飛びながら更に糸を噴出、手繰りながら空中移動を繰り返す・・都。

 だが、R-51はその場で2~3回弾むように跳ねると、その反動を利用し都目掛けて大きく飛び上がった!

バシッッッッ!!

 空中でR-51はそのまま都に体当たり!

 体勢を崩し、為す術もなく落下する都。

ガッシャーン!!

 飲食店街一角の天ぷらチェーン店の大窓に、真っ逆さまに突っ込んでしまった。

r-vs-m_303.jpg

「うぅぅぅ・・・」

 過去、多くの人間を手にかけてきたが、自分と同等・・・もしくはそれ以上の化け物と戦ったのは初めてである。

 全身は血まみれ。初めて味わう『殺されるかもしれない』という恐怖感。

「あんた、大丈夫か・・・!?」
 客や店員が駆け寄り、心配そうに都に問いかけた。

「ご心配には及びませんわ・・・。わたくしは・・姫。蜘蛛妖怪の姫・・・。こんな傷・・屁でもありません」
 よろめきながらも立ち上がり、身体を引き摺るように店の外へ・・・

 そこへ、大きく跳ね上がったR-51が全体重を乗せて都目掛けて落下!!

ズシィィィン!!

 震度5を思わせるような大きな揺れ。

「所詮は虫けら妖怪・・・呆気無いものだ。ペチャンコに潰れてR-51に吸収されるがいい」
 離れて様子を見ていたアンナ・フォンは「クククッ」と嘲笑った。




 激しい戦いとなっている飲食店街を、少し離れた場所から見物する多くの通行人たち。

「化け物が暴れているそうだぞ!」
「空中を飛び回る女の姿もあったそうだ!!」
「それって、都市伝説にもなっている・・『蜘蛛女』じゃね!?」

 そしてここ、一番近い地下鉄乗り場『五福街駅』でも、多くの人集りが出来ていた。

 その中に髪を長めのサイドテールに結んだ、小学校か・・中学校の生徒らしき一人の少女の姿が・・・。
 その少女の頭上では金色に輝く・・・鳩ほどの大きさの鳥が一羽、飛び回っている。

「どうやら事態は予想以上に深刻のようだね。 先を急ごう!!」

 なんと金色の鳥はサイドテールの少女に、そう話しかけていた。
 その言葉に少女は黙って頷くと、駆け足で飲食店街に向かった。

r-vs-m_304.jpg

 都を踏みつぶして勝利を確信したR-51。

 だが、いつもなら吸収できる体液が、なぜか一滴も吸い取ることが出来ない。

 よく見ると、タイヤであるR-51のトレッドパターン。いわゆるタイヤの溝の隙間から、それに沿って黒い液体が溢れている。

 いや、液体では無い!

 小さな・・小さな・・・。小指の爪先にも満たない小さな物体が無数、行列を作って流れるように移動しているのだ。
 それは、小さな小さな『蜘蛛』の行列。

 「蜘蛛の子を散らす」そんなことわざのように、無数の蜘蛛が這いずり回っているのだ。

 溝から抜けだした蜘蛛たちは一箇所に集まると、小山を作るように積み重なっていく。
 そしてそれはやがて人の形になり、ついには都の姿になった。

 なんと都はR-51に踏み潰される瞬間、姿を無数の小蜘蛛に変え、トレッドパターンの隙間に入り込んでいたのだ。

「この術はとてつもなく妖力を消耗するから頻繁には使えませんけどね・・・」

 都は、そう荒々しく息を吐いている。
 R-51もそんな都の姿を見てワナワナと震えている・・・ように感じられる。

 おそらく彼が人の姿をしていたならば、こめかみ辺りに血管が浮き出ていたことだろう。
 それが証拠にR-51は助走をつけると、まるで怒りをぶつけるかのように激しく都に向かって突進してきた!

 都は残る力を振り絞ぼり必死で体勢を立て直すと、左右に立ち並ぶビルを2往復・・3往復と飛び交った。

 そして、張り巡らせた糸で、大きな・・大きな『網』を仕掛けた。

r-vs-m_305.jpg

 蜘蛛の糸の強度は恐ろしく高く、直径1センチ程の太さで網を張れば、大型旅客機ですら蜻蛉のように捕らえることができるという。

 さすがに都の出す糸はそこまで太くはないが、それでもR-51の突進を抑えるには充分の太さである。

「くたばりなさい!!」

 しかもその網はまるでゴムのように大きくしなると、勢い良くR-51を弾き返した。
 弾き返された先には、先程・・都が突っ込んだ『天ぷらチェーン店』が!!

ガシャァァァァン!!

 大勢の客を回転させる為に設置された大型のフライヤー(揚げ物調理機器)。それらがひっくり返り、熱くなった大量の油がR-51に降り注ぐ。
 それだけではない!
 ひっくり返ったフライヤーの火は床に流れる油に移り、導火線を伝わるかの如くR-51へ向かっていく。

ゴォォォォォォッッ!!

r-vs-m_306.jpg

 激しい火の粉を撒き散らし、ゴム製のR-51は瞬く間に炎に覆われた!

 まさに『火車』となって、言葉通り転げまわるR-51。

 だが、それも長くは続かない。

 やがてゴムがドロドロに溶け、ついには黒いコールタール状の物体となって沈黙した。

 都はR-51の死を確認すると、肩で息をしながらバレンティアたちの居るビルへ向かった。



第三章 バレンティアとの別れへ続く。
=================================================




オマケ特典物語 >>つづきを読むをクリックしてください。








≫ 続きを読む

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第三章 バレンティアとの別れ

 一方オフィスビルの5階、とある商事会社の事務室に逃げ込んだバレンティア、フェアウェイ、そして香苗の三人。

 だが、それも束の間。
 その事務室も、数人のマネキン人形に囲まれてしまっている。

 今、この事務室にいるのは、バレンティア、フェアウェイ、香苗。

 そして、この会社の事務員だろうか?
 若い・・・そう、10代後半くらいの一人の女子社員。

 以上、四人。

r-vs-m_401.jpg

 マネキンたちは各々短剣を持ちあわせており、事務室にいた他の会社員、事態を察知した警備員たちを刺し殺している。

 そして、なぜか・・・倒れている会社員の間に、二つ・・三つの人の姿をしたヌイグルミが。
 バレンティアは警備員が手放した警棒を手にマネキン人形たちと対峙しているが、元々仲間であったルゥの姿をしたマネキンもおり、それがどうしても戦いづらかった。

 そのルゥは、一人だけ真っ赤な蒸気のような靄を発する短剣を所持している。

「も・・・もう・・いや・・・」

 足元の倒れている警備員や社員。そしてヌイグルミを凝視していた女子社員。
 そう呟くと、箍(たが)が外れたように出口に向って走りだした!

 そんな彼女にルゥは即座に反応する。

「や・・・やめなさいっ!!」
 バレンティアの制止も聞かず、ルゥは逃げる女子社員の背中を真っ赤な短剣で突き刺した。

「あ・・・あぅ・・・!?」

 瞬時に女子社員の動きが止まる。

 同時に見る見るうちに彼女の身体は縮んでいき、ルゥの足元に一つの物体が転がり落ちた。

 それは、あの女子社員そっくりのヌイグルミ。

 そう・・・。

 ルゥの持つ短剣には彼女を操るパペット・マスターの呪術がかけられており、これに刺された者は皆・・・ヌイグルミに変化してしまうのであった。

r-vs-m_402.jpg

「くそぉ! あたしが元の姿で木刀でも持っていれば、なんとか突破できそうなのに!」
 フェアウェイの手の中で、歯ぎしりをする香苗。

「ルゥ……。お願い意識を戻して・・・・」

 警棒を構えながら懇願するバレンティア。
 だがルゥはお構いなくバレンティアに刃を振るう。
 必死でかわそうとするバレンティア。だが、その拍子に警棒を落としてしまった。

「危ないっ!!」

 咄嗟に香苗がフェアウェイの手の中から飛び出すと、一気に駆け込み・・ルゥとの間合いを詰める。
 この辺は腐っても剣道少女! ルゥの反応より、一も二も上だった。

 飛び上がり、ルゥの顔面目掛けて拳を打つこむ!

ピョコ!

 だが・・・・。

 悲しいかな。綿詰めのヌイグルミの拳では、大したダメージを与えることは出来なかった。

 ルゥが香苗目掛けて短剣を貫く。

サクッ!!

 必死で身を捻った香苗だが、脇腹あたりをザックリ刺されてしまった。

「いたたたたっ!! ・・・・・って、それほど痛くはない? それに元からヌイグルミだから、変化もない!!」

 香苗はそう呟くと、自身を突き刺した短剣をしっかり握りしめ、
「おりゃぁぁぁっ!」
 なんと、ルゥから短剣を奪いとった!

 真っ赤な短剣を自身の腕の中にしっかり抱きかかえ、ほくそ笑みながら・・
「これで他の人も人形化はできないだろ。ざまぁみろ!」

 マネキン化しているため表情は変わりないように見えるが、内心は立腹したのだろう。
 ルゥはすかさず他のマネキンから短剣を奪い取ると、照準を香苗に合わせた。

「ヌイグルミさんっ!!」

 危険を察知したフェアウェイは、すぐさま飛び出し両腕で香苗を抱きかかえるると、自らを盾にして覆い被さった。

「お・・おい! フェアウェイ!?」

 逆に香苗が困惑し、フェアウェイの身を案じる。

 だが、ルゥはお構いなく、フェアウェイ諸とも香苗を突き刺す気だ!

「だ、だめっ!!」
 そんなフェアウェイの前に立ちふさがる・・バレンティア。

グザっ・・!

 無残にもルゥの刃が、バレンティアの胸部に突き刺さった!

「あ・・あっ・・・」

 ルゥが無造作に短剣を抜き取ると、傷口から大量の血液が潮を噴くように溢れ出る。

 バレンティアは見開いた目線を胸に移し、これ以上・・血が溢れ出さないように両手で傷口を抑えこむと、二歩…三歩後ずさりし、そのままストンと腰を落とした。

 その動きは、まるでスローモーションのVTRでも見ているようだ。

 押さえ込んだ手の平から、情け容赦無く血は溢れだす。
 胸から溢れ出る血と比例するように、バレンティアの表情からは血の気が失せていく。

「バ・・バレンティア・・・」

 その姿を見たフェアウェイは、そのまま気を失って倒れてしまった。

「く・・くるし・・・い・」

 フェアウェイに気絶され、ギュウギュウに抱きしめられたまま身動きできない香苗。

 そんな香苗の目に、無数のマネキンの手が差し向けられる。

 その時・・・・

 まるで、フェアウェイが瞬間移動でもしたかのように、宙に浮き場所を移動した。
 はぁ・・はぁ・・と、苦しそうな息を吐いているバレンティアも同様だった。

「蜘蛛女っ!?」

 香苗が声を上げた。

 そこには肩で息をしたまま、ようやく事務室に辿り着いた都の姿。
 そして糸を噴出し、二人の身体に巻き付けると、一気に引き戻したのだ。

 都は更に二人の身体を自分の身体と密着するように巻きつけ、再び窓の外に糸を噴出し、振り子のように・・次のビル、次のビルへと空中移動をしていった。

r-vs-m_403.jpg

 いくつものビルの谷間を通りぬけ、数百メートル先にある雑居ビルの狭い路地裏に着地した都。

 自身の体力も限界に来ている。
 辺りも薄暗くなってきていることから、闇に紛れる日没までそのまま路地裏で身を休める事にした。

 気絶しているフェアウェイと大量出血で荒い息をいているバレンティアを横にすると、自らも膝をつき天を仰ぐように息を整え始める。

「ごめんなさいね・・・。あなたまで、巻き込んで・・・・」

 止まらない大量出血。
 すっかり血の気が失せた蒼白の顔面に、途切れ途切れの言葉。
 もはや口を開く力も残っていないだろうに、それでもバレンティアは申し訳なさそうに都に声をかけた。

「別に・・・。この件はわたくしが自分の判断で飛び込んだこと。 貴女に謝られる筋合いはありませんわ・・」

 都の返事に、バレンティアはニッコリと微笑んだ。

「迷惑ついでに最後のお願いを言っていいかな・・・? フェアウェイを・・・。フェアウェイを・・この場所まで送り届けて欲しいの・・・・」
 バレンティアはそう言って、一通の封筒を手渡した。

 中身は日本、神田川県、丘福市、そして聖心女子高等学校という名と、一人の人名が書かれた紙が一枚。

「わたくしなんかに頼らず貴女が自分で連れて行ってあげればいいですわ。こう見えても、わたくしは蜘蛛妖怪の姫。人間ごときの頼みなど、聞き入れる気なんかありませんの!」
 都は嘲笑うように言い返した。

 それでもバレンティアは目を細めると・・・
「一緒にいた数時間・・・、あなたがどれだけ誇り高いかもわかっているわ。だけど、それを承知でお願いさせてくれる?」
 と答える。

「・・・・・・・・」

「フェアウェイはこの世でも数少ない・・天女族の子。 そして、あの子を狙っているのはあなたもわかっている通り、闇の世界の住人。普通の人間ではあの子を守りきれない・・・」

「条件がありますわ! わたくし、人喰いなので貴女の肉を喰らいますわよ! それでもよろしくて?」

「どうせ、すぐにも散りゆくこの身。 それで・・あなたのお役に立てるなら構わないわ・・」

 バレンティア自身、もう自分が助からないことは充分にわかっているのだ

「・・・・・・・・。」

 もはや都にも、それ以上・・言葉は無かった。

 横たわるバレンティアの上に覆い被さると、その首に鋭い鎌状の牙を突き刺した。
 静かに音も立てず、溶解したバレンティアの体内を吸い込む都。

 やがてペラペラとした皮だけが残ると、都は口内に糸を噴出し生地作りを始める。

r-vs-m_404.jpg

 丸めたり・・縮めたり・・・伸ばしたり。

 それは、一枚の軟らかい輝きを放つライトブラウンの生地へと変化した。

「茶色を象徴する言葉は、『温もり、安らぎ、保守、大地、力強さ』。小さな子どもを守り通す為だけに全てを捧げた貴方に、ピッタリの色ですわ」

 都はそう言って、新たに手に入れた美しい茶色の生地をゆっくりと丸めていく。

 更に・・・

「・・・・、・・・・・。 ・・・・、・・・・・・」

 二言、三言・・付け加えるように呟いた。

 周りの雑音でよく聞き取れない程の声量だったが、そばで見ていた香苗の耳にはハッキリ聞き取る事ができた。
「蜘蛛女・・・、お前・・・・・?」
 そして、その言葉の意味に、香苗は耳を疑うかのように呆然と立ち尽くしていた。

 生地をバッグにしまい込んだ時には辺りはすっかり日が暮れていた。

「さぁ、そろそろ移動しますわよ。 そちらのフェアウェイを起こしてくださいな」
 都の言葉に香苗はフェアウェイの身体を揺さぶった。
 目を擦りながら身を起こすと、辺りを見渡すフェアウェイ。
「バレンティア・・・は!?」
 フェアウェイの問いに香苗は何も答えられず、目を逸らしてしまう。

「バレンティアは先に行きましたわよ。しばらくはわたくしが導きますわ」
「先に・・・て、どこ!?」
「いずれわかります。さぁ・・先を急ぎますわよ」

 都はフェアウェイの手を取ると、ゆっくり踵を上げた。

 その時・・・










シュッ・・!





r-vs-m_405.jpg

 風切音と共に、足元に何かが突き刺さった。





第四章 黒い妖魔狩人へ続く。
=============================================



オマケ特典物語 >>つづきを読むをクリックしてください。

≫ 続きを読む

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第四章 黒い妖魔狩人

シュッ・・!!

 都の足元に突き刺さったそれは、薄っすらと青白く輝く一本の矢。
 それは普通の矢とは全く異なる、まるでホログラム(立体映像)のような青白い『光の矢』だった。

「何者ですの・・!?」

 鋭い目つきで前方を見定める。

 路地裏で逆光の為、顔や身なりはまるでわからない。
 シルエットで映るその影は弓を構えた一人の人物。

 だが、まるでタイミングを測ったかのように雑居ビルの看板が点灯すると、その光がその人物を照らしだした。

 黒く靭やかなその髪は左側をサイドテールで結んでおり、ゆらゆらと風に揺られている。
 身なりも真っ黒で、まるでゴスロリと魔法少女系アニメを合わせたようなコスチューム。  
 小柄な体つきでミニスカートから生える細い足。

 それは紛れも無く、11~12歳くらいの一人の少女の姿であった。

 しかし、手にした弓には新たな青白い光の矢が備えられている。

r-vs-m_501.jpg

 少女は静かに口を開くと、
「あなたの連れているその子は、天女の子よね・・・?」
 と問いかけてきた。

 その子とは明らかにフェアウェイを指しているようだ。

 さらに彼女は手にした弓を構えると、こう付け加えた。

「命が惜しければ、今すぐその子を放しなさい!」

「ふっ・・!」
 都は鼻で笑うと、
「何を言うかと思えばくだらない。この子はわたくしの連れ。どこの小娘か知りませんが、あまりこちらの世界に立ち入らない方が、身のためですよ」
 と言い返した。

シュッ!! 

 青白い閃光と風切音が都の耳元を通り過ぎる。都の目に自身の自慢の黒髪が二~三本。粒子分解するかの如く、消滅していくのが見えた。

「生憎だけど、妖怪の世界なんて今まで何度も見てきた。あなたこそ素直に立ち去ったほうが身のためよ。妖怪・蜘蛛女!」

 少女はそう言うと手の平をかざし、新たな光の矢を形成すると再び弓に備え付ける。

「あら、わたくしを知っているような口振りですわね? どこかでお茶でもしたかしら?」

「さっき、あなたがビルの間を飛び交っているのを見て確信したわ。 最近・・都市伝説になっている人喰い妖怪蜘蛛女。あなたのことでしょう?」

「蜘蛛女・・・ね?」

 その言葉に都は上から目線で少女を睨みつけると、

「その呼び方、好きくありませんわ。わたくしを呼ぶなら・・・姫。 そう、てんこぶ姫とお呼びなさいな」
 と不敵な笑みを浮かべた。

「てんこぶ・・姫?」

「わたくしも貴女の正体が見えてきましたわ。青白く光る・・霊力の矢。そして・・全身、黒い出で立ち」

 都はそう言って髪をかき上げ満面の笑みを浮かべると、一礼しながらこう告げた。


「初めまして。黒い妖魔狩人・・・若三毛凛!」

r-vs-m_502.jpg

 これに一番驚いたのは誰であろう・・・香苗であった!

「よ・・妖魔狩人って、女・・・? それも・・子どもなの!?」

 なにしろ香苗は今の今まで、妖魔狩人は『イケメン』で『マッチョ』な『若い男性』と思い込んでいたのだ。
 そのショックは計り知れない。

「凛っ! 大丈夫かい!?」
 更に声と共に空中から一羽の金色に輝く鳥が舞い降りてきた。

「大丈夫よ、金鵄!」
 少女・・・凛は、金鵄という名の鳥に言葉を返す。

「な・・なんで、鳥が喋っているの!?」

「えっ? ヌイグルミが言葉を話している!?」

 金鵄と香苗が驚いたのも、ほぼ同時であった。

「黒い妖魔狩人。貴女のことは柚子村の中国妖怪に何度か聞いていましたわ」
「中国妖怪の手下なの?」
「手下・・・? 冗談じゃありませんわ! わたくしは姫。あの者たちとは敵対しているわけではありませんが、わたくしを束縛できる間柄でもありませんの」

「ふーん・・・。それで最初の質問だけど、その女の子を解放してくれる?」

「お断りしたら・・・?」

「あなたを撃ちます!」

 一瞬、弦を引く凛の指先に、力が入った。

 ニヤッ!
 都の口端が、僅かに緩んだ。

 その瞬間、凛の目の前に広がる・・・霧のような白い靄。
 いや、それは靄ではなく、散りばめられた糸の屑。

 その隙をついて都はフェアウェイの手を引き、一目散に駈け出した!

「待ちなさい!!」

 すぐ後を追う・・凛。

「アンタ、フェアウェイと一緒にどこか・・その辺に隠れていてくださらない?」
 走りながら都は、香苗にそう話しかける。

「それはいいけど・・・って、悪人は蜘蛛女。アンタ一人だろ!? どうしてアタシたちまで一緒に逃げる必要があるんだ!?」
「ここまで来たら一蓮托生ですわ!」

 都はそう言うと、わざと凛の目につくように雑居ビルの壁を這い登っていった。

「凛、あっちだ!」

 それを見つけた金鵄が凛に呼びかける。
 頷いた凛は、周りにある塀やエアコンの室外機を足場に駆け上がるように後を追う。

 妖魔狩人である凛は、たしかに人並み外れた強力な霊力を持ち合わせている。
 だが、その肉体は極普通の中学校に通う女子生徒であって、超人的な体力を持っているわけでは無い。
 しかし、金鵄の羽毛で編み出した戦闘服を身につけることによって、通常の6倍近くの運動能力を引き出すことができる。
 その為、こういった超人的な動きも可能なのだ。


 4階建ての雑居ビルの屋上、都はそこで凛を待ち構えていた。

r-vs-m_503.jpg

シュッ!シュッ!

 交互に振りかざす都の手の平から蜘蛛の糸が凛に降り掛かる。

 だが、凛の放つ霊力の矢・・・霊光矢は、その糸を瞬時に消し去ってしまう。
 それどころか、その威力は掠っただけで都の身体をも消し去りそうな力を秘めている。

― 驚きましたわ。 話には聞いていたけど、まさか・・ここまで強く高い霊力の持ち主だったなんて・・・。―

 改めて都は、凛が自分より強い相手だと気がついた。

「まったく・・・。 どうして今日はこんなに強敵ばかり出会うのかしら!? 朝のテレビ占いでは、何事もない穏やかな一日って言っていたのに・・・」

 そう呟き両手を地につけ四つん這いになると、蜘蛛そのものの素早い動きで凛に突進していった。

 地を這って向かって来る都に霊光矢を放つ凛。
 だが、あまりに狙いが低すぎる事と、予想以上の素早い動きに当てる事すらままならない。

 あっ!という間に、都は凛の足元近くまで這い寄って来た。

 即座に足元に照準を合わせる。

 だが、その瞬間、都の姿が視界から消えてしまった。


「き・・消えた・・・!?」


 慌てて辺りを見渡すが都の姿が見当たらない。

 それは、地面スレスレという低い視線の位置で急速接近し、視界を狭くさせた瞬間身を翻すことで、あたかも消えたかのように見せるという都の頭脳と本能の合わせ技。

 今まで凛が戦ってきた妖怪たちは、どちらかと言えば力技で強引に押してくるタイプが殆どであった。

 しかし、暗殺的でトリッキーな戦法が主である都のようなタイプは、過去戦った経験がないためまるで動きが掴めない。

 少しずつ後退しながら都の気配を探る凛。

 右から来るか? 左から来るか? それとも・・またも低い視点から来るか?

 全神経を周辺に張り巡らせながら、二歩・・三歩と後退していく。

コツン!

 後退していった凛の背に、固く冷たい感触が伝わった。

 太い鉄骨で組み立てられた架台、その上に大きなタンクが乗っている。
 それは高置水槽・・・、いわゆる貯水タンクというやつだ。

r-vs-m_504.jpg

 それにしても、てんこぶ姫・・・都は、いったい何処に消えたのだろうか?

 金鵄も空高く舞い上がり辺りを見渡す。

「あっ!?」

 金鵄の目に微かに動く物体が目に入った。

「凛っ!! 後ろだ・・・後ろの貯水タンクだ!!」

「えっ!?」

 凛は振り返りタンクを見上げた。

 そこには闇に紛れて、貯水タンクに逆さに張り付いている都の姿が!
 闇の中で真っ赤に光る二つの瞳が、獲物である凛を狙いを定めるように見下ろしている。


r-vs-m_505.jpg

 咄嗟に弓を構えるが、同時に都はタンクを蹴り凛に飛びかかった!

 二人は絡み合うように組み合い、二転・・三転と転げまわる。

カラン・・・

 弾みで、大切な武器・・弓を落としてしまった凛。

 動きが止まると、都が凛に馬乗りになっていた。

シャァァァァッ!!

 鎌状の牙を突き出し咆哮をあげ、しきりに凛の首筋に噛み付こうとする都!

「凛、絶対に噛まれるな! 蜘蛛妖怪に噛まれたら、あっと言う間に身体の中身を食いつくされる!!」

 妖怪の習性に詳しい金鵄の助言。
 ごめん。今は遊著にそんな言葉を聞いている暇は無い!!

 必死で都の額を押上げ、そうはさせずと抵抗する凛。

r-vs-m_506.jpg

「絶対に・・・やられるものか・・・・」

 凛は僅かな隙をつき、右手に霊力を集中させる。
 すると、一本の青白い光の矢・・霊光矢を形成させた。

 それを逆手に握り、都のこめかみを狙って一気に振りぬく!!

ヒュンッ!!

 都の視線に入った霊光矢!

 防御技とか、敵の動きを読むとか、そんな思考によるものではない。

 本能。

 紛れも無く野生の妖怪の防衛本能が、瞬間的に都の身体をのけぞらせた。

 自分の目と鼻の先を青白い閃光が通り過ぎる。
 喰らっていたら、間違いなく・・即死だ。

r-vs-m_507.jpg

 だが、それだけでは終わらない。

 凛は十代前半の少女とはいえ、多くの妖怪と死闘を繰り広げてきた妖魔狩人。

 直ぐ様、腕を切り返すと、

ズブッッッ!! 

 霊光矢を都の太腿に突き刺した!!

「あ・・ぐぅ・・・っ!!」

 声にならない悲鳴を上げる都。

 すぐに凛の身体から飛び退き太腿に目をやる。

 太腿から青白い霊力の光が、ウィルスのように侵蝕しはじめている。
 全身に広がったら浄化され消滅してしまう・・・・!

 都は鋭い爪を立てると、

グザッッ!!

 自身の太腿に突き刺した!

「くっ!」

 そして、そのまま太腿の肉ごと刳り取るように霊光矢を強引に抜き取ったのだ。

「な・・なんてヤツだ・・・。これほどの執念は並みの妖怪じゃない・・・」
 都の凄まじい気迫に、逆に恐怖を感じた金鵄。

 しかし、形成は完全に逆転していた。
 弓を拾い正確に霊光矢の矢尻を都に定める、凛。

r-vs-m_508.jpg

「もう終わりよ・・てんこぶ姫。 大人しくあの女の子を引き渡してくれれば、今日のところは見逃すわ」
 凛の言葉に真っ赤な瞳で真っ直ぐ睨み返す都。

「冗談はおよしなさいな。 姫であるわたくしが、敵を恐れて手の平を返すとでも思ってるのかしら?」

 そう返したその時・・・・

「蜘蛛女ぁぁぁぁっ!!」

 雑居ビルの下、路地裏から香苗の叫び声が聞こえた!

「なにごとっ!?」

 都は脇目もふらず助走をつけると、ヒュンと・・屋上から飛び降りた。
 驚くことに、片足を負傷しているとは思えない程の素早い動きで、路地裏に駆け込んでいった。

「ま・・待ちなさいっ!」

 いくら運動能力が向上しているとはいえ、生身の人間である凛が4階建てビルの屋上から飛び降りることはできない。

 すぐに階段を駆け下り後を追う。

「しかし、今回の事件に都市伝説の人喰い蜘蛛女が絡んでいるとはね・・」
 まるで苦虫を噛み潰したような顔で金鵄が呟く。

「うん、たしかに予想外だった。でも・・・・」

「ん・・!?」

「あの・・てんこぶ姫。そこまで凶悪な妖怪なのかな・・・?」
 金鵄の耳に入るか、入らないかくらいの小さな声で、凛はそう呟いた。





第五章 最強の精霊へ続く。
=================================



オマケ特典物語 >>つづきを読むをクリックしてください。


≫ 続きを読む

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第五章 最強の精霊

 都の後を追い路地裏を通り抜けると、そこは四方が雑居ビルに囲まれているにも関わらず、意外にもやや大きめな有料駐車場であった。

「てんこぶ姫っ!?」

 その駐車場の中では都がうつ伏せに倒れている。

 そして、その数メートル先には二つの人影が・・・。

 一人はフェアウェイを小脇に抱えた小柄な『せむし女』・・・アンナ・フォン。

 そしてもう一人は藍色の肌の長身の女性。

 だが、問題はその異様な姿。
 南米の踊り子のような露出の高い身なりで、その背中には翼が生えている。

 そして頭部は異常に縦長の兜のような物を被っている。

 しかもその兜らしき物には上から、鳥・男性・女性の三つの顔が並んでおり、仮面ではなく明らかに生きた表情を持っていた。

r-vs-m_601.jpg

「な・・なんなの・・・あれは!?」

 さすがの凛も、その異様さに驚きを隠せない。

「や・・はり貴女たちのお友達ってわけでは、なさそうですわね・・・」

 肩で息をし、よろめきながら身を起こした都。

「まぁ、正義の味方である妖魔狩人の仲間にあんな凶悪そうなのがいたら、それこそ・・イメージダウンですものね」
 軽口を叩いているが、大きなダメージを受けているのは容易にわかる。

「おや? 新たに小ジャリが一人、迷い込んだみたいね。イイ子だから天女の子は諦めて早くお家に帰りなさい」
 凛の姿を見たアンナ・フォンはクククと笑いながら、小馬鹿にしたように言葉をかけた。

「天女の子!? ねぇ、金鵄。もしかして・・あの人たちが『マニトウスワイヤー』っていう者の一味かな?」

 その凛の言葉に金鵄よりも都が先に反応した。

「なぜ、貴女がその名を知っているのかしら?」

「風の噂みたいなものよ。今日わたし達が丘福市へ来たのも、それが理由」

「ふっ・・! 風なんかと噂話をしないでくださる。道理で偶然にしては都合よく重なると思いましたわ」

「さっきまではてんこぶ姫。 あなたもマニトウスワイヤーの一味だと思ったんだけど、この状況を見る限りそうではなさそうね」

 その言葉に都は赤い瞳を更に輝かせ凛を睨みつけると

「わたくしを、あんな下衆な連中と一緒にしないでくださる? 二度とそんなしょぼい勘違いをなさったら・・・」
 そう言って爪を立てると、

「真っ先に殺しますわよ!」

「それよりも凛・・・・」
 口を挟むように金鵄が話しかけてきた。

「奴ら・・・。特にあの翼の生えた三つの頭を持ったヤツ・・・」

「三つの頭・・・? あの・・トーテムポールみたいなやつ?」

「トーテムポール・・・? まさしくトーテムポールだ!! アイツと戦ってはいけない!!」

 今まで見せたことのない怯えた様子で叫ぶ金鵄。

 その直後であった。

 三つの頭の女性が高々と右手を上げると、その遥か上空で眩い閃光が輝き始める。

 ゴロゴロゴロ・・・と低く重い音が鳴り響く。
 それは正に雷雲・・・。

 そのまま右手を振り下ろしその指先を凛へ向けた。


ガガガガガガッッ!!

r-vs-m_602.jpg


 一瞬、目の前が真っ白。いや黄金色になったかと思うと激しい衝撃に襲われ、気が付くと凛の身体は数メートル後ろにあった雑居ビルの壁に叩きつけられ、めり込んでいた。

「あ・・ああ・・・っ・・?」

 凛には何があったか、まるで記憶が無い。

 わかるのは全身を襲う激しい痛みと、きな臭い焼け焦げた匂いがすること。


「や・・やはり・・そうだ・・・」

 青ざめた顔で金鵄が呟く。

「サンダーバード・・・・。遥か昔からアメリカ先住民族から恐れられ、そして崇拝されてきた伝説の霊鳥・・・・」

「サンダーバード・・・? 伝説の霊鳥・・・?」

r-vs-m_603.jpg

 意識が朦朧としている凛の代わりに尋ねてやるかのように、都が問いかけた。

「そうだ・・・。ある時はその激しい雷で一夜にして村を消滅させ。ある時は同じようにその力で、悪魔を追い払う。北米最強の霊鳥であり精霊。トーテムポールとはそれを見た人間が、その大いなる力を魔除けとして偶像化した物なんだ」

「子どものころ小学校や公園で見たトーテムポールが、あんな化け物を奉ったものだとは・・・。これからは何事にも疑いの眼差しを向けますわ」

 さすがの都も、そのあまりの凄さに呆れ顔を通り越していた。


「ねぇ・・金鵄、わたし・・一体、何をされたの・・?」

 朦朧とした意識を振り払うように、頭を振り金鵄に問いかける凛。

「凄まじい雷撃を喰らったの。先程のわたくしと同じように・・・」
 代わりに都が薄ら笑いを浮かべながら答えた。

 そう言う都は無意識に自身の胸を擦っている。

「喰らった瞬間、意識も何もかも吹っ飛んでしまう・・・。それ程強力な雷撃ってことか・・・」
 金鵄が改めて、その恐ろしさを実感していた。

「これでわかっただろう! お前たち虫ケラや小ジャリなどお呼びではないのだ。さっさと退却するなら見逃してやろうぞ!」

 相変わらず、クククと笑いながら話すアンナ・フォン。

「蜘蛛の・・お姉ちゃん・・・・」

「蜘蛛女・・・・」


 アンナ・フォンの腕の中で、為す術もなく呟くフェアウェイと香苗。

「ちっ!」 

 打つ手立てが見当たらず思わず舌打ちをしてしまう都。

「てんこぶ姫・・・・」

 そんな都に凛が声を掛けた。

r-vs-m_604.jpg

「なにかしら? もう~っ寝る時間だから帰る・・というのならば、止めませんわよ」

「姫と名乗る割には軽口が多いのね?」

「余計なお世話です。それより要件をさっさとおっしゃいなさいな・・・」
 苛立ちを隠せない都の様子に凛は軽く微笑んだが、再び表情を硬くすると、

「サンダーバードとか言う精霊はわたしが引き離す。 だからあなたはその間に、天女の子を助けだして・・・」

 予想もしない凛の提案に目を丸くする都。

「なぜ妖魔狩人である貴女が、妖怪のわたくしを手助けしようとするのですか?」

「あなたを助けたいんじゃない。天女の子を奴らから助け出さないと日本が・・・。いえ・・世界が滅びるかもしれないからよ!」

「貴女、どこまで事情を知っているのかしら?」

「今はその話を詳しくしている暇はないわ。どうする? 一時、協力する?」
 凛の真っ直ぐな眼差しが都を見定めている。

 ふっ・・!

 都は軽く鼻で笑うと、

「今どき、こんな少年マンガの定番シチュエーションは流行らないのですけど、今はそれが一番ベストな選択のようですわね」
 ぶっきらぼうながらも、少し和らいだ目で返す都。

「しっかり惹きつけてくださいな!」

「うん!」

 凛は軽く頷くと、弓を構えながらサンダーバードに向かっていった!


シュッ!!


 青白い閃光・・霊光矢が、サンダーバードとアンナ・フォンの間を裂くように飛んで行く。

 更に二発目、三発目は、明らかにサンダーバードに向けて放っている。


バサッ! バサッ! バサッ!


 翼を広げ空高く飛び、その場を離れるサンダーバード。

「今よ・・・てんこぶ姫っ!!」

 凛の叫びに、アンナ・フォンに向かって突進する都。

「小賢しいっ!」
 アンナ・フォンは手の平を都に向けると呪文を唱えようとした。

 だが・・・

「いたたたたたっ!!」

 鋭い痛みが腕を襲い、思わず腕を振り払ってしまった。

 術を仕掛けようとしたその瞬間! 囚われていたフェアウェイがその腕に噛み付いたのだ!

 それを見逃さない都。

 直ぐ様・・蜘蛛の糸を放つと、フェアウェイと香苗に巻きつけ一気に引き戻した!

 フェアウェイと香苗の身体を抱え上げると、都は凛に目で合図を送る。
 そしてそのまま一目散に路地裏を駆け抜け、その身を隠してしまった。

「あんだけ傷を負っているのに動きが素早いよね・・」
 都の逃走を見届けると、ふっ・・と安堵の溜息をついた。

「本当に小賢しい小ジャリ・・・・。 サンダーバード! もう~っ容赦なくあのガキを焼き殺してしまいなさい!」

 怒りが収まらないアンナ・フォンは、八つ当たりするようにサンダーバードに命じた。

「ダレ二向ッテ、命令シテイル?」

 それに対し、感情の欠片もないような無機質な返事が返って来た。

「えっ!?」

「勘違イスルナ。ワタシハ、貴様ノ部下デハナイ。マニトウスワイヤーヲ復活サセル為二、今ダケ手ヲ貸シテヤッテイルノダ」
 サンダーバードは、そう言って指先をアンナ・フォンに向けた。

「二度ト命令シテミロ。先二貴様ヲ殺ス」

 その表情も口調も、感情の欠片も感じさせない。変に凄まれるより逆にそれが恐ろしい。

 それが証拠に先程まで勢いの良かったアンナ・フォンが、すっかり怯えガタガタと震えている。

「コノガキハ、ワタシガ殺シテオクカラ、貴様ハ先程ノ蜘蛛妖怪ノ後ヲ追エ・・・」

 逆に命令するサンダーバードにアンナ・フォンは無言で何度も頷くと、脱兎のごとく路地裏に駆け出していった。

「凛、サンダーバードが襲い掛かってくる。こうなったらヤラれる前にやるしかない! 全力でいくぞ!!」

 金鵄の言葉に、凛はわかっているとばかりに霊光矢を放った。
 先程の威嚇と違い、今度は真っ直ぐサンダーバードを狙っている。

 だが、サンダーバードは少しも慌てること無く向かってくる霊光矢に両手を突き出すと、青白く光る火花を散らし始めた。

バリッ・・バリッ・・バリッ・・バリッ!!

 火花によって行く手を遮られた霊光矢。まるで放電しているかのように激しい音と光を発すると、静かに消えて無くなってしまった。

「霊光矢が・・・通じない・・・?」

「ヤツは雷を操るだけでなく、自身の身体からも発電し操る事ができるのか・・・」
 呆然と立ち尽くす凛と金鵄。

 そんな凛たちにお構いなく、サンダーバードは右手を高々と上げた。

 上空では雷雲が激しい稲光を放っている。

 ゆっくりとその腕を降ろし、指先を凛に向ける。


バリッ・・バリッ・・バリッ・・バリッ!!


「きゃぁぁぁぁぁぁっ!!」


 眩い閃光と雷鳴が響き渡り、またもや衝撃で凛の身体は吹っ飛んだ!
 激しい痛みときな臭い匂い。

「くっ………ぅ」

 肩で息をしながら起き上がろうとする凛に、サンダーバードは更に追い打ちをかけた!


バリッ・・バリッ・・バリッ・・バリッ!!


 凛は自身が放つ霊力と金鵄の羽毛で編んだ戦闘服の防御力によって、あらゆる衝撃に耐えることができる。

 だが、それだって無敵ではない。

 その防御力を上回る攻撃を受ければ、相当のダメージを負うのは当然。

 サンダーバードの攻撃は、凛の防御力を遥かに上回っていた。

 そんな攻撃を立て続けに二発も喰らったのだ。

 なんとか必死に立ち上がろうとしてみるものの、意識は朦朧とし足はガクガクと震え・・・、しかも僅かではあるが失禁もしていた。

r-vs-m_605.jpg

 もう・・戦うどころか、虫の息といっても過言ではない。

「凛、もう起き上がるな! そのまま倒れていろ!」

 さすがの金鵄も、これ以上の戦闘は命の危険性があることを感じ取っている。

 だがサンダーバードは、例え虫の息でも容赦する気は無かった。
 再度、右手を上空に突き上げる。

「もう、やめてくれぇぇぇっ!!」

 懇願するように泣き叫ぶ金鵄。


 その時・・・・

r-vs-m_606.jpg

「水流輪っ!!」

 激しく回転する水流の輪が、サンダーバードの右腕の動きを遮った。

「!?」

 何事かと辺りを見渡すサンダーバード。

 もちろん、それは金鵄も一緒だった。

 すると小さな雑居ビルの屋上に人影が見える。
 やや小柄だが、青をベースにした和風の身なりに顔を隠した頭巾。

「あ・・・青い妖魔狩人・・・!?」

 それは柚子村で二度ほど一緒に妖怪を退治した女性で、自らを青い妖魔狩人と呼んでいる。

r-vs-m_607.jpg

 頭巾に隠されたその素顔は今持って謎だが、凛と同じく浄化の術を使える実力の持ち主だ。

 感情を見せないサンダーバードだが、邪魔をされたことに怒りを感じたのか?
 その眼(まなこ)は青い妖魔狩人を見据えて動かない。

 金鵄の目もそんな二人から離せなかったが・・


「逃げるぞ・・・・」

 微かに聞き取れる程度の小さなものだが、妙に力強い声が耳に入った。

 フトッ見ると、一人の女性が倒れている凛を抱き起こしている。

 鮮やかな銀色のボフヘアー(オカッパ)にまるでアクセサリーのように輝く皿を乗せ、露出度の高い身なりそれに似合う長身でグラマラスなボディーの美女。

r-vs-m_608.jpg

「あんたは確か・・・、祢々(ねね)とか言う・・・」

 それは祢々と言う名の禰々子(ねねこ)河童。
 青い妖魔狩人に付き従っている妖怪だ。

 丸太ですら軽々と持ち上げるその怪力で凛の身体を担ぎあげると、青い妖魔狩人にも合図を送った。

 祢々の動きに気づいたサンダーバード。

 再び右腕を真っ直ぐ突き上げると、その照準を祢々と凛に向ける。

「水泡幕!!」

 そうはさせじと青い妖魔狩人はまるでシャボン玉のような小さな泡を無数に撒き散らすと、サンダーバードの視線を遮った。

「!?」

 サンダーバードは雷でなく自ら発効した電気火花で水泡を撃ち落としていったが、ある程度の視界が見通せる頃には祢々や凛の姿・・・、そして青い妖魔狩人の姿すら消え失せていた。




第六章 精霊の支配者(マニトウスワイヤー)へ続く。
=======================================



オマケ特典物語 >>つづきを読むをクリックしてください。



≫ 続きを読む

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第六章 精霊の支配者(マニトウスワイヤー)

「少しですが、体力が回復いたしましたわ・・・」

 籐で作られた長椅子に足まで伸ばして横になっていた都は、ゆっくり頭を持ち上げ起きざまにそう言った。

「驚いたわよ・・。  傷だらけの身体でいきなり入って来て、少しだけでいいから寝かせろと、いきなり爆睡しだすから。
・・で、特に重症だった足は大丈夫?」

 うなじが美しい色白の和服美女はそう言って、お茶の入った四つの湯呑みをテーブルに並べた。

「おかげ様で。まだ傷口が塞がった程度ですが、とりあえず歩くくらいなら大丈夫そうですわ」
 都はそう言ってスカートをまくり上げると、白い足を露わにした。

 浄化による消滅を避けるため、霊光矢を自らの太腿の肉ごと抉り取った深い傷。
 まだ痛々しさはあるものの、さすが妖怪の回復力。 傷口はある程度塞がり、出血も完全に止まっている。

 ちなみに、ここは色とりどりの反物が並んでいる、丘福駅から少し離れた場所にある反物屋。

 だがその場所は複雑怪奇で、まるで迷路のような路地裏を潜り抜けなければ辿り着くことができない。

「そっちの付喪神(ヌイグルミ)は霊力でお茶を飲むことができるでしょうけど、異国の女の子は煎茶は大丈夫かしら?」

 そういって心配する和服の美女は、この反物屋の女将。

r-vs-m_701.jpg

 本名は誰も知らないし、また・・ここだけの話、この女将は人間では無い。

 だがここでは女将で通るし、またそれ以上の詮索も必要はない。

 なぜなら来てみればわかる。

 この店は時間の流れ・・・、世の中の動きから全て隔離されたような空間のように感じるからだ。

「大丈夫です」
 フェアウェイはそう言って湯呑みに口をつけた。

「ねぇ・・女将さん。ここミシンありますわよね? 借りてよろしいかしら?」
 都はそう言うと、バッグから鮮やかな茶色の生地を取り出した。


「その生地は・・!?」


 都が手にした生地を見て香苗は思わず声を上げた。

 それはバレンティアの身体から精製された、明るい茶色の生地。

「あるけど、裁縫ならここでやらず自分の家でやったらいいじゃないの?」

「ここからわたくしのアパートまでかなりの距離がありますし、それに大至急・・仕上げたいのですわ」
 都はまだ『借りて良い』という了承を得ていないのに、ミシンを漕ぎだした。

「相変わらず、自分のペースね・・・」
 女将は呆れて、言うだけ無駄といった仕草をとった。

「ところで都さん。貴女を傷つけたというマニトウスワイヤーという一味。貴女が寝ている間に少し当たってみたわ」

 都の生地を送る手が一瞬だけピタリと止まる。

「どうやら、とんでも無い化け物よ。できれば早急に手を引くことを、勧めるわね」








「マニトウスワイヤー・・・。マニトウとは先住民族たちの間で『精霊』を指す言葉。そしてスワイヤーとは支配者。 すなわち精霊の支配者ということ」

 青い妖魔狩人は二人の少女の前でそう語った。

 洋風で落ち着いた雰囲気のこの部屋は、丘福駅から少し離れた高級ホテル・・ニューオーニタの一室。

 さすがにここでは例の戦闘用コスチュームでは違和感があるため、青い妖魔狩人は水色のブラウスに白いキュロットパンツ。
 そしてポニーテールの髪型に白いマスクを覆っている。

 同じ部屋にはベッドに横たわる凛。 それを見守る金鵄。

 青い妖魔狩人を護衛するように寄り添っている祢々。

「精霊って、木や草や水なんかに居着く弱っちぃ・・霊の事っちゃろ? そんなのヤツらのボスだからって、何をビビる必要があるっちゃ?」

 独特の方言で話すショートヘアで少しイタズラっ子のような風貌の小柄な少女。
 歳の頃合いは凛と同じくらい?

「日本ではそういう霊の事を言うようですが、海外では妖怪や悪霊・・・。その他諸々の物の怪全般を指している地域もあるそうですわよ」

 もう一人は落ち着いた十代後半といったところか?
 山吹色の長いストレートヘアーに黄色いカチューシャ。整った鼻筋にパッチリした目。
 芸能界でも充分に通るほどの美少女である。

「さすがは『高嶺 優里』。教養が高いので話が早くて助かる」

 青い妖魔狩人は一応褒めているのだろうと思われる。だが、いつもながら淡々と話すため、聞く方は素直に喜べない感もあるが。

「それって、ウチがまるで馬鹿のように聞こえるんやけど!?」

「誤解を生じているみたいだな『斎藤 千佳』。 貴女は馬鹿のようなのではなく、真の馬鹿だから気にする必要は無い」

r-vs-m_702.jpg

 そう言われた千佳という名の少女。

「あ・・!?」

 思いっきり青い妖魔狩人を睨みつけると、怒髪天突くように髪を真っ赤し逆立てた。

 それは過大表現ではなく、本当に髪が真っ赤になり逆立っているのである。

 それを見て青い妖魔狩人を守るように間に入る祢々。

「千佳さん、今は争っている場合ではありません。早く経緯を聞いて、どうして凛ちゃんがあんな大怪我をしたのか? その真意を確かめないと」
 優里も千佳の間に入り千佳の怒りを制した。

「わかったっちゃよ!」

 髪を元に戻しベッドに腰掛けると、静かな寝息を立てている凛の顔を覗きこむ。

― ホント・・可愛いなぁ~凛~♪ それにしても、誰がウチの凛をこんな目に合わせたっちゃ!? 絶対にぶち殺したるっちゃよ!―


「話を本題に戻す・・・」

 青い妖魔狩人は淡々と言葉を続けた。

「マニトウスワイヤー、その正体は『エノルメミエド』という名の遥か古代の神族の一人」

「神族・・・?」


「そう・・。唯一神派が多数である今の時代ではピンと来ないかもしれないが、元々神というものは一人ではなく大多数存在している。

 日本の古事記、ギリシア神話、ゲルマン神話、ヒンドゥー教、エジプト神話など。
 国同士の交流のなかった時代なのに、多少の違いはあってもその中身は割りと類似している。

 その理由は神というのは一族のようなものであり、その一族の生活や行動が神話となって伝わっているのだ。

 それが証拠にギリシア神話のゼウスとインド神話のインドラ。
 日本神話のイザナギとギリシア神話でのオルフェウス。

 これらは一例だが、名こそは違っているものの同一人物だ」


「つまり、同じ人物の行いが、その国・・その国の言葉に合うように変化して伝わっていたということね」

「そういう事だ。
 彼ら神族は人間よりも遥かに高い知能と力を備え持っている。まぁ、人間の上位機種版みたいなものと考えれば、わかりやすいかもしれん」

「スマホとガラケーの違いみたいなものっちゃね?」

「能力的な違いはそんなものかもしれん」

「その一族の中にエノルメミエドという女がいた。彼女は操作系の能力に卓越しており、中でも強力な精霊操作の力を持っていた」

「ここで言う精霊というのは、先程・・高嶺優里が言っていたようにアタシのような妖怪。霊魂、妖精・・・全ての亜種生命体、生物の事だと思ってもらいたいわ」
 祢々が付け加えるように言った。

「精霊の中には大地や天候など強力な力を持った者もいる。それらを全て自分の意のままに操ることができれば・・・・」

「世界中に大災害を起こし、世の中の動きを変えることができる・・・」


「そう。その力を恐れた他の神族は、彼女から神族の生態の一つである数千年の寿命を消し去り、人間の寿命に替え人間界に追放した。

 人間としての寿命は僅か数十年。エノルメミエドはすぐに歳を取り死を迎える事になった。 そこで彼女は自らに転生の術を施し、数百年の眠りを得て転生を繰り返した」


「では、もう何度もこの世界に蘇っているということ?」

「そうだ。その度に彼女は自らの野望を抱くため、その力を見せしめに使っている。 過去、世界各国であった大災害の殆どは、エノルメミエドの仕業だ・・・」

「でも・・・そんだけのヤツが蘇って、よく今まで世界は無事で住んでいるっちゃね?」

「彼女の属性は『闇』。闇属性は『光』属性に弱い・・・。光属性は天界の一部の者か、もしくは心清らかな一部の人間でしか操る事のできない属性。
 その度に天界は人間と協力し、光属性の力でエノルメミエドの野望を抑えてきた」

「なるほど・・・。まるっきり手段が無いわけでは無いのですね?」

「そう・・・。だからヤツはその光属性にも耐えゆる不死の肉体を手に入れる事にしたのだ」

「不死の肉体・・・・?」

「そうだ。人間・・神族、そして天界の住人。その中で限りなく不死に近い肉体を持つ種族がいる」

「・・・・・?」


「それは『天女族』・・・」


「天女族・・・?」

「見た目は人間の女性とあまり変わらないが、『緑色に輝く髪』と再生能力を持った不死の肉体を持つ天界の住人」









「緑色の髪の毛って・・・・・・!?」


 女将の話を聞いていた香苗はとっさにフェアウェイを見た!

r-vs-m_703.jpg

「そう、フェアウェイ・・。その子が天女族の限りなく不死に近い子ども」

 女将はそう言うと飲み干した湯呑みを見て、ポットに手をかけた。

「それでその精霊の支配者様はフェアウェイをどうしようというのかしら? まさか、お茶飲み友達にしたい・・ってわけでもないでしょう?」

 黙々とミシンを漕ぎながら言葉だけ返す都。









「エノルメミエドの目的は唯一つ! それは自身の『魂』を天女族の身体に融合させ、不死の身体として転生を完成させること・・・」


 辺りがシーンと静まり返った。


 強力な力を持つ者が唯一の弱点を克服するために不死の肉体を手に入れようとしている。
 その意味を理解すれば、それがどれだけ恐ろしい事かを・・・。

「その情報。 そして、天女の子とエノルメミエドの手下がこの丘福市へ来ることを知ったワタクシは、黒い妖魔狩人・・若三毛凛にこの事を話し天女の子を確保に向ってもらったわけだ」

「じゃあ! 凛がこんなにボロボロになったのは青い妖魔狩人・・・。てめぇのせいだと言うわけちゃね!?」

 千佳が右手をワナワナと震わさせる。その爪先は灼熱のように赤くなり微かだが湯気まで立ち上がっていた。

「千佳さん、怒りの矛先が違うわよ。こんな話・・凛ちゃんが聞いたら動かない理由がないし、それに傷つけたのはエノルメミエドの手先・・・」
 物腰は軟らかいが、明らかに優里の表情にも怒りが見える。

 更に・・

「それよりも何故・・天女の子は、この丘福市へ逃げてきたのかしら?」
 と、青い妖魔狩人に問い返した。









「都さん。その答えは貴女が戴いた手紙の中に記されているはずよ」
 何もかもお見通しのように女将が答えた。

 作業の手を止め、バレンティアから引き継いた封筒を取り出しその中身を見る・・・


 日本、神田川県、丘福市・・・と地名が続き、私立聖心女子大学附属聖心女子高等学校の名の次に・・・


「神楽 巫緒(かぐら みお)!?」


「その名の人物が、この世界で唯一マニトウスワイヤーの野望からフェアウェイを守りきれるそうよ」

「まるで聞いたことがありませんわ。 一体どなたですの?」

「私も会った事はないけど、風の噂によると・・・・」

「どいつも・・コイツも、風の噂話が好きですわね」


「天界・・・いえ、全世界でも唯一人。光属性の力を持つ・・奇跡の天女!」

r-vs-m_704.jpg





第七章 闇からの襲撃へ続く。
=================================

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第七章 闇からの襲撃

「あの虫けら妖怪と天女の子の足取りは、あれからサッパリなの?」


 とあるファミレス風の一室で、アンナ・フォンはベーコンを頬張りながら話していた。

 その側には、女性の皮膚で作った面を被っているクエロマスカラ。

 何の肉を使っているのか? 聞くのが怖いハンバーグやベーコンを作っている、長身の年配男性ドレイトン。

 そして・・・・

「今日は良い人形が手に入ったから、久しぶりにメンテナンスをしようかしら?」

 全身にマントを羽織った人物、パペット・マスターは一人の若い女性にそう告げた。

 野球のチーム名とロゴが入ったTシャッツにミニスカート。
 どうやら、その若い女性はチームのマスコット兼チアガールのようだ。

 いや、若い女性には違いないが、よく見ると・・何かが違う・・。

 光沢のある硬質の肌。 湿りの無い唇・・・・。 そして、まるでガラス球のような瞳。

 それは若い女性の形をした人形、マネキン人形である。

r-vs-m_801.jpg

 パペット・マスターは人形の頭部を両手で支えるように握ると、ゆっくりとその首を捻りだした。

 一回転……二回転と捻ると、人形の首はスポっと胴体から外れた。

 ゴロリと転がる美しい頭部。

 パペット・マスターは嬉しそうに頷くと、羽織っていたマントを取り払った。

 そこには眩いほどの全裸の女性の肉体が・・・・。

 いや、よく見るとツヤツヤに輝く肌。だが、お世辞にも柔らかそうとは言えず、むしろ硬質化しているように見える。
 そして・・その頭部はツルツルのスキンヘッド。ガラス細工のような瞳・・・。

 そうなのだ。

 パペット・マスターの全身も、まさしく・・マネキン人形の身体。

 だが、恐ろしい光景はそれだけでは留まらない。

 パペット・マスターは自身の頭部も両手で掴み、二~三回転させるとスッポリと引きぬいたのだ。

 そしてその頭部を、頭を失ったマネキン人形の胴体に乗せた。

 同じように二~三回転させ頭部と胴体をしっかり固定させると、それまで動いていたパペット・マスターであった身体が、崩れるように倒れた。

 そして新たに首を付け替えた身体がコキコキと動き始める。

「メンテナンス終了・・・。定期的に替えていかないと動きは悪くなるし、なにより飽きるわよね」

r-vs-m_802.jpg

 パペット・マスターはそう言って楽しそうに微笑み、再びマントを頭から羽織った。

「さて、次は新しい人形たちの作成ね・・・」

 彼女が振り向いた先には先程と同じコスチュームを着たチアガールが、四人程立ち尽くしている。
 しかし先ほどと違うのは、こちらの四人は生きている人間の女性だということ。
 平均年齢21歳の健康的な女性たち。

 パペット・マスターは一番左にいるサンバイザーを被ったポニーテールの女性の前に立った。

 彼女は先程取り外された人形の頭部から目を離せずに、ガタガタと震えている。

「んっ!?」

 なにやらツンと鼻につく匂いを感じパペット・マスターは視線を下げると、彼女の太腿には湯気が湧き上がり黄金色の液体が滴っていた。

「そうか・・・。先ほどの人形は元々貴方の大切な友人・・だった・・娘(こ)よね。貴方はあの娘を人形にするところから、こうして私の身体になるまでの一部始終を見ていたからね。それで恐怖しているのね?」

 そう言うとパペット・マスターは、その黄金色の液体を指先ですくい取り自身の口でしゃぶり始める。
 酸っぱいような、しょっぱいような味が口の中に広がる。

「お前の恐怖の味。とても可愛くていいわ! 特別にもっとも可愛らしい人形に変えてあ・げ・る!」


r-vs-m_803.jpg

 パペット・マスターはそう言うと、彼女の口に自分の口を覆い被せた。

 チュパッ・・チュパッ・・と口内で舌と舌が絡みあう。

「あ・・あ・・・っ・・」

 先ほどまでとは打って変わったように、青ざめていた彼女の顔色が薄桜色に変わっていった。

 更にパペット・マスターの両手は、彼女の胸や尻そして股間を弄り始める。

「あぁぁ・・ん・」

 焦点の定まらない瞳に甘い喘ぎ声・・・。
 完全に心も身体の自由も奪われ、為すがままにされていくチアガール。

 すると時を見計らったかのように、パペット・マスターは重ねた唇を大きく開き、まるで深呼吸でもするかのように大きく息を吸い込んだ。

 まるでバネ人形のように、ブルブル・・と小刻みに震えだすチアガール。

 次第に身体の動き自体がぎこちなくなり、更に柔らかそうな肌はプラスチックのように照り輝いていく。
 虚ろな瞳もまるで輝羅やかなビー玉のように変わって。

 数分後には、彼女は一体のマネキン人形と化していた。

 そう・・・。

 パペット・マスターは生きている人間の口からその魂を吸い込み、残った肉体を自由に人形に変えることができる。
 あのバレンティアの友人ルゥも、こうしてマネキン人形にされていたのだ。

「うふふ・・。いい出来だわ~、可愛い!」

r-vs-m_804.jpg

 それを間近で見ていた他のチアガールたち。 怯える彼女達に視線を移したその時・・・・

「パペット・マスター! さっきからアタクシの話・・・聞いているの!?」

 アンナ・フォンはパペット・マスターの肩をマント越しに掴み怒鳴りつけた。

「?」

 感情の欠片も無いビー玉のような瞳で睨み返すパペット・マスター。

「街中に放っている人形たちは、まだ天女の子の足取りと掴めないのか?・・って、聞いているのよ!」

「大凡の見当はついているわ・・・」

「なら何故すぐに捕らえに行かないの!?」

「探せ・・とは聞いていたが、捕らえてこい・・とまでは聞いていない」

「その位……言わなくてもわかるでしょ!? 馬鹿なの~っ、あなた!?」

 アンナ・フォンがそう言った瞬間・・!

 パペット・マスターの片腕がアンナ・フォンの首を掴み、そのまま吊るし上げた。

「貴女・・一つ大きな勘違いをしていない? 私もサンダーバードも。そしてここに居る誰もが、貴女ごときに命令される筋合いは無いのよ? 貴女の背中にマニトウスワイヤー様が『宿っている』から、協力してあげているだけ」

 そう言いながら首を掴む力を更に強める。

「二度とでかい口を叩いてみなさい。貴女の肉体を傷つけず、精神だけ殺す事も可能なのだからね?」

 パペット・マスターの言葉に涙目のアンナ・フォンは無言で何度も頷いた。

 その様子を面白そうに眺めていたドレイトン。

「まぁ、喧嘩はそこまでにして。その・・天女の子を捕らえにミーとエイダの二人で行ってきましょう」
 そう言って立ち上がり、美味そうに焼きたてのハンバーグを食しているクエロマスカラに声をかけた。

「エイダ、ちょっと仕事に行くよ。ついておいで・・・」

「・・・・」

 ドレイトンの言葉にクエロマスカラはしばらく名残惜しそうにハンバーグを眺めていたが、やがて決心したように立ち上がった。



「出来ましたわ!」


 ミシンの前で黙々と作業をしていた都は、嬉しそうに声をあげた。

 早速縫い終えた服を手に取ると、フェアウェイの元に駆け寄った。

「うん、予想通り可愛いですわ!」

 フェアウェイに服を着せてやりその姿を確かめて、都は満面の笑みを浮かべた。

「どれどれ・・・?」
 香苗と女将も寄ってきてその姿を眺める。

「あら・・、とてもお似合いね」

「たしかに可愛いね~~♪ でも・・・」

 香苗はそこまで言うと苦笑する。

「可愛いけど・・・。この真夏に、なんで『ポンチョ』なの?」

 都が作ったのは、身体をスッポリ包む可愛らしいポンチョであった。

「この子のネイティブ・アメリカンな雰囲気に、一番ピッタリ合うと思ったからですわ」

「ハハ・・、なるほどね・・・」

「それに・・・・」

「ん・・?」

 都は優しくフェアウェイの頭を撫でてやると、

「あの方がこの子を守るには、身を包んであげるものがいいと思うし・・」
 と、微笑んだ。

r-vs-m_805.jpg

 その時・・・!!


ガガガガガガッッッ!!


 激しいエンジン音が店内に響き渡ると、入り口の扉が大きく×印で切り裂かれていく。

 前に出て待ち構える女将。


ガーンッ!!


 激しく扉を蹴り破り、チェーンソーを手にしたクエロマスカラが入り込んできた。

「この店は幾重もの結界と迷路を組み合わせているから、簡単には辿りつけないはずなのに・・・」
 日頃冷静な女将も、さすがに驚きを隠せなかった。

「やはりここにいましたね・・・天女の子」

 クエロマスカラの背後から長身の年配男性ドレイトンが姿を見せる。

「お客様、ここは反物屋ですよ。 女の子を買いたいのなら色街へ行かれたほうがいいですわ」

「いやいや、我々は買い物に来たのではない。そこにいる天女の子を返して頂きたいだけだ」

「その子はうちの常連さんのお連れ様・・。見も知らぬ方にお渡しはできません。お引取りください」
 凛とした態度で一歩も引かない女将。

「ただでは帰れない・・・と言ったら?」

「その時は不本意ですが・・・・」
 そう言いながら両手を水平に広げると、

「強制退場していただきます!」

 クエロマスカラ、ドレイトンに向けて振りかざした。

 すると店中に展示されていた反物が一斉に宙に浮き、クエロマスカラ達に襲いかかる。
 反物に包まれるように動きを封じられる二人。

r-vs-m_806.jpg

「都さん、今のうちに裏口から!」

 女将の言葉に、都はフェアウェイと香苗を連れて裏口から飛び出した。

 まるでミイラのように、反物でグルグル巻になり拘束されたクエロマスカラとドレイトンの二人。

「このまま、絞め殺してやるわ・・・」
 更に力を込めるように反物を縛り上げていく女将。


グィィン~グィィィ~ン!!


 突然エンジン音が鳴り響くと、ズサッ!ズサッ!とクエロマスカラを包み込んでいた反物が切り刻まれていく。

「ま・・まさか、私の妖力を篭めた反物を・・・!?」

 自身を縛り付けていた反物を切り落とすと、ドレイトンを包んでいる反物も切り刻んでいくクエロマスカラ。

「なるほど……。 この国流で言う、付喪神系の妖怪ですか?」

 女将の正体をあっさり見破ったドレイトン。

「もう・・充分永く生きたでしょう。そろそろ、あの世に戻りなさい」

 その言葉と同時に、女将に向ってクエロマスカラが突進してきた。 クエロマスカラの激しい当りに、店の外まで吹き飛ばされる女将。
 たったの一撃だが、かなりのダメージを負ってしまった。

 更に手にしたチェーンソーを振り上げ女将に狙いを定める。

「くっ・・・」

 クエロマスカラがチェーンソーを振り下ろそうとした瞬間!

 その手に細い光る物が巻き付いた。

「都さんっ!?」

 女将の目に飛び込んできたのは、ビルの壁に這いながら糸を引っ張る都の姿。

「アレですか? 我々の邪魔をする蜘蛛の妖怪というのは・・・。エイダ、先にあの蜘蛛娘を捕らえて頂いちゃいなさい」

 ドレイトンはそう言ってニヤリと笑った。

「蜘蛛なんか食べても美味しくなさそう・・・」
 だが、当のクエロマスカラは渋々とした表情。

「あら!? 脂身ばかりのおデブさん体型の方に、そんな言われ方するとは心外ですわ!」

 負けずと言い返す都。

「デ・・デ・・デ・・デ・・、デブって、イウナ~~~~~っ!!」

 それまで無表情に近かったクエロマスカラに、明らかに怒りの色が見える。

「誤解ですわ! わたくし・・貴女がデブだなんて、一言も言っておりません。 デブの方が貴女の体型によく似てらっしゃると言っているだけですわ!」


「コ・・・コ・・・殺すっっっっ!!」


 沸騰したヤカンの様に、真っ赤になって怒り狂うクエロマスカラ。

r-vs-m_807.jpg

 腕に巻き付いた糸を、そのまま力任せに引き寄せる。

 都も成人男性を片腕で釣り上げる程の力を持っているが、こと・・相手が妖怪や化け物だと勝手が違う。
 都の力など魔物の世界ではまだ非力な方だ。

 簡単に引き寄せられ、路上に思いっきり叩きつけられてしまった。

「うぐっ・・・!」

 口から血が吹きこぼれる。いくら妖怪とはいえ相当なダメージだ。

 更にチェーンソーを振り回しながら駆け寄ってくるクエロマスカラ。

 都はよろめきながらも手短な建物に糸を貼り付けて、糸を手繰りながら移動して一旦その場から逃げ出した。

 頭に血の上ったクエロマスカラは、見境なく後を追っていく。

 都の逃げ込んだ場所は路地裏から出た大通り。 夜の十時を過ぎているとはいえ、さすがに商業都市である丘福市。 大通りでは、まだまだ多くのトラックや自動車が走っている。


シュッッッ!!


 追ってくるクエロマスカラの両手両足に糸を巻付けそのまま高く飛び上がり、建築中の十二階建てビル屋上に設置されているクレーンの先に糸を潜らせた。

 その後、すぐにトレーラー型の大型トラックの荷台にその糸を貼り付ける。

r-vs-m_509.jpg

 それは大型トラックの力を借りて、クエロマスカラを宙吊りにする作戦だ!

 さすがのクエロマスカラも500馬力程のパワーにいきなり引き寄せられたらどうにもならない。

 ピンと張った糸は一気にクレーンを伝ってクエロマスカラの身体を引き上げ、屋上近くに宙吊りにした。

 それを見届けると、都はトラックに繋がっていた糸を一気に切り裂く。
 十二階建ての高さからクエロマスカラは真っ逆さまに落ちていった。


ズシィィィ―ン!!


 粉塵と化したアスファルトが舞い、激しい振動が響き渡る。

 クレーターのように陥没した路上の真ん中で、倒潰したクエロマスカラが沈黙していた。

「やれやれ・・。しばらくは肉まんを食べる気も失せますわね」

 勝利を確信した都は小さな溜息をつき、その場を離れようとした。


 その時・・・

「!?」


 都の身体が急にふわりと浮き上がり、そのまま逆さ吊りとなった。

「ま・・まさか・・・、たしかに殺したはず・・なのに!?」

 都の目に映ったのは逆立ちしたクエロマスカラ。いや、都が逆さまに釣り上げられているので、両手を真上に上げ仁王立ちしたクエロマスカラだ。

r-vs-m_808.jpg

「グフゥゥゥゥッ・・・・」


 大きく荒い息を継ぎながらクエロマスカラはそのまま都を振り上げ、勢いをつけて路面に叩きつける!!

「ゲボッ!!」

 激しく吐血する都。

ガンッ!! ガンッ!! と、二度・・三度、路上に都を叩きつけた。

 クエロマスカラは、まるでボロ雑巾のようにズタズタとなり失神した都の身体を確認すると、クン・・クン・・クン・・・と匂いを嗅ぎ、

「やっぱり、旨ぐなさそうだ・・・」

 とその場に放り捨てた。


「蜘蛛のお姉ちゃん・・!!?」

 路地裏から都の敗北を目のあたりにしたフェアウェイと香苗。

「お姉ちゃん、死んじゃいや~ぁ!!」

「ダメだ、逃げるんだ!!」

 都の元へ駆け寄ろうとするフェアウェイを必死で制止する香苗。

 その背後から・・・

「見つけましたよ♪」

 香苗が振り返ると、そこには長身の年配男性の姿が。 ドレイトンは嬉しそうにフェアウェイに手を伸ばす。

「この子に触るなぁぁっ!!」

 香苗が懸命に対抗するが、ヌイグルミであるこの姿では当然勝ち目がない。 簡単に放り投げられ、壁に叩きつけられた。

「フェ・・ア・・・ウェイ・・」

 気絶寸前の香苗の目に入ったのは、クエロマスカラに抱え上げられるフェアウェイの姿であった。



第八章 丘福ドームスタジアムへ続く。
================================

オマケ特典物語は >>続きを読むをクリックしてください。








≫ 続きを読む

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第八章 丘福ドームスタジアム

「てんこぶ姫・・・。あの天女の子を無事に送り届けることができたかな・・・?」

 ベッドの中でうっすらと目を開け、凛が独り言のように呟いた。

「凛っ! 気がついたっちゃね!?」

ギュゥゥゥゥゥッ!!

 千佳が抱きしめ、スリスリと頬擦りをし始める。

「千佳、ウザイっ! 離れてっ!!」

 凛は力いっぱい千佳を押し返した。 シクシクと涙する千佳。

「あっ!? 雷撃で受けた傷が殆ど回復している・・?」

「ワタクシが治癒の術を施したから。まだ若干のダメージは残っているかもしれないけど、とりあえず動けるようになったはず」

 浄化だけでなく、治癒系の術も使える青い妖魔狩人。
 凛は深々と頭を下げた。

「で、凛ちゃん。その・・てんこぶ姫というのは?」
 優里が再び話を戻す。



 凛は都と出会った事・・。そしてサンダーバードとの戦いまで、その経緯を話した。



「まだ、天女の子が無事に送り届けられたという情報は入っていない。この丘福市の何処かで上手く逃げ延びていてくれればいいが・・・」

 青い妖魔狩人は部屋の窓から夜の街並みを眺めながら呟いていると

「ちょっといいですか?」

 祢々が話しかけてきた。

 青い妖魔狩人の耳元で、二言・・三言話す祢々。
 そのうち青い妖魔狩人の目つきが険しくなっていった。

 振り向きざま凛や優里、千佳、金鵄を見渡すと

「最悪の情報が入った。 天女の子がエノルメミエドの手の者に拉致されたらしい」
 と語った。

 場の空気が一気に冷える。

「詳しい事情を知っている者がここに到着する。話はそれからだ」



 十数分後、凛や青い妖魔狩人の前に現れたのは七~八歳くらいの少年。

 それは子どもの姿をした妖怪『セコ』。

 普段、柚子村で凛たちのために情報収拾の役割をこなしている。

 そしてそのセコが抱きかかえている物は・・・

「あなたは、てんこぶ姫たちと一緒にいた・・!?」

r-vs-m_901.jpg

 予想外の再会に目を丸くする凛と金鵄。

「あたしの名は伊達香苗。なんつーか・・・こんな形(なり)だけど、元は人間の付喪神妖怪・・? っていうものらしい」

 香苗はそう言うとピョコっと頭を下げた。

「一時間程前、河端町の一角で人間離れした者同士の争いがあったと連絡があったの。手下に様子を見に行かせたら、荒れ果てた街の中にこの妖気を持ったヌイグルミが落ちていたそうよ」
 祢々は簡単に経緯を話した。

 香苗はピョコンと床に降りると凛の足元に歩み寄り

「貴方……、蜘蛛女と戦った妖魔狩人だよね?」

「えっ!? ええ・・そうですけど・・・?」

 香苗はそこまで言うと床に両手をつき額が擦れそうなくらい頭を下げ、すなわち深々と土下座をした。

「アイツの事は大っ嫌いだけど、今回だけは別・・・。 お願い! あの蜘蛛女を助けてやって・・・!」

 そのただならぬ決意に、凛たちは驚きを隠せなかった。

「いったい何があったの?」

 温和で軟らかい口調の優里が話しかけた。

 すると香苗は呆然とした顔で優里の顔を見つめ、

「アンタも・・・妖魔狩人だったんだ?」

 と小さく呟いた。


「えっ!?」


「い・・いや、こっちの事・・・。 それより・・えっと・・・。

 そうそう、奴ら・・マニトウスワイヤーって奴らがあたし達に襲いかかってきたんだ。 蜘蛛女はフェアウェイを守るために戦ったけど負けてしまって・・・。 あたしも蜘蛛女もさっきまで気を失っていたんだけど・・・・」

 ここまで言うと香苗の肩がワナワナと震えだした。

「アイツ、たった一人でフェアウェイを助けに行ったんだ!! ボロボロの身体のくせして・・!!」

「でもっ・・ちゃ・・・」
 今まで黙っていた千佳が問いかけた。

「その蜘蛛女・・。都市伝説では人を食べるような極悪な妖怪っちゃろ? そんなヤツが人間のために、そこまでするっちゃか!?」

 千佳の問いに香苗はしばらく黙っていたが

「アイツと一緒に過ごした時間はそれほど長くはないんだけど。たしかにあんたの言う通り、アイツは人を殺してその肉を喰う・・・。
 今回もフェアウェイと一緒にいたバレンティアっていう女性を食べた・・・」

 その言葉に凛も千佳も表情を曇らせる。

「でも・・その時バレンティアさんは瀕死の重症で、とても延命できる状態では無かった。
 そして食べた後にアイツ・・こう言ったんだ・・・・」

 この時ヌイグルミであるはずの香苗の目に、涙が溜まっていることに皆が気づいていた。

r-vs-m_902.jpg

「『貴方の意志とその想いは、差し出したその身と共にわたくしが全て引き継ぎました。 姫の冠にかけてこの生命に変えても、この子は無事に守りぬく事を約束しますわ』 ・・と」



 この場にいた誰もが言葉を失った。

「アイツは復讐代行なんて事を口実に気まぐれで人を殺したり食べたりもする最悪なヤツだけど・・・。でも・・約束だけは破ったことが無い」

 シンと鎮まり返った空気の中、凛がそっと口を開いた。


「てんこぶ姫を助けましょう!」

 その言葉に優里も千佳も黙って頷いた。

「ちょっと待ちなさい!」

 凛とした言葉が場の空気を遮った。

 その言葉を発したのは青い妖魔狩人・・・・。

「天女の子を手に入れた今、奴らはエノルメミエドの転生儀式をすぐにでも始めるはずだ。 かなりの魔力を使う為、早急に終わるような儀式では無いにしろ、おそらく明朝までには儀式は終えエノルメミエドが復活するだろう。 ・・となれば勝負は明朝まで。 もし復活を阻止できなければ我々に勝機は無い」

 緊迫した空気が辺りを包む。

「伊達香苗と言ったわね? 貴方、てんこぶ姫が何処へ向ったかわかる?」

「い・・いや・・・。アイツ、フェアウェイの匂いを辿っていくとか言って・・・」

 香苗の言葉に青い妖魔狩人は眉を潜めた。

「相当な魔力を使う儀式・・・、おそらく地の利の有効な場所で行うはず・・・。一体何処・・?」

「全員で手分けして探すしか・・ないっちゃないの?」

「それでは戦いになった時、圧倒的に不利・・・」

「みんな丘福市の地図よ!」

 祢々はそう言って市内地図をテーブルに広げた。


「魔力を上げるのに有効な地の利の条件と言うのは?」

 凛が金鵄に尋ねる。

「うん・・色々あるけど、古くから魔の儀式が行われていた場所とか・・・。もしくは魔力を上げる、六芒星の形を司る場所とか・・・だね。」


「六芒星・・・?」


 金鵄の助言を参考に目を皿のようにして地図を探る。

「これは・・・?」
 優里がある一箇所を指さした。

r-vs-m_903.jpg

「丘福ドームスタジアム・・!? それって神田川ボークスっていう、プロ野球チームのホームグラウンドじゃないっちゃか?」

「その辺は詳しく知らないけど。でも・・この形、殆ど六角形でしょう?」

「なるほど六芒星に当てはまる・・・。たしかにその可能性は高い」
 青い妖魔狩人も頷く。

「今日、そこではナイター試合が行われているはず」

「儀式で必要な生贄も充分事足りるわね」

「行きましょうドームスタジアムへ!!」
 凛がスクっと立ち上がった。










 地下鉄『東陣町』駅。

 神田川県が誇る施設の一つ、丘福ドームスタジアムの最寄りの駅である。


 地下鉄が急遽運行停止となっていたため、青い妖魔狩人の用意した車で到着した一行。

 もっとも一般公道も所々閉鎖されており、近辺に車両を停めて、警察等の目を掻い潜ってやっと辿り着いたのだが。
 駅に着いて、その原因がよくわかった。

 そこにはおびただしい数の負傷者や、死体が横たわっている。

 現場に駆けつけたであろう警官たちの姿もそこにあった。

 今現在、この地で二本の足で立って歩いているのは、パペット・マスターが操るマネキン人形化した者と、そしてこの地に憑依していたであろう霊魂や精霊が実体化した姿。

 おそらくこの者たちが、ここに倒れている人間たちを襲ったのであろう。

r-vs-m_904.jpg

「てんこぶ姫は、辿り着いているの?」

 凛は真っ先に都の姿を見つけようと、辺りを見回した。

「凛、先の方で何者かが戦っている気配がする!」

 上空から見渡す金鵄が、ドームスタジアムへ続く一本の道の先を見てそう叫んだ。

「先へ進もう!」



 凛たちはドームスタジアムを目指し、まっすぐ突き進んだ。

 途中十数体のマネキン人形たちが襲いかかってくるが、凛・優里・千佳・青い妖魔狩人・祢々。
 彼女たちは何度も妖怪と戦い続けた強者。

 次々と撃破し、さらに凛の浄化の矢や青い妖魔狩人の浄化の術で、マネキン人形を元の人間に戻していった。

「す・・凄いっ! これが・・妖魔狩人の実力なんだ・・・!?」

 金鵄にぶら下り上空から戦いを眺めていた香苗は、初めて見る妖魔狩人たちの戦いに驚きを隠せなかった。


「あそこだ!?」

 金鵄の声で辿り着いたその場所はドームスタジアム正面にある大階段。

r-vs-m_905.jpg

 そこへ続く大歩道の脇にある野外イベント用の敷地。

 凛たちの目に入ったのは、全身傷だらけで倒れ伏せている都とその前で佇むサンダーバードの姿。

「てんこぶ姫っ・・!?」

 すぐさま都の下へ駆けつける凛。

「あら・・、こんな場所でまた会うなんて・・。 野球観戦なら・・向こうの建物ですわよ・・・」

 軽口は叩いているものの、文字通り虫の息である。

「馬鹿なこと言っていないでっ!! 青い妖魔狩人さん・・・!」
 凛はそう言うと青い妖魔狩人を呼び寄せた。

「青い妖魔狩人さん。あなたの治癒の術でてんこぶ姫を回復させてください!」

 凛の言葉に青い妖魔狩人はチラリと都に目を向けたが、静かに首を横に振った。

「ワタクシにとって妖怪は敵。その敵の治癒なんてできないわね」

「今・・てんこぶ姫は天女の子を救い出すという共通の目的を持った、いわば仲間です! 治癒をお願いします!」

「できない」
 青い妖魔狩人はキッパリと答える。

 それを聞いていた優里、

「貴方と一緒に行動を共にしている祢々さん。彼女も妖怪ですよね?」
 と問い返した。

「祢々の一族は遥か昔からワタクシに仕えてきた。妖怪とはいえ信頼できる」

「なら、全ての妖怪が敵という考えは早計ではありませんか?」

「・・・・・・・」

「今回だけ目を瞑ることはできませんか?」
 珍しく食い下がる優里。

「わかった・・・」

 青い妖魔狩人は小さくため息をつくと、両手を高々と掲げる。
 水流の輪を作り静かに都の下に引き下ろすと、それは無数の水泡となって都を包み込んだ。

 凛自身も、そして以前も優里や千佳に行ったことのある、青い妖魔狩人の治癒の術。

「ありがとうございます・・・」
 凛は青い妖魔狩人に頭を下げた。




第九章 妖魔狩人VS闇の精霊へ続く。
===============================

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第九章 妖魔狩人VS闇の精霊

r-vs-m_1001.jpg

「ところで、あのケッタイな羽の生えた三つ首女は何だっちゃ!?」
 千佳がサンダーバードを睨みながら金鵄に尋ねた。

「気をつけるんだ! アイツが凛を倒したんだ・・・」

「あ!?」

 千佳のコメカミに血管が二~三本クッキリと浮き上がった。

「アイツが凛をあそこまでボロボロにした奴っちゃか?」

 見る見るうちに千佳の髪が真っ赤に逆立ち、右手は一回り二回り大きくなり灼熱の爪がモウモウと湯気を立ち上げる。

「だったら丁寧にお返ししてやらなくっちゃね!!」

 そう言った瞬間、まるで野生の獣のように一足飛びでサンダーバードの眼前まで飛び込んだ!

 だが、サンダーバードは慌てることなく指先を千佳へ向ける。
 同時に上空から激しい雷鳴とともに、雷撃が千佳に襲いかかった。


バリッ!バリッ!バリッ!・・・


 その衝撃の強さを物語るように千佳の身体は十数メートル吹き飛び、駐車してあった乗用車に頭から突っ込んでいった。

「千佳っ!?」
 凛が慌てて駆け寄る。

「くらえ~~~っ!!」
 その間、禰々子河童の祢々が金棒を振り上げサンダーバードに襲いかかる。

 だが、それも左手一本で軽々と止めてしまった。

 いや左手で止めたのでなく、左手と金棒の間に激しい電流の流れが見える。
 そう、サンダーバードは電流のバリアで攻撃を封じたのだ。

 そのまま電気の流れを強めると電磁石となり、金棒を持った祢々も軽々と吹き飛んでいった。

「なんて・・強さなの?」
 冷静に戦況を見つめていた優里は、改めてサンダーバードの恐ろしさを実感する。

「この・・クソ野郎っ・・・!!」
 崩れた乗用車の扉から全身傷だらけとなった千佳が這い出てきた。

r-vs-m_1002.jpg

「千佳・・、大丈夫・・・?」

「これがアイツの雷撃ってヤツっちゃか!? こんな痛いの・・凛は何発も受けたっちゃね?」

 千佳の着用している戦闘用の服も火鼠の皮から作られているためある程度の高熱にも耐えることはできるが、それでも千佳の全身に火傷の跡が見える。

「凛が受けた痛み・・・。ウチが何倍にして返してやるっちゃっよ!!」
 自身の痛みより凛の受けた屈辱ばかり気にする。それが千佳という少女。

「完全ではないが、動けるところまで治癒は終わった」

 丁度・・都の治癒も終り、青い妖魔狩人の言葉に合わせて都も立ち上がる。

「どういうつもりか解りませんが、今回は素直に礼を申し上げておきますわ」
 都はそう言って青い妖魔狩人に頭を下げた。

「このまま引き下がれるか!?」
 祢々も立ち上がり、再びサンダーバードを睨みつける。


「四人の妖魔狩人に、蜘蛛女・・、そして河童の女性・・・。このメンバーで一斉にかかれば、あのトーテムポールを倒せるかも・・・」

 上空で金鵄に摘み上げられた状態で様子をみていた香苗は、期待に胸を膨らませた。



「いえ、全員でかかるわけには行かないわね」


 そんな香苗の言葉に反するかのように、優里が一歩前に出た。


「優里お姉さん・・・・?」

「金鵄さんからこの敵の事は聞きました。相手は北米最強の精霊。簡単には行かないでしょうが、全員でかかればなんとか倒すことも可能かもしれません」

「なら、問題ないっちゃないの!?」
 千佳の言葉に首を振ると、

「問題は時間です。ここに到着してからもう40分以上が過ぎ、天女の子が拐われた時間も考慮すれば、これ以上の時間ロスは許されません!」

「一体何が言いたい?」

 青い妖魔狩人の問いに優里は皆を見回すと、

「私一人で相手をします。皆さんは先を急いでください!」
 と答え、薙刀を構えサンダーバードを見据えた。

「優里お姉さん無理です・・! みんなで戦ったほうが!?」

 さすがの凛も簡単には同意できない。

「凛ちゃん。私達が優先することは敵を全滅させる事ではなく、天女の子を救い出しマニトウスワイヤーの転生を阻止すること。
 だから、私はあの精霊を倒せなくてもいいの。みんなが先へ進む時間を稼げれば・・・!」

 優里の言葉に誰も言い返す事はできなかった。

「たしかに高嶺優里の言う通りだ。ワタクシ達は先へ進んだ方がいい」
 青い妖魔狩人は大きく頷くと、祢々を連れて真っ先に群を飛び出していった。

「そいつには借りがあるのですが、今はフェアウェイの連れ戻すことが先決!」
 都も気持ちを切り替え、その後に続く。

 そして・・・

「凛、ウチたちも行くっちゃっ!」
 千佳が凛を催促する。

 だが凛は、まだ不安そうな表情でその場をジッとして動かない。

 そんな凛に対し優里はこう告げた。

「凛ちゃんは私のことを信用している?」

「えっ・・? 優里お姉さんのことを・・・・?」

「そう。私のこと・・・」

 凛は少しうつむき加減で言葉を選ぶように考えていたが・・・

「信じています! 優里お姉さんの人柄も、優しさも・・・。そして強さも!」

「すごくいい答えだわ!」
 優里はそう言ってニッコリと微笑んだ。

「だったら、この場も私を信じて!」

「・・・・・・!?」

「私は絶対に死なないわよ!」

 いつも以上の優里の優しい微笑みに、凛はまるで一目惚れした男子のように釘付けになったが、やがて我に返ると、

「はいっ!!」

 と、慢心の笑みで返事を返した。

 そして何事も無かったかのようにその場を駆け出し

「千佳、早く行くよっ!!」
 と逆に催促した。

「う・・・うん・・!?」
 慌てて後を追う千佳。そんな千佳に、

「千佳さん!」

 と、優里が声を掛けた。

 足を止め振り返る千佳。


「凛ちゃんのこと・・・、任せたわよ!」

「!?」


 予想もしない言葉に千佳は一瞬我を見失ったが、

「ああ・・、任せるっちゃ! 次に化け物が現れたらウチが相手をする!!」
 と、いつものイタズラっ子のような不敵な笑みで返事を返した。

 その返答に優里は満足そうな笑みを浮かべると、薙刀を構えサンダーバードを睨みつけた。


 ― 高嶺さん、また後で必ず会うっちゃよ! ―


 千佳はそう呟くと速攻で凛の後を追っていった。

r-vs-m_1003.jpg


「別レワ、済ンダカ?」

 今まで傍観していたサンダーバードが待ちわびたように声をかけた。

「別れ・・・? あの子たちとはまた後で会います。だから別れの挨拶など不要です」

 「ホゥ・・!? ソレワ、ワタシ二勝ツ自信ガアル。ト・・イウコトカ? ソレトモ・・・?」

「できるなら戦いは好みません。 ですが、それが避けられないというのであれば、戦ってみればわかること!」

「フン、期待シテイルゾ!」

 そう言ってサンダーバードは右腕を高々と上げた。

 轟く雷雲・・・。

 それを見た優里の脳裏に浮かぶ、その雷撃の破壊力・・・。 先の戦いで敗北した凛・・・。 到着時に倒れ伏せていたてんこぶ姫の姿。 つい今しがた・・・吹き飛ばされた千佳。

 それらを見れば、どれほど恐ろしい攻撃力かがわかる。

 だが、たしかにその破壊力は凄まじいが、先ほどの千佳と祢々による攻撃を見て気づいた事が一つある。

 優里は、再度それを頭の中で整理するように一呼吸つく。
 そして薙刀を握りしめ、サンダーバードに向かって一気に駈け出した!

 向かってくる優里に対しサンダーバードは指先を向けた。
 激しい稲光と共に雷撃が優里を襲う!

 その瞬間優里は手にしていた物を、空中高く放り投げた。

 それは先程千佳が吹き飛ばされ突っ込み、崩れた自動車の扉の一部。


バリッ! バリッ! バリッ!


 サンダーバードの放った雷撃は優里ではなく、放り投げた金属の扉に直撃した!

「!?」

 サンダーバードが虚を突いたその瞬間に一気に間合いを詰める優里!

― 雷撃による短時間内の連続攻撃は不能!―

 それが優里の出した攻撃の糸口。

 サンダーバードはすぐに冷静さを取り戻し、電流による電磁石バリアを張って防御に入る。

 だが優里は薙刀を逆手に持つと、柄の端・・すなわち石突を突き立て一気に貫いた!


ズボッ!!


 優里が放った薙刀の石突は電磁石の網をいとも簡単に突き抜け、サンダーバードの鳩尾辺りに食い込んでいる。
 一見無表情なサンダーバードだが、微かに眉間にシワが寄る。

「私の薙刀は今は亡き麒麟の角から作られています。このセラミックに近い物質の柄は、いかなる電流も磁石も通じません」
 そう言って優里は手応えのあった柄をゆっくりと引き抜く。

 自身の鳩尾に手を当て優里を睨みつけるサンダーバードだが・・・

「ククク・・・・・」

 小さく、それでいて高いトーンで笑い出した。

「ナルホド。コノ小サナ島国ニワ、『侍』ト呼バレル戦士ガイルト聞イテイタ。ドウヤラ貴様ワ女デワアルガ、ソノ侍ト呼バレル戦士ノヨウダナ」

 サンダーバードは背中の翼を羽ばたかせると、優里との間合いを再び十数メートル開けた。
 そして、またも天高く右腕を上げ雷雲を轟かせる。

「また、雷撃・・・?」
 優里がそう思った瞬間!

 振り下ろした右腕と共に、激しい稲光が『サンダーバード』の身体を覆いこんだ!?

「な・・なにっ・・!?」

 自らに雷撃を食らわせたサンダーバード。
 青白い火花を散らしながら仁王立ちしたその姿は、不気味な微笑みをはなっている。

「相手ガ侍ガールナラ、コノワタシモ『サンダーバード(雷鳥)』ノ名ガ、伊達デナイ事ヲ見セテヤロウ」

 そう言って指先を優里に向けた。

 ピカッ!!っと、目がくらむような光を放った瞬間、鋭い突き刺すような痛みが優里の身体を貫いた。

「ああっ!!?」

 更に間を開けず立て続けに光が放たれる。
 二撃、三撃・・・と、次々に鋭い痛みが襲いかかってくる。

 たまらず膝をつく優里。

「まさか・・・。雷撃のエネルギーを自分の身体に蓄電し、それをレーザーのように撃ち放っているというの・・・?」

「ソノ通リ。雷ヲ自由自在二使イコナス。ダカラコソ・・・サンダーバードト呼バレル所以ダ」

 一撃一撃の威力は天空からの雷撃より若干落ちるが、間を開けず放ってくるためまるでかわしようが無い。
 次々に放たれる光電により、ついに優里はその場に倒れた。

― 速い・・・。落雷と違って・・攻撃が速すぎる・・。レーザー・・、まさしく光のように・・・。―

 そこまで思った瞬間、何かが引っかかった。

―光・・・? いや・・・違う。この突き刺すような痛みはまさに感電によるもの・・・。光線攻撃に似ているけど、これは紛れも無く電撃攻撃・・・!―

 そう呟き辺りを見渡す。

 そして優里の目に止まったのは、その付近に設置されている数々の照明や配線機器。

「これなら・・・!」















 その頃、ドームスタジアムに辿り着いた一行。

 正面ゲート(入口)をくぐり抜けると、そこはグッズショップやファーストフード、ドリンクコーナーなどが並ぶ、娯楽施設であった。

 通路を駆け抜ける一行の目に入るのは、マニトウスワイヤー一味に襲われたとみられる数多くの犠牲者たちの姿。

「野球観戦を楽しみに来たはずなのに・・・」
 凛の心は切り裂かれるような痛みが走る。

「むっ!?」

 先頭を走っていた青い妖魔狩人が、ピタリと足を止めた。

 見ると通路の先に一人の長身の男が立ちふさがっている。

「ほほーぅ。 人形たちから侵入者があったと知らせがありましたが、貴方達の事ですか?」
 長身の男・・・ドレイトンは、肉の塊のような物を頬張りながら不敵な笑みを浮かべた。


ガシャーンっ!!


 更に通路脇のファミレスの窓を突き破り、丸々とした物体も姿を現す。

 鳴り響くエンジン音・・・。 パンパンと弾けそうなデニム生地のオーバーオール。 不気味な皮で作られた面・・・。

r-vs-m_1004.jpg

 その姿を見て真っ先に反応したのは都。

「あら!? お久しぶりですわ、おデブさん体型の方・・・♪」
 ・・・と、チェーンソーを片手に現れたクエロマスカラを見て挑発する。


「デ・・デブ・・・、デブって言うなぁ・・・・!!」


 マスク越しでわからぬが、きっとその下は顔中血管が浮きまくっている事だろう。

 そんなクエロマスカラを宥めるように押さえ込むドレイトン。

「先程の蜘蛛女さんですな。エイダから完全に殺したと聞いていたのですが、なかなかどうしてしぶとい方ですね」

「ふん! またお会いできるなんて光栄の至りですわ。ちなみにわたくしが今、何を考えているか当然おわかりですわよね?」

 そう言う都の瞳は鮮血のように赤く輝き・・・
「貴方たちをぶち殺して、先程の借りを返して差し上げますわ!!」

 言葉が終わらぬうちにドレイトンたちに飛び掛った。

 ドレイトンの前に立ち、チェーンソーを振り上げるクエロマスカラ。

 だが・・・。


「ちょっと、待つっちゃあ!!」

 横から一陣の風のように、都に飛びかかった人物がいた。

 激しく転げまわる二人。

 都に飛び掛った人物。それはなんと千佳であった。

「な・・何をするんですのっ!?」

「それは、ウチのセリフっちゃっ!! アンタこそ、なにしとるん!?」

「わたくしはこの者たちへ復讐、リベンジをするところですわ!」

「今、そないな事しとる場合っちゃっろ!?」

「えっ!?」

 千佳は大きく息を吸い込むと・・・


「アンタが今せないかん事は、フェアウェイっていう子どもを助けることじゃ・・ないっちゃね!?」

 と一気に怒鳴り上げた。


「あ・・・・・」


 我に返ったように言葉に詰まる都。

「こいつらの相手はウチがする! アンタは凛たちと先へ進むっちゃよ!」

「ほぅ・・!? この中で一番バカな斉藤千佳にしては、賢明な判断だ」
 まるでアラスカの白い大地で二足歩行をするアフリカ象を見つけたような。そんなあり得もしない物を見たかのように、青い妖魔狩人は驚嘆していた。

「てめぇ・・・、後から絶対コロス!」

「千佳・・・あなた?」
 さすがの凛も心配そうに駆け寄った。

「心配ないっちゃ。こいつらをチョチョ~ンとぶっ倒して、すぐに後を追うっちゃよ!」

「で・・でも・・・?」

「それに・・・」

「・・・?」

「高嶺さんと約束したっちゃ。 次に化け物が出たらウチが相手をするって」

「優里お姉さんと・・・・?」

「ウチは絶対に負けへん! だから安心して先に行くっちゃよ!」
 千佳はそう言って、最高の笑みを浮かべた。


 絶対に負けない!


 以前にも千佳が放った言葉だ。

 そしてその言葉の通り、その時も千佳は無事に戻ってきてくれた。

 千佳の態度に少し驚きを隠せない凛だったが、

「わかった。ここは千佳に任せる!」
 と、お返しとばかりに最高の笑みを浮かべた。

「やば・・・っ、やっぱ可愛い・・・」

「えっ!?」

「い・・いや、何でもない。さっさと行くっちゃっよ!」

「うん!」
 千佳に後押しされ凛は都の元へ行くと

「ここは千佳に任せて先へ急ぎましょう!」
 と声を掛けた。

「しかたありません・・・」

 都はそう溜息をつくと、

「そこの半妖、ここは貴方に譲ります。しっかり役目を果たしなさいな」
 と悪し様に言い放つ。

「あ!? あんだ、その態度は・・・?」

 そう返す千佳をなぜかじっと見つめる都。そして・・・


「ありがとう・・・・」


 ポツリと呟くと、脱兎のごとく駆け出していった。

 そんな都に続けとばかりに青い妖魔狩人、祢々、そして凛が後を追う。


「ありがとう・・・? あの蜘蛛女が・・?」
 千佳はそう呟くと、口元が自然に緩んだ。

「さて、化け物退治を始めるやん!!」
 そして赤々と熱気を放つ右腕を、大きく振り上げた。




第十章 妖魔狩人たちの苦戦へ続く。
=============================

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第十章 妖魔狩人たちの苦戦

「しかし今更ながら、高嶺優里と斉藤千佳の二人だけを残し、先へ進んで大丈夫なのでしょうか?」
 銀髪長身、禰々子河童一族の二代目である祢々は心配そうに漏らした。

「大丈夫。あの二人は凛が信用している強い仲間。それに、セコに様子を見てもらっている。いざとなったらすぐに連絡してくれるはずだ」
 凛の頭上を飛びながら一緒について来る金鵄は自信を持って答えた。

「仮にあの二人が倒れても、ワタクシ達がエノルメミエドの復活を阻止すればいいだけの事。余計な心配は無用」
 先頭を走る青い妖魔狩人も坦々と返した。

 グランドへ向かう通路に入ると、そこはもう外野席に繋がっていた。

 外野席に足を踏み入れグランド内を眺める。
 ピッチャーマウンド辺りに二つの人影があった。


「フェアウェイっ!!?」

 思わず都が叫び声を上げた。


 そこには仰向けに寝かされているフェアウェイの姿と、アンナ・フォンの姿が。

 それを見て駆け出そうとする一行に、

「おやおや。ここから先は、部外者は立ち入り禁止ですよ!」
 と、外野席に腰掛けている一つの影が囁いた。

 それは、頭までスッポリとマントで覆い隠した黒い影。
 そう・・言わずと知れた、パペット・マスター!

r-vs-m_1101.jpg

 ゆらりと陽炎のように立ち上がると、同時に数十のマネキン人形が凛たち一行を包囲した。
 子どもから主婦……会社員まで。

 そして、あのチアガールたちの姿も見える。

 おそらく、この球場に来た人々全てをマネキンに変えているのだろう。

「この人たちを元に戻して!!」

 これにはさすがの凛も憤りを隠せなかった。

「人形は私の大事なコレクション。 『戻して』と言われて『ハイそうですか!』と、すんなり戻す気はないわ」
 パペット・マスターはそう言ってニヤリと笑う。

「どうしても元に戻したいのなら、私の息の根を止めることね。そうすれば私からの魔力供給が無くなり、こいつらは人間に戻るわ」

「なるほど、お前を殺せばいいだけの事か。簡単な事だな」
 そう言って青い妖魔狩人と祢々が一歩前に出た。

「青い妖魔狩人さん!?」

「先へ急げ若三毛凛。見境無く命を大切に考えるお前では、たとえ化け物相手でも簡単には殺す気にはなれないだろう?」
 青い妖魔狩人の予想外の言葉に凛は言葉を失った。

「わたくしは敵の命などなんとも思っておりませんが、そんな人形の出来損ないより、今はフェアウェイの方が先決! 先へ進ませていただきますわよ」
 都は何のためらいもなく手の平から糸を噴出し天井にある照明に貼り付け飛び上がると、マネキン人形たちを一気に飛び越え、グラウンド内に降り立った。

 そんな都を横目に青い妖魔狩人は話を続ける。

「そして儀式を妨害し、エノルメミエドの復活を阻止するのだ。それくらいならお前でもできるだろう?」

「ハイ、必ず復活を止めてみせます!」

 凛は大きく頷くと座席に飛び乗り、強化された跳躍力でマネキン人形たちを飛び越えていく。

「頼む、若三毛凛・・・」

 凛の後姿を見送りながらそう呟くと、パペット・マスターと対峙した。

r-vs-m_1102.jpg







 その頃、クエロマスカラたちと戦う為にショッピング通路に残った千佳。

 妖怪火山猫と融合し、半妖となった彼女の得意な戦法は一言で言えば『狩り』。

 今、千佳はファミレス店内に侵入し、テーブルや椅子を森の草木に見立て気配を消している。
 更にクエロマスカラが手にしているチェーンソーの大きなエンジン音が、逆に・・その効果を高めていた。
 気配を完全に消し静かに近寄り間合いに入ると・・・・。

 一気に飛び掛り、その右腕の鋭い灼熱の爪で喉元を切り裂くっ!!


ザクッッッ!!


「うぎゃあああああっ!!」


 断末魔の叫びを上げ、血飛沫を撒き散らしながらクエロマスカラの大きな身体は、地響きを立てその場に沈んだ!

「よしっ! ちょろいもんやね!!」
 ドヤ顔で倒れた『死体』を見下ろす。

「さて、あとはあのオッサンやけど・・・・?」
 そう言って店内を見渡すと、ドレイトンは厨房のコンロでハンバーグを焼いていた。

「なんだっちゃ、あのオッサンは!?」
 思いもよらないその姿に大きな溜息をつくと。
「ま・・・あんなオッサンなら無理して倒す必要はねぇっちゃね!」
 と、その場を後にしようとした。


 その背後に、チェーンソーを振り上げた大きな身体が立ち上がっている事も気づかずに。









バリッ・・! バリッ・・! バリッ・・!


 眩い光と音が響き渡る。

 巨大な雷撃のエネルギーを自らの身体に蓄積し、それをレーザーのように凝縮し連続攻撃を繰り返すサンダーバード。
 だが、その攻撃は全て優里の薙刀に防がれていた。

 いくらレーザーのような攻撃であっても、その根本は電流であると見抜いた優里は、野外イベント用の照明機器に繋がっている配線。すなわち『銅線』を薙刀に巻き、片方を金属製の電柱に結びつけアースにし電気伝導線を作り上げたのだ。
 これにより、薙刀で受けた電撃は銅線を伝わって電柱へ流れていく。

「電線に止まっているスズメが感電しない理屈ね」

 幾重もの攻撃を防がれ、さすがのサンダーバードも困惑の色が見え始める。

「ナルホド。オマエワ雷・・・。イヤ、電撃ニツイテ、アル程度ノ知識ヲ持ッテイルヨウダ」
 攻撃を止め、サンダーバードは優里に話しかけた。

「ダガ見タトコロ、ソノ仕組ワ、攻撃ヲ防グ事ワ出来テモ、自分カラ攻撃ヲ仕掛ケル事ワ、出来ナイヨウニ見エル」

「・・・!」

「ズット、タダ攻撃ヲ、防ギ続ケル”ダケ”ノツモリナノカ?」
 サンダーバードの予期しない問いに、優里は少し躊躇いを見せたが

「ええ。私がここに残った一番の目的は貴女を倒すことでなく・・・、仲間がマニトウスワイヤーの復活を阻止する時間を稼ぐこと」
 そう言い返した。

 その返事にしばらく沈黙を守ったサンダーバードだが


「ツマラン!!」


 そうキッパリと吐き捨てた。

「ワタシガ、ナゼ貴様一人ヲ、ココニ残ス事ヲ許シタト思ウ?」

「?」

「ワタシワ空ヲ飛ブ事ガデキル。ソノ気二ナレバ、スグ二貴様ノ仲間ノ後ヲ、追ウ事モ出来タ。ダガ、ソレヲシナカッタノワ、貴様ガ『一番強ソウ』ダッタカラ」

「!?」

「貴様トノ、一対一ノ戦イノ方ガ、面白ソウダッタカラ。ダカラ・・アエテ残ッタノダ」

 思わぬサンダーバードの言葉に優里は身震いをした。
 それは恐怖による震えではなく、一人の武術者としての武者震いに近いもの。

「ダガ、貴様ワ時間稼ギナドト、我々ノ戦イヲ侮辱シタ。トンダ・・侍ガールダッタ」
 心の底から失望したように、大きな溜息をつくサンダーバード。

「・・・・・・・」

「モウ貴様トノ戦イワ、ココマデダ。ワタシワ球場ヘ行キ、マニトウスワイヤー復活ノ援護ヲスル」
 サンダーバードはそう言うと、背中の翼を大きく広げた。

「それは許しません!!」
 今まで何も言い返せなかった優里だが、これだけはキッパリ言い返した。

「・・・?」

「たしかに私は武術者として貴女を・・・この戦いを侮辱したかも知れない。その非礼はお詫びします。でも・・・」

 そこまで言うと、優里は鋭い目つきでサンダーバードを睨みつける。

「でも・・・貴女が球場へ行けば、また凛ちゃんと戦う事になる。それだけは何があっても許しません!!」
 優里はそう叫び、薙刀に巻きつけていた銅線を全て解き捨てた。

「いいでしょう! 北真華鳥流の奥技を持って貴女をこの大地に倒し伏せてみせます!!」

 爛々と瞳を輝かせ、優里は薙刀を水平に構えた。

「ククク・・・! オモシロイ!」

 サンダーバードは満身の笑みを浮かべると、背中の翼をたたみ大地にしっかり足を降ろした。










「でやぁぁぁぁっ!!」

 長い金棒を振り回し、襲い掛かるマネキン人形たちを次々に薙ぎ倒す祢々。

 河童の一族と馬鹿にしてはいけない。
 禰々子河童は全ての水棲妖怪の頂点に立った一族。 そしてその怪力は地獄の鬼にも、全く引けをとらない。

r-vs-m_1103.jpg

「ふ~ん・・・。妖怪とはいえ戦う女の姿は美しい。私のいいコレクションになりそうね♪」
 パペット・マスターは激しい戦いをする祢々を見つめ、不敵に微笑んだ。

 そんなパペット・マスターに一輪の水流の輪が襲い掛かった!

 寸前に気づき、そばに居たマネキン人形を盾にしてそれを防ぐ。

「ほぅ・・・? こんな不意打ちみたいな攻撃をしてくる奴もいるとは・・?」
 攻撃を仕掛けた青い妖魔狩人を見つけると嬉しそうに笑う。

「水流輪っ!!」
 それでも次々に攻撃を仕掛ける青い妖魔狩人。


バサッ!!


 身に着けていたマントを振り払い、水流輪を弾き落とす。

「見縊られたものね。この程度の霊術で私がやられるわけが無いじゃない!?」
 パペット・マスターは鼻で笑った。

 だが……そんなパペット・マスターも、足元に少しずつ迫っている『水溜り』には、気がついてはいない。

 狙ったように青い妖魔狩人は指先をクィっと上げる。
 すると水溜りは一気に壁のように跳ね上がり、パペット・マスターを覆い囲んだ!

「な・・・なにっ!?」

 仰天したパペット・マスターを、水の壁は包み込むように被さっていく。

「ワタクシも水流輪でお前を倒せるとは思っていない。この術から注意を逸らすための目くらましにすぎない」

 大きな青い水疱の中でもがき苦しむパペット・マスターを見つめながら、青い妖魔狩人は勝利を確信していた。
 数十秒が経ち水泡が静かになった事を知ると、青い妖魔狩人は術を解いた。
 流れ落ちる水の中から現れたのは・・・・

「な・・!?」

 そこには、五~六人の若い女性が倒れている・・・!?

「ど・・どういう・・事だ!?」

 思いもしない出来事に、その場に固まったように立ち尽くす青い妖魔狩人。

「それは、私が持ち歩いていた、フィギュア人形が元の姿に戻ったもの」
 倒れていた女性たちを跳ね除け、その下からパペット・マスターが立ち上がった。

「私は人間を好きな人形に変える事ができる。それがマネキンだろうと・・ヌイグルミであろうと。そして・・・フィギュアであろうと!」
 ドヤ顔で語るパペット・マスターに呆然とする青い妖魔狩人。

「貴方の術が相手を傷つける為の攻撃魔法ではなく、浄化する為の霊術だということは最初の水流で気がついていた」

「・・・・・・・」

「だから水泡の中で持ち歩いていたフィギュアをばら撒いたわけ。案の定・・・貴方の浄化の術は、私の呪術で人形になった者たちを優先して浄化し、私の浄化まで及ばなかったという事」

「く・・・・っ」

「私を殺すとか言っていたけど、貴方は水属性の術者。浄化や治癒の術は得意そうだけど、たいした殺傷能力は持っていない。だからあんな戦闘力の高い河童なんか連れ歩いているわけね」

 おそらく、凛や金鵄ですら気づいていない青い妖魔狩人の特性を、パペット・マスターは次々に言い当てた。

「フッ・・!」

「?」

「たしかにワタクシは物理的威力を発揮する術は持ち合わせていない。だが、それだけでワタクシの全てを解ったつもりになってもらっては困る」

 青い妖魔狩人はそう言うと、周囲に無数の小さな水泡を漂わせた。

r-vs-m_1104.jpg

「なに・・これ?」

 パペット・マスターは、シャボン玉のように漂う水泡の一つを指先で弾いた。


パツン!


 水泡が弾け散ると同時に緑色の半透明の液体が指先に付着する。

「これは・・・毒っ!?」

「そう。たとえどんな妖怪でもその動きを封じ込める事のできる・・神経性の猛毒! お前を直接殺すことは出来なくとも、その動きを封じる事はできる」

 ただでさえ頭巾越しで表情のつかめない青い妖魔狩人だが、今回ばかりは目の動きだけで笑みを浮かべていることが容易につかめた。

「ククク・・・・・♪」

「!?」

「たしかに頭巾越しで表情は掴みにくいけど、どれだけ平静を失っているかは容易につかめるわ!」
 パペット・マスターは口端が耳まで届きそうなくらい大口を開けて笑い始めた。

「仰るとおり私が生物である妖怪ならば、この毒は大きな効力を発揮したでしょう。だが・・私のこの肉体は血も肉も・・・、まして神経など全く無いただのマネキン人形。したがって毒などまるで通用しない!! そこまで頭が回らないとは、どれだけ平静を失っているのやら」

 そう言って一足飛びで間合いに入ると、青い妖魔狩人の首筋を鷲掴みした。

「まずは、その頭巾の下の顔を拝見させてもらいましょうか?」
 パペット・マスターは青い妖魔狩人の頭巾に手をかける。

「ま・・待てっ、貴様ぁぁっ!!」
 その様子が目に入った祢々は、加勢に向かおうとマネキン人形たちに背を向けた。


グサッッ!!


「!?」


 その瞬間、わき腹に何かが突き刺さる感触が・・・。 それは、真っ赤な蒸気のような靄を発する短剣。

「あ・・あ・・・・」

 祢々は呆然としたまま二~三歩進んだが、その長身でグラマラスな身体は消滅したかのように姿を消し、代わりのその場所に、小さなヌイグルミが転げ落ちていた

r-vs-m_1105.png


 それは祢々にそっくりなヌイグルミ。
 例の赤い短剣で、祢々はヌイグルミに変えられてしまったのだ!

「祢々・・・!?」

 目を皿のように丸くする青い妖魔狩人。

「驚くことはないわ。貴方もその素顔を拝見したあと、可愛いお人形に変えてあげる♪」
 パペット・マスターはそう言って青い妖魔狩人の頭巾を剥ぎ取った!












「な・・・なんだっちゃ・・、あいつは・・!?」

 最初に戦いを開始したファミレスから離れ、別の店に駆け込み・・カウンターの下に身を潜める千佳。

「なんで・・。なんで……あいつは死なないっちゃ・・?」


 一番最初にクエロマスカラの喉元を灼熱爪で切り裂いた千佳。

 だが、ヤツは再び起き上がり千佳に襲い掛かってきた。

 それでも千佳は自分の戦法を守り、二度目はクエロマスカラの胸を貫き・・・。

 三度目はその腹を引き裂いた。

 どちらも間違いなく致命傷だった・・・・。

 にも関わらず、ヤツは三度立ち上がってきた。まるで何事もなかったかのように。

 ついに千佳は戦いから背を向け、逃げ出したのだ。
 倒しても・・・・、倒しても・・・起き上がってくる恐るべき敵から。


 エンジン音が通路に鳴り響く。 ヤツが行ったり来たりしているのがわかる。

「探している・・・・。あいつがウチを・・探している・・・。」

 身体の震えが止まらない。 心の奥底から来る、心臓を握りつぶされるかのような震え。

「怖い・・・・怖い・・・・」

 いつも強気な千佳が初めて恐れをなしている。
 人間が持つ『恐怖』という感情に付け加え、『勝てない敵』に対する妖怪としての本能から来る脅え。
 芯から味わう絶望感。

「見ヅけた・・・・・」

 頭上から声が聞こえた。
 見上げると、カウンター越しにクエロマスカラの皮膚マスクが目に入る。

「あぁ・・あ・・・」


ガガガガガ・・ッ!!


 クエロマスカラのチェーンソーが、容赦なくカウンターを切り裂いた。


「うあぁぁぁぁっ!!」


 悲鳴を上げ、尻込みしたまま逃げまとう千佳。
 彼女が逃げ込んだ先は、最初の戦いの場・・・。 ファミレスだった。




第十一章 妖魔狩人の反撃へ続く。
==================================

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第十一章 妖魔狩人の反撃

 千佳が逃げ込んだファミレスの厨房で、ドレイトンは焼き上げたハンバーグを美味しそうに頬張っている。

r-vs-m_1201.jpg

 ドレイトンは逃げ込んだ千佳に気づき、
「まだ、生き延びていたのか? 思ったよりしぶといですね!」
 と嬉しそうに微笑んだ。

 人間なのに人間とは思えない・・不気味な笑顔。

「ここに、いたか・・・」
 更に背後にクエロマスカラが追いついてきた。

「エイダ、いつまで遊んでいるんです? 早く捕まえて、その娘も美味しいハンバーグにしてしまいなさい♪」

「うーん。でも・・・・パパ。コイツ人間じゃなくて獣のような匂いがする。きっと・・美味しくない」

「相変わらずエイダは好き嫌いが多いですね。そんな事だから大きくなれないんですよ?」
 ドレイトンの言葉に千佳は唖然とした。

 大きくなれない・・・だって? 十分・・デカイっちゃ!

 それよりアンタの方がずっと食べ続けていて、よく太らないもんだっちゃ!?  きっと栄養がどっかに飛んでるんじゃないっちゃね?

 千佳は頭の中でそう突っ込んでいた。

 ん・・っ!? 栄養がどっかに飛んで・・・?

 何かが頭に引っかかる。

「ねぇ・・パパ。アタシこんな獣より、さっき見た黒い子どもの肉が食べたい」

「黒い子ども・・? ああ、先へ進んだ、黒い衣服に身を包んだ少女の事ですか?」

「ウン、あの子・・・♪ 霊力も高そうですごく美味しそう!」

 霊力が高くて黒い衣服の少女・・・・?

「凛の事・・ちゃかぁぁっ!?」

 千佳は思わず叫び声を上げた。

「凛・・? ほぅ、あの少女・・凛という名ですか? 良い名ですね。たしかにあの子は小柄で肉付きはたいした事はなさそうでしたが、身質は良さそうでした。きっと美味しいだろうね♪」
 そう語るドレイトンの口元には涎が垂れている。

「ふざけんなぁぁぁっ!!」
 凛を食べると聞いて、千佳の顔に血の気が戻ってきた。

「てめえ等なんかに、絶対に凛は喰わせねぇっちゃよ!」

 逆立った髪も更に炎上するかのように赤みを増し、灼熱爪もモクモクと蒸気を放っている。
 そう、誰よりも凛を大事に・・・。いや、凛を愛しているといっても過言ではない千佳の想いが、一気に彼女を立ち直らせた。

「んっ、凛・・・?」

 と同時に何かが頭の中で繋がり始めた。

 そう言えば、以前ウチが記憶を取り戻し始めた時に見た凛が戦っていた相手・・・・。
 それは、土人形を操る・・・独楽(こま)の妖怪・・・!!

r-vs-m_1202.jpg

 喰っても太らないオッサンと、好き嫌いの多いデブ。 一見まるで繋がりのない、点と点。

 もしかして、あのデブと・・あのオッサンは・・・!?

 何かを掴んだ・・千佳。灼熱爪の右腕を振り上げ飛びかかった先は・・・

「な・・なんですとーっ!?」

 まさかの突撃に必死に身を避けるドレイトン。

 振り払う灼熱爪。

「ぎゃぁぁぁっ!!」

 血飛沫と共にドレイトンの胸元に大きな爪痕が残る!

 悲鳴は背後からも聞こえた。

 なんと、背後から襲いかかろうとしていたクエロマスカラの胸元にも、ドレイトンと同じ・・大きな爪痕が!!

「やっぱりそうっちゃ!」 
 千佳は二人に付いた同じ爪痕に確信を感じた。

「詳しい理屈はわからんけど、このデブの本体は・・・オッサン!! だから、このデブは死なないっちゃね・・・?」

 千佳の推測通り、クエロマスカラはドレイトンの思念が生み出した魂の無い・・もう一つの肉体のようなもの。

 十数年前、ドレイトンは事故で実娘エイダを喪った。
 その頃のドレイトンはある宗教を信仰していた。
 それは動物も人間も同じ命。だから、差別なく同様に殺しても食べても良いものだという教え。
 そのせいか、いつの頃からか・・闇の魔力を身につけ、ついにはその力でエイダを実体型思念体として蘇らせた。
 実体型思念体の為、蘇ったその身体は生命体本来の『命』というものは持ち合わせていない。
 だから、どんなに致命傷を負っても何事もなかったように動き続けられるのだ。

「カラクリはわかったっちゃ。一気に決着(ケリ)をつけて、凛を喰いたいなんて言ったこと後悔させてやんよ!!」

 再び千佳は、灼熱の右腕振り上げドレイトンに向かう。

「パパを・・虐めるなぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
 そんな千佳にクエロマスカラが立ちはだかる。

 轟音と共に振り下ろされるチェーンソー。

 闇の魔力が篭ったチェーンソー。その攻撃力は防御力の高い戦闘服を着ていても、並みのダメージでは済まない。

「ちっ! 鬱陶しい回転ノコギリっちゃね! せやけど・・、まずはアレをぶっ壊さないとあのオッサンを攻撃できそうにないし・・・」

 そう呟くと、千佳は自らの右腕・・・灼熱爪に目をやった。

「いくらウチにとって最強の灼熱爪でも、あんなノコギリとまともにぶつかりあったらズタズタになるやろね・・・」

 当然の躊躇いだ。
 だが、またも頭の中で凛の顔が浮かぶ。

「絶対に負けないって、約束したっちゃね・・・」

 そう呟き決心したようにニコリと微笑む。

 迷いが吹っ切れた千佳。
 それは精神的だけでなく、半妖としての能力すら高めていた。

 頭部には燃えたぎるような髪の中に猫のような三角耳が立っており、鋭く睨みつける瞳は瞳孔が縦長になっていた。

「ぶっ壊してやるちゃ! 後悔すんなよ、この・・デブぅ~っ!!」

「・・んだと!? このクソチビがぁぁっ!!」
 一目でわかる弩級の怒り!

 チェーンソーを振り上げ千佳に襲い掛かるクエロマスカラ。


「うっせぇぇぇぇぇぇっ!!」


 その高速回転している刃に向けて、千佳は右腕の灼熱爪を突き出した!

r-vs-m_1203.jpg

ガリッ!ガリッ!ガリッ!ガリッ!


 耳障りな音が鳴り響く!


バギッッッ!!!


 クエロマスカラのチェーンの刃が・・・・・。

 そして千佳の右腕の中指、薬指、小指・・三本の爪が・・・。


 鈍い音と共に砕け散った!!


「うぎゃぁぁぁぁぁつ!! アタシの・・アタシの・・・チェーンソーがぁぁぁぁ!!?」

 狂ったように慌てふためくクエロマスカラ。

 今、この時をおいてドレイトンを討つ間は無い。
 千佳は激しい痛みを堪えながら、一気にドレイトンに詰め寄ると・・


ズブッ!!


「ひぃぃぃぃっ!!」

 千佳は残った人差し指の爪でドレイトンの胸を貫いた!

 突き刺さった爪から灼熱の炎が流れこむ。 同時にその体内のアチコチから炎が吹き出し、


ゴォォォォォッ!!


 激しい火の粉を撒き散らしながら、ドレイトンは全身火達磨となった。

「ぎゃぁぁぁぁぁつ!!」

「パ・・パパ・・!?」

 火達磨となり、のたうち回るドレイトン。
 慌てて駆け寄ろうとしたクエロマスカラだが・・・・

「あぎゃぁぁぁぁぁっっ!!」

 ドレイトンの身体とリンクしているクエロマスカラも、身体のアチコチから炎が吹き出す。
 瞬く間に二体の火達磨が蠢く店内。

r-vs-m_306.jpg

「エイダ・・・」

「パパ・・・」

 手と手を触れ合う事もできず、闇が生んだ狂気の親子は文字通り地獄の業火に包まれ焼け落ちていった。

「やったよ・・凛・・」
 激しく肩で息をしながら千佳はその場に座り込んだ。

 そして砕け散った右手を満足そうに・・。それでいて少し悲しげな表情で見つめると、そのまま眠るように気を失った。











「凄い!! 優里さんの霊力が尖先に凝縮されている・・・? その力は雷撃の威力に匹敵するかもしれない・・・!?」

 薙刀を水平に構える優里。
 薙刀の尖先に白い光のようなものが浮かび上がり徐々に大きくなっていく。

 それだけでは無い。

 それに釣られるように優里の周囲は大気が陽炎のように歪み、地響きのような振動すら感じられる。

 物陰に隠れて様子を見ていたセコは初めて見る優里の奥技に・・。 そして、その『気』の大きさに驚きを隠せない。

「確カニ、貴様ガ繰リ出ソウトシテイル技ワ、ワタシノ雷撃ト同レベルノ威力ガアリソウダ。ナラバ、ワタシワソレ以上ノ最強ノ術ヲ繰リ出ソウ!」

 サンダーバードはそう言うと右腕を高々と上げる。
 激しい雷鳴が轟く。


バリッ!バリッ!バリッ!


 大きな落雷がサンダーバード自身を襲った!!
 だが、サンダーバードは更に右腕を高々と上げる。

 漂う雷雲から、再び大きな落雷が爆音と共にサンダーバードを襲った。


バリッ!バリッ!バリッ!・・・


 二発の雷撃を受け、そのエネルギーを蓄積したサンダーバード。

 さすがに少しダメージを受けたのか? 足元がやや・・ふらついている。 

 サンダーバードはそのあと左右の手から片方ずつ、青白い火花を放つ二つの球体を繰り出した。
 その二つのエネルギー球を強引に一つに組み合わせ凝縮し、一つの大きなプラズマエネルギー球に変えた。

「な・・・なんて、凄まじいエネルギーの球体!? 雷、二発分の威力を持った術なんて、そんな術は見るのも聞くのも初めてだ・・・」

 セコの言うとおり、それは雷二発分の威力を持ったプラズマエネルギーの凝縮体。
 おそらく半径数百メートルは一瞬で焼け野原になるだろう。

 一方、薙刀を構えたまま霊力を尖先一点に集中し技を仕掛ける準備をしていた優里。
 白色の大きな霊力の塊を刃に備え、水平の構えのまま右腕を引き左手で刀身を軽く支える。

 妖魔狩人と北米の精霊。

 最強同士の二人が、意地と底力を掛けてぶつかり合う瞬間!!

「プラズマトワイス・・・」

 先に仕掛けたのはサンダーバード。
 大きく腕を振りかぶり、火花散る大きなプラズマエネルギーの球体を爆音と共に撃ち放った!!

 火花と暴風を放ちながら突き進むプラズマトワイス。

 その球体が通り過ぎたあとは、アスファルトもタイルもボロボロに焼き崩れ、大地がむき出しになっている。

 それに対し優里は一呼吸・・間を置おくと、見極めたように一気に駈け出した!


「北真華鳥流奥技! 不撓穿通(ふとうせんつう)!!」


 霊力の塊を纏った薙刀を突き出しながら、優里自身が白色の閃光となり高速で突進していく。

 本来は闘気を一点に纏い、自らを刃と化し突進するのが北真華鳥流不撓穿通。
 だが優里の不撓穿通は、闘気どころか生まれ持った強力な霊力をも纏っている。
 その威力は本家不撓穿通の十倍以上。

r-vs-m_1204.jpg

ズザザザァァァン!!


 中央でぶつかり合う、プラズマエネルギー球体と白色の閃光!!
 一見互角に見えるぶつかり合いだが、徐々に・・・徐々に・・に、プラズマトワイスが不撓穿通を押しのけていく。

 それは、サンダーバードの操る通常の雷撃エネルギーを仮に『3』という数値で表すと、優里の不撓穿通の威力はほぼ同格くらいである。

 それを察知したサンダーバードは二つの雷撃エネルギーを足し合わせ二倍の威力にした。

 したがって現状のままではプラズマトワイスが不撓穿通を跳ね除け、優里が吹き飛ばされるのは目に見えている。

「このままでは、優里さんが・・・・!」
 徐々に後退する白色の閃光を見つめながら、セコは焦りと恐怖を隠せない。

「たしかに・・・凄い術です! でも・・・」
 押し返されないように歯を食いしばりながら踏ん張っていた優里。

 だが・・ここでフトっ、口元を緩ませると、

「乗っ!!」

 そう叫び、手首をグルっと捻りこむ。。
 その途端、薙刀に纏っていた白色の霊力が大きな螺旋状に回転し始めた。

 激しい地響きと軌道上の大地・・。
 アスファルトや石が土砂が・・・。そしてまわりの電柱や樹木ですらも、回転で抉られるように舞い上がっていく。
 その激しい回転に合わせ突進する優里は、いわば白色のスクリュー。

 威力を増した不撓穿通は、逆にプラズマトワイスを押し返していく!

「ナ・・・ナンダ、コノ・・威力ワ・・・ッ!? 何故、私ノ術ヲ上回ル・・威力ニナッテイル!?」

「見誤っていましたね。今の私は高嶺優里という一人の武術者ではなく、白い妖魔狩人というある意味・・別の存在であるということを・・・!」

 揺るぎない自信を秘めたその表情。

「私は白い妖魔狩人という存在になったその時から、霊獣…麒麟の力も受け継いでいるのです!」

「そうか! 地響きを上げている螺旋状の術は麒麟の霊力によるもの・・・!?」
 セコが思い出したように呟く。

「貴方が見定めた不撓穿通の威力『3』というのは高嶺優里個人の力。ですが・・この技・・『不撓穿通・乗』は、白い妖魔狩人になったことで二乗化された威力になっているのです!」

「ツマリ、私ノ術ヨリモ、大キク上回ル!!?」

 サンダーバードが全てを諦めたように大きく溜息をつく。

 その瞬間、不撓穿通に押し返されたプラズマトワイスは大きく四散し、そのまま白色のスクリューがサンダーバードを貫いた!!


バキッ・・バキッ・・バキッ・・!!


 激しい閃光がサンダーバードの覆い隠す。

「やったぁぁっ!! 優里さんの勝利です!」
 大喜びで駆け寄るセコ。

 そんなセコに優里はニコリと微笑むと・・・
「うう・・・っ」
 その場に跪いてしまった。

r-vs-m_1205.jpg

「優里さん、大丈夫ですか!?」
 心配そうにその身体を擦るセコ。

「ええ・・大丈夫。あの技は文字通り・・私の全身全霊の力を振り絞らないと使えない技」

「今まで使わなかったのは、そのためですか?」

「そう。先程までの私は後の事を考え、力を温存しておこうと本気で勝ちにいきませんでした。でも・・それは一対一の戦いにおいて最大の侮辱」
 優里はそう言って己の手のひらを見つめる。そこには・・わずかに残った霊力が漂っていた。

「だから全霊力を・・、全身体能力をも・・出しきりました。そうしないと勝てない相手だったから・・・・」
 優里は跪き、フラつきながらもそう微笑んだ。

「アリガトウ・・・」

 閃光が消えると、仰向けに倒れたサンダーバードがそう話しかけてきた。

「素晴ラシイ技ダッタ。アレニ敗レタノナラ、納得ガイク・・・」
 そう言うサンダーバードの全身はズタズタで激しい出血をしており、もはや虫の息だ。

「全力デ戦ウ。ソレワ相手ニトッテ、最高ノ敬意。ソノ敬意ヲ表シテクレタ侍ガールニ、私モ礼ヲシタイ・・・」
 サンダーバードはそう言って右手を突き上げた。

 手の平から青白い火花が散っている小さなエネルギーの球体が浮かび上がる。
 それはゆっくりと宙を漂いながら優里の薙刀へ辿り着くと、その中へ消えていった。

「こ・・これは・・・?」

「僅カダガ、私ノ力モ引キ継イデモラッタ・・・」

「サンダーバードっ!?」

 サンダーバードは初めて安らかな笑顔を浮かべると

「goodbye・・・」

 そのまま粒子となり、そして静かに消えて無くなった。












「フーン。偉そうな口を叩くから、どんだけふてぶてしい顔かと思いきや、結構可愛らしいじゃない♪」

 青い妖魔狩人の首筋を鷲掴みにしたまま頭巾を剥ぎ取ったパペット・マスターは、大きく口端を上げた。

 初めてその素顔を見せた・・青い妖魔狩人。
 その素顔は十代半ばくらいの愛くるしい美少女のものだった。

r-vs-m_1206.jpg

「その可愛らしさは、マネキン・・・よりも、フィギュアの方がいいわね! うん、決めた! フィギュアにして、私の部屋に飾ってあげるわ♪」
 そう言って、不気味な笑顔を近寄せるパペット・マスター。

 青い妖魔狩人はパペット・マスターの手を外し逃れようとしたが、逆に取り囲んでいるマネキンたちに両腕両足を取り押さえられてしまった。
 一気に青褪める・・青い妖魔狩人。

「恐れなくていいわ。すぐに気持ちよくさせてやるから・・・」

 パペット・マスターはそう言って青い妖魔狩人の胸に手を触れた。
 そして優しく擦ってやる。それはまるで、産まれたての雛を触るように優しく丁寧に・・・。

「うっ・・・」

 まるで現実から逃避するかのように、思わず顔を背ける青い妖魔狩人。

 胸を擦るパペット・マスターの動きが少しずつ速くなり、時折揉みほぐしたり指先で胸の先端をクリクリと摘んだりする。
 それに伴い、青ざめていた青い妖魔狩人の頬もほのかに赤身を帯びてくる。

「フフ・・・」
 それを確認すると、パペット・マスターのもう片方の手は青い妖魔狩人のスカートの中へ忍んでいった。
 柔らかい内腿をなぞり、そして・・その付け根にある薄く白い布地に触れる。

「あ・・・っ!?」

 思わず声を漏らす青い妖魔狩人。
 パペット・マスターの指先は、そのまま白い布地を行ったり来たりと撫ででいく。

「だ・・・ダメっ!!」

 硬直したように、大きく仰け反る青い妖魔狩人。

「ウフッ! やはりまだ、そういう経験はないのね♪」
 ハァ・・ハァ・・と息を荒げながら、暖炉のように火照った青い妖魔狩人の表情を楽しむパペット・マスター。
 小さな口端から一筋の涎が垂れているのを見ると、ペロリと舌ですくい取った。

「甘く、上品な味・・・♪」
 更に白い布地の上で踊るように動きまわる指の動きに、もはや青い妖魔狩人は狂ったように仰け反るのみであった。

r-vs-m_1207.jpg


「いいわね! その昂った魂・・・そろそろ頂くとするわ!」

 そう言ってパペット・マスターは青い妖魔狩人の唇に、強引に己の唇を押し当てた!
 舌で口内を舐めまわしその味を堪能すると、パペット・マスターは大きく息を吸い込む。

「う・・ぐっ・・・」

 小刻みに身体を震わせる・・青い妖魔狩人。

 どんなに弄ばれてもキリリと切り上げていた眉尻は、やがて力が抜けたように垂れ下がり、全身もグッタリし始める。

「ごちそうさま、過去・・1~2を争う程、美味しい魂だったわ♪」
 そう言ってパペット・マスターが唇を離すと、虚ろな表情の青い妖魔狩人は徐々にその身が縮んでいた。

コトンっ!!

 数秒後には、パペット・マスターの足元に小さな人形が転がっていた。
 嬉しそうに人形を拾い上げるパペット・マスター。
 それは、青い妖魔狩人をそのまま縮小したような高さ十数センチのフィギュア人形であった。

r-vs-m_1208.jpg

「うん、予想以上に可愛い人形が出来上がったわ!」

 パペット・マスターは自身の目線より高めの位置に人形を持ち上げ、スカートの中を覗きこむ。

 本当に不思議な事だが、なぜかこの手のフィギュア人形というのはスカートの中を覗き込みたくなる傾向がある。
 それは、その手の人形を手にした人の九割はそうだろう。
 もちろんパペット・マスターもそうであった。スカートの奥から白い三角形が目に入り、ホッコリと表情を緩ませる。

「私の人形は見た目だけでなく、匂いなどもそのまま反映される。あとでじっくり楽しませてもらうわ!」
 パペット・マスターはそう言うと、青い妖魔狩人のフィギュアを座席の上に置いた。

 だが、その途端・・・・

「うぐぅ・・・っ・・!?」

 突然、パペット・マスターが胸を押さえ苦しみだした。
 その苦しみは尋常ではなく、辺りに設置された座席を蹴散らしながら右へ左へとのたうち回る。

「な・・・なんだ・・・この苦しみは・・・・」
 苦しみの中心となっている胸に目をやると、その胸を押さえている手が少しずつ消えかかっているのに気がついた。

「ま・・・まさか・・・!?」

 そう思った瞬間、

「そう、お前は今・・・浄化されつつある」
 と胸の中から声が響いた。

「まさか・・さっき吸い込んだ・・・魂・・。それか・・・!?」

「そうだ。お前が相手の魂を吸い込み、人形に変えるというのを知っていた。だから・・ワタクシは自身の魂に浄化の霊力を蓄えて、お前に吸い込ませたのだ」

「で・・では、平静を失い・・取り押さえられたのも・・、演技だったのね・・?」

「お前の言う通り、ワタクシは物理的な力でお前を倒す術がない。だから、お前がワタクシの魂を吸い込む・・・、そこにイチかバチか掛けてみた!」

r-vs-m_1209.jpg

 青い妖魔狩人の言葉が進むにつれ全身に行き渡った浄化の力は、パペット・マスターの両手両足を消し去っていった。

「フフフ・・・ッ。やはり可愛い顔していても、性格はふてぶてしかったのね・・」

 パペット・マスターは何かに満足したようにニッコリと微笑むと、静かにこの世から消え去っていった。

 パペット・マスターが消え去るのと同時に座席に立てかけていたフィギュアがカタカタと揺れだし、そのままポトリと落ちる。
 落ちたフィギュアは拡大するかのように大きくなり、やがて苦しそうに佇む青い妖魔狩人の姿になった。

「恐ろしい敵だった・・・」
 そう呟くと、ドシンと腰を落とす。

 相当の疲労感を漂わせながら辺りを見渡す。

 そこには、ヌイグルミから元の姿に戻った祢々。
 同様にマネキンから人間の姿に戻った一般人の姿。
 皆、気を失っているが命には別状はなさそうだ。

 それだけ確認すると、青い妖魔狩人はその場に眠るように横たわった。




第十二章 蘇るマニトウスワイヤーへ続く。
====================================

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第十二章 蘇るマニトウスワイヤー

 少しだけ時間を遡り妖魔狩人たちがそれぞれの敵と戦っているころ、凛と都はフェアウェイとアンナ・フォンがいるグランドに侵入し、マウンドへ向った。

 ピッチャーマウンドに仰向けに寝かされているフェアウェイ。

r-vs-m_1301.jpg

 その周りには魔法陣らしきものが描かれ、その脇にパソコンが置かれているのが気になる。

「何の御用?」
 凛と都に気づいたアンナ・フォンは無愛想な表情で問いかけてきた。

「決まっていますわ、その子を返して頂きに参りました。素直に返せば良し。さもなくば・・・」

 相変わらず口調は丁寧だが赤い瞳を輝かせ、妖気と殺気を振りまいている都。

「フン。たかが虫ケラ妖怪の分際でデカイ口を叩いて。バカなの?」

 アンナ・フォンはそう言うと、何やら呪文を唱えながら両手を上げる。

 すると、その周囲に無数の小さな物体が、ブーン・・ブーン・・と羽音を立てながら飛び回り始めた。

 それはイナゴ。
 バッタによく似た虫・・・、無数のイナゴの大群。

r-vs-m_1302.jpg

 アンナ・フォンはニヤリと微笑み合図を送ると、イナゴの大群は凛と都を目掛けて一斉に襲い掛かり始めた。

 一瞬にしてイナゴの大群に覆い尽くされた凛と都。


ガリッ・・ガリッ・・


 イナゴ達が無数の口で噛み砕くような音が聞こえる。

「無様ね・・・。弱小妖怪や人間なんて、所詮は無力な存在なのよ!」
 勝ち誇ったように笑みを浮かべるアンナ・フォン。

 再び手を上げイナゴたちに撤退を指示する。

 半分近くのイナゴは空中高く舞い上がり待機するが、残り半数近くはそのまま凛と都に纏わりついている。

「何をしているのっ!? 早くそこをどいてガキ共の死体を見せなさい!!」
 甲高いアンナ・フォンの叫び声が響く。

「死体・・・? たかがイナゴごときが捕食虫である『蜘蛛』を食い殺せると思っているのかしら? バカはそちらですわね!」

 あざ笑うような口調と共に、多くのイナゴたちが吊るし上げられる。

 それは、大きな蜘蛛の巣に張り付き身動きがとれないイナゴの姿。
 その後ろから姿を見せる凛と都。

「昔から飢饉の背景には食物を食い荒らすイナゴの大群があったと聞きます。そしてそれを操る悪魔と呼ばれる呪術使いが存在したことも・・・。どうやら貴女は、その力を受け継いでいるようですわね」

 空中で待機する残りのイナゴを見渡しながら、都は口元の牙を覗かせた。

「フン。だったら・・何だと言うの? 下等な妖怪がその程度の事を知ったくらいで、勝ち誇るんじゃないわよ!」

 そう強がるアンナ・フォン。
 だが、明らかに・・・焦りの色が表情に浮かんでいる。

「このお馬鹿さんの相手はわたくしがしますわ。黒い妖魔狩人・・・、貴方は今のうちにフェアウェイを・・・」

「わかった!」
 都の言葉に凛は倒れているフェアウェイに駆け寄った。

 フェアウェイの顔の周りを飛び交う金鵄。

「凛、呼吸音が聞こえる。どうやら無事のようだ!」

 金鵄の言葉にフェアウェイを抱き起こす凛。

「フェアウェイ。しっかりしろ、フェアウェイ・・!」
 同じようにフェアウェイに駆け寄った香苗も必死で声を掛ける。

 その言葉が耳に届いたのか? フェアウェイは薄っすらと瞼を開ける。

「フェアウェイっ!?」

 高まる安堵感!

 やがてパッチリと目を開いたフェアウェイは、状況を把握するかのように辺りを見渡す。

 そして、自らの両足でマウンドに立ち上がった。

「よかった・・・、もう・・大丈夫だぞフェアウェイ!!」

 嬉しさのあまり香苗はフェアウェイに飛びついた。


「・・・・・・・・・・」


 だが、そんな香苗を見る目は冷たい。

 それどころか・・・


バシッッ!!


 思いっきり逆手で香苗の身体を吹き飛ばした!!

「どういう事ですの? あれ程・・あのヌイグルミを気に入っていたのに・・・?」

 フェアウェイの異変に、都も目を疑った。

「下等生命体が気軽に余に触れるでない!」

 低く重い言葉が、フェアウェイの口から発せられた。

「凛っ・・気をつけろ!! 強い魔力が子どもから吹き出している!!」
 直ぐ様・・空高く退避した金鵄は、慌てて凛に注意を促した!

 数歩身を引いて弓を構える凛!

 フェアウェイは黒い靄のような魔力を身に纏いながら、ゆっくりと宙に浮かびだした。


「ま・・・まさか・・・!?」


 誰もが何が起きているのか・・。まったく理解できなかった。
 それどころか今の今まで、アンナ・フォンの背中の瘤が無くなっている事に気づく者もいなかった。

r-vs-m_1303.jpg

「我が名は、エノルメミエド。全ての精霊を支配する者・・・」




 フェアウェイの口から発せられる、低く重い言葉。

「バカな!? もう・・・転生の儀式は終わっているというのか? こんな短時間で!?」
 驚きの声を上げる金鵄。

「ククク・・・! たしかに一昔前ならもう数時間はかかったであろう。だが今の時代はコンピューターという便利な機器がある。これを魔法陣に接続し魔力経路を増幅することによって、短時間での儀式を可能にしたのだ!」

 ドヤ顔どころか、大口開けて欣喜雀躍するアンナ・フォン。

「う・・嘘だろ・・・フェアウェイ・・。嘘だと・・言ってくれ・・・!」
 大粒の涙を流しながら泣き叫ぶ香苗。

 そんな香苗を鬱陶しそうに見つめるフェアウェイ・・・いや、エノルメミエド。
 静かに人差し指を香苗に向ける。

「あ・・・危ないっ!?」

 咄嗟に飛び出す金鵄!

 金鵄の足が香苗を掴み空中高く舞い上がったのと、エノルメミエドの指から発せられた炎の塊がグラウンドを焼き焦がすのは、ほぼ同時であった。

「バカめ! もう・・そのガキは今までの天女のガキではないのよ。マニトウスワイヤー様なのよ!!」

 相変わらず歓喜に酔いしれるアンナ・フォン。

「さぁ・・マニトウスワイヤー様! 一気に他のガキ共も焼き殺してくださいな♪」
 いつの間にかエノルメミエドの前に立ち、凛や都を指さした。


「誰に命令している?」


 低い声がアンナ・フォンの頭上にのしかかった。


「・・・・・!?」


 恐る恐る・・振り返るアンナ・フォン。

 そこには宙に浮かんだまま、冷たく見下ろすエノルメミエドの視線が・・・。

「わ・・わたし・・は・・、命令して・・いるわけで・・なく、ただ・・マニトウスワイヤー様の・・・お力で・・・・・」
 まるで氷の塊を押し付けられたかのようにガタガタと震えるアンナ・フォン。

「お前は余が転生するまでの乳母車のような存在。だが・・もう、役目は終わった」

 何の感情も無く、淡々と話すエノルメミエド。

 そしてブツブツと二言・・・三言呟くと、その背後に炎に覆われた大きな爬虫類の様な生命体が姿を現した。

r-vs-m_1304.jpg

「サラマンダー・・!? 西洋の・・炎の精霊・・・!?」
 金鵄が呆然としたように呟いた。

「冗談でしょう? ファンタジーゲームでも高ランクの四大精霊の一人じゃないの!?」

 香苗の着る魔法戦士のコスチュームを作るくらい、ファンタジーゲームにも精通している都。
 当然妖怪としてのその本能は、その強さが嘘で無いことを見抜いていた。

 サラマンダーは何も言わずアンナ・フォンに襲いかかると、一瞬でその身体を焼き焦がした。
 悲鳴を上げる間もなく沈黙したアンナ・フォン。

 思いもしない出来事に固まったように動きが止まる・・凛と都。

 サラマンダーは次は都に狙いを定めると、一気に襲いかかった。

「くっ!?」

 さすがに都はアンナ・フォンとは違う。

 瞬時に天井に設置されている照明器に糸を吹き付けると、そのまま飛び上がり攻撃をかわした。

 だがサラマンダーも方向転換し、再び襲い掛かる。

「てんこぶ姫っ!!」

 都を援護するように凛が二発の霊光矢を放った。

 サラマンダーは危機を察知し、口から炎の塊を吐き出し霊光矢を撃墜する。

 その瞬間を都は見逃さない。

 逆に跳びかかり、鋭い爪でサラマンダーを引き裂く!!
 致命傷にはならなかったが、ある程度のダメージを与える事に成功。

 更に凛の霊光矢が追い打ちを掛ける。

 一発がサラマンダーの腕に突き刺さり、浄化の力でその腕を消し去った。

「一気にトドメを刺しますわよ!」

 サラマンダーに向って駈け出す都。霊光矢で援護射撃をする凛。

「蜘蛛女、危ないっっ!!」

 佳苗の叫び声で、理由も分からず糸で天井に回避した都。

 なんと都が駆け出していた数十メートルが、アイスリンクのように凍りついていた。

「凛、向こうだっ!!」
 金鵄の言葉で振り返る凛。

 そこには白い着物に身を包んだ、色白の女性が立っていた。

r-vs-m_1305.jpg

「雪女郎・・・。日本の妖怪までも自在に召喚し、操ることができるのか・・?」

 同じ日本の妖怪として驚きを隠せない金鵄。


「うむ・・・。少しずつだが身体のコントロールがつかめて来た」

 エノルメミエドはそう呟くと、サラマンダーにドームの屋根を炎で熱するように命じた。

 高温で真っ赤になった屋根を、なんと今度は雪女郎が吹雪で凍らせていく。 それは温度変化による金属劣化。
 エノルメミエドは軽い衝撃波を放つと、屋根は砂の城のようにボロボロと崩れ落ちた。

 そのまま高く飛び上がり真夜中の丘福市を見渡す。

 深夜でも明るい街並みに、車のヘッドライトやテールランプが帯のように流れる。
 アジアでも有数の美しい夜景。

 エノルメミエドは丘福市を見下ろしながら、呪文を唱え始めた。

 するとまるで大地震のように、街全体が大きく揺るぎ始める。

 アチコチで地割れが起き、中から地霊や死人が湧き出てくる。

 大気中には妖精と呼ばれる・・虫のように小さく羽の生えた小人達。そして人間と鳥が合成したような醜い鳥妖怪たちが羽ばたく。

 彼らは一斉に人や街を襲いだした。

 地霊は大地を揺るがし、風の精は突風や竜巻を巻き起こし、そびえ立つ建物を破壊。
 路面を走る車は次々に衝突して炎上。

 町中を群れをなして歩く死人は手当たり次第・・人々に食らいつく。

 海からは水霊や海獣が波を荒立て、今にも巨大な津波が街に襲いかかりそうである。


 もはや、あっという間に丘福市は地獄絵図と化していった。

r-vs-m_1306.jpg

 スタジアム内のテレビと連動していたバックスクリーンの電光掲示板にその光景が映し出され、そのおぞましさに凛や香苗の表情は青褪めていく。

「わたくしのテリトリーを弄くり回すのは止めていただけるかしら!?」

 空中高く飛び上がった都は、次々に糸を吹き出し呪文を唱え続けるエノルメミエドを縛り付けた。

「ふんっ!!」
 都にしては珍しく掛け声を上げると、一気に糸を手繰り寄せエノルメミエドをグラウンドに叩きつけようとする。

 しかしサラマンダーも飛び上がり火球で糸を焼き切ると、エノルメミエドは身を翻し綺麗にグラウンドに着地する。
 再びエノルメミエドを守るように、前に立ちはだかるサラマンダーと雪女郎。

「・・ったく、精霊の支配者という通り名は伊達じゃありませんわね。ここまで事態が悪化するとは・・・」

 凛の元に飛び降りた都は眉間に皺を寄せて呟く。

「このままマニトウスワイヤーを放っておくと、本当に日本はおろか世界は崩壊する!」
 金鵄も電光掲示板に映しだされた街の様子を見ながら表情を歪ませる。

「もう・・、もう・・・フェアウェイを殺すしか手は無いのか・・?」
 そう言ったのは香苗。

「仕方ありませんわね・・・。アレはもう・・フェアウェイでなく、ただの化け物なのですから・・」
 そう返答しながら都は唇を噛みしめる。

「ううん・・・。まだ方法はある・・・」
 今まで黙っていた凛が静かに口を開いた。

「!?」

「わたしには霊気とか・・妖気を読み取る力があるの。あのマニトウスワイヤー。おそらく・・まだ完全には、その霊体がフェアウェイの肉体と融合しきっていない」

「本当なのか・・・凛!?」

「うん。フェアウェイの魂が必死で融合に抵抗し続けている。だったら私の霊光矢で急所を撃ち抜けば、マニトウスワイヤーの霊体だけを浄化できるかもしれない。」

 凛の言葉に誰もが顔を見合わせた。

「問題は一撃で急所、すなわち霊体が宿る・・心臓を撃ちぬかなければいけないこと。身体の他の部分に当たったら、浄化する前にその部分を切り落とされる。そうしたら二度目のチャンスは無い!」

「たった一度だけのチャンス・・・」
 金鵄が溜息混じりで漏らす。

「上等ですわ! その一度きりのチャンスはわたくしが作ります! だから貴女は弓を構えたまま・・突っ立っておけばいいですわ!」

 微笑みながらも都の力強い眼差しが、凛を眼(まなこ)を貫く。

 その眼差しに答えるように、凛もニコリと微笑むと無言で頷く。

「いける!! 妖魔狩人と蜘蛛女の二人なら、フェアウェイを助けられる!!」
 香苗はそんな二人に、確かな手応えのようなものを感じた。

 それは、当の二人が一番・・感じ取っていたのかもしれない。
 その信頼感は半日前に命のやり取りをした者同士とは思えない。
 いや、逆に命のやり取りをしたことが、二人の信頼感を強めたのかもしれない。

「でも・・凛、てんこぶ姫。マニトウスワイヤーが召喚した精霊が当然邪魔をしてくるはずだ。それにはどう対応する?」
 金鵄はサラマンダー、雪女郎を眺めながら問いかける。

「そいつらならワタクシたちが抑える!」

r-vs-m_1307.jpg


 そう言って傷ついた身体を引き摺るように現れた、青い妖魔狩人と祢々の二人。

「青い妖魔狩人・・・? その素顔は・・・まさか・・・!?」
 金鵄はそう返そうとした。

「ワタクシの正体なんか後でいい。それより今は奴らの殲滅が先だ」
 青い妖魔狩人の言葉に金鵄は黙って頷いた。

「それじゃ・・行きますけど、精霊共は本当に任せていいのですね?」

「いらぬ心配だ。それより・・お前こそ途中で逃げ出すんじゃないぞ。妖怪は信用できないからな」

 青い妖魔狩人の言葉に、都は赤い瞳を爛々と輝かせ、

「わたくしも姫の冠は伊達では無いことを証明してみせますわ!」
 と不敵に笑い真っ先に駆け出していった。

 すぐ後に続く青い妖魔狩人と祢々。

 都たちの反撃に反応したサラマンダーと雪女郎。

 左右から、炎と吹雪の攻撃を繰り出してくる。

「氷を操れるのは、お前達だけではない!」
 青い妖魔狩人はそう言って都とサラマンダーの間に入る。

「氷塊盾!!」
 両手を前に掲げ氷の塊による盾を作り、サラマンダーの炎を遮った。

 一方・・祢々は雪女郎との間に入り、金棒を風車のように回転させ吹雪を払いのける。

「さすがですわ!」

 その間に都は一直線に突っ走っていく。

 そんな都を冷ややかな眼差しで迎え撃つエノルメミエド。
 エノルメミエドの指先から小さな火球が次々に放出される。

 負けじと手のひらから糸を噴出する都。

 エノルメミエドの両手両足を絡みつかせ、一気に拘束しようと立て続けに糸を噴出する。


 だが・・・


「うぐっ・・・!?」

 攻め押していた都が、いきなり頭を抱えて苦しみだした。


「あぁぁぁぁっ!!」


 その苦しみ様は並大抵ではない!

「どうしたんだ!?」

 慌てて飛び寄る金鵄。しかし・・その金鵄も、


「うわぁぁっ!!」


 いきなり苦しみ藻掻いて、その場に落下した。

「どうしたの・・・?」

 構えていた弓を降ろし、状況を把握しようと見守る凛。

「命令だ・・・・。頭の中に・・マニトウスワイヤーの・・命令が、押し付けられる・・・・」
 金鵄が苦しそうに呟いた。

「支配!? てんこぶ姫も金鵄も精霊と同じ・・亜種生命体。だから、他の精霊と同じように支配できるのだ・・・!?」
 サラマンダーと対峙しながら、状況を見ていた青い妖魔狩人はそう答えた。

「り・・・凛・・・・」
 苦しそうに声を漏らす金鵄。

 その瞬間、金鵄の目は真っ赤に輝き空中高く舞い上がると、嘴を突き出し・・凛目掛けて急降下。


グザァツ!!


 鋭い嘴が凛の戦闘服を切り裂く。

 ついに金鵄がマニトウスワイヤーの支配下に置かれ、凛を攻撃しだしたのだ。

 凛の戦闘服は金鵄の霊力が篭った羽で編まれ、鋼の鎧に匹敵する防御力を持つ。
 だが、攻撃相手が同じ霊力の持ち主である金鵄だと、その力は相殺され普通の衣類と変わらない。

「金鵄・・・・」

 繰り返し襲いかかる金鵄に凛は一切抵抗できず、全身のアチコチに切り裂かれた傷が増えていく。

「金鵄、貴方とは戦えない・・・」
 繰り返される攻撃に凛はついに跪いてしまった。

「このまま・・妖魔狩人が倒されたら・・・」
 為す術もなく青い顔で見守る香苗。


「蜘蛛女・・・・」

 香苗は都に視線を送る。相変わらず頭を抱え苦しみ悶える姿が。

 そんな都の下に香苗は一目散に駆け寄ると・・・

「頼む・・・蜘蛛女、負けないでくれ・・・。お前が負けたら、全てが・・・。妖魔狩人もフェアウェイも街中も・・・。みんなが倒れてしまう・・・」

 涙ながらに訴えた。

「うぐっ・・・ぐっ・・・」

 言葉が届いているのか、いないのか・・。
 都は右に左に転げまわる。

 その状況を見つめていたエノルメミエド。

 新たに風の妖怪・・カマイタチを召喚すると、必死に都に呼びかける香苗に対して攻撃の指示を出した。


ズバッッ!!


 カマイタチから『真空魔法』が繰り出され、香苗の身体が切り裂かれる!


「ううっ!!?」


 いくらヌイグルミの身体とは言え痛みは感じる。
 切り裂かれた傷から綿がこぼれ落ち、その痛みは尋常でないはずだ。

r-vs-m_1308.jpg

 それでも香苗は呼びかける。必死に・・何度も何度も・・・。

 香苗の身体もアチコチ切り裂かれ、意識も朦朧としてきた。


「た・・頼む・・よ、蜘蛛女・・・。い・・や・・・、てんこぶ・・ひ・・・・」

 そこまで言うと、香苗はついに力尽きて倒れてしまった。

 それを確認したかのように、カマイタチは止めの一撃を繰り出そうとしている。


シュッッッ!!


 そんなカマイタチの身体を、白く光る細い糸が幾重にも幾重にも・・巻き付いていった。

「・・ったく。姫と名乗るわたくしが下々の訴えに耳も貸さずに朽ち果てるなんて、許される事じゃないのですよ。まして、敵の支配下に陥るなんてことは死にも値する事ですわ!」

 真っ青な顔色だが赤い瞳を輝かせ、都は一気に糸を手繰った。
 そして、その勢いでカマイタチの胸を手刀で貫いた!!

 更にそのまま振り返り、金鵄にも糸を巻きつけその動きを封じこめた。

「てんこぶ姫・・・」

 凛が言葉を掛けるが、都は何も言わず気を失った香苗を担ぎあげると、グラウンドの隅に寝かしつけた。


「ありがとう・・・」


 それは側にいても聞こえにくい、小さな・・小さな呟き。


「マニトウスワイヤー・・。過去・・・貴女ほど本気で殺したいと思った相手はいませんでしたわ」

 怒りを噛みしめるように、ゆっくりと歩み寄る都。

 凛は再び弓を構え、いつでも攻撃できるように気を引き締める。

 スイッチが入ったように駈け出した都は、またもエノルメミエド目掛けて糸を吹き付ける。


「こんな子ども騙しの術が、本気で通用すると思っているのか?」

 降り注ぐ糸を真空を纏わせた手刀で切り裂いていくエノルメミエド。

「もちろん通用するとは思っていませんわ。これは貴女の注意を惹きつけるだけのもの・・・」

 都はそう言うと、一気に飛び上がりエノルメミエドの背後についた。
 そして、そのまま羽交い締めで抑えこむ。

「黒い妖魔狩人……今です!! 今すぐに、撃ち込みなさい!!」

 身動きとれないように更に力を込め、凛に向って叫んだ!


「てんこぶ姫・・・!?」

 弦を引く凛。

 だが、なかなかその矢を放つ事ができない。

 もし霊光矢が貫通し、その後ろにいる都にも刺さったら。
 都も妖怪。間違いなく浄化で消滅するだろう。それは先の戦いで証明されている。

 その間も必死で都を振りほどこうとするエノルメミエド。

 しかし、全ての妖力を込めてエノルメミエドを抑えこむ都。

「早くしなさい! たった一度のチャンスをわたくしは作ったのですよ!!」

 都の言葉にチラリと電光掲示板に目をやる凛。
 相も変わらず邪悪な精霊に襲われている街並みが映し出されている。


「ごめん・・・。てんこぶ姫・・・」


 そう呟くと、凛は弦を持つ手を緩め霊光矢を撃ち放った。

 青白い閃光が向かってくる。それを見てニコリと微笑む都。


 その時!!?


 エノルメミエド・・・いや、フェアウェイが身につけていたライトブラウンのポンチョがまるで意思をもったかのように・・大きく翻った!


「な・・・!?」


 予期せぬ事と・・、そのあまりの力に都の手が振りほどかれる。

「こ・・こんなことが・・!?」
 宙を舞う木の葉のようにエノルメミエドから離れていく都。


 その都の耳に・・・


― ありがとう・・てんこぶ姫。あとは私にまかせて・・・―

 静かで暖かな口調の女性の声が入ってきた!?


「そ・・その声は・・・?」

 聞き覚えのある声に驚愕する都。

 都の身体を振りほどいたポンチョは、今度はエノルメミエドの手足を拘束するようにギュッッッッ!!・・と締め付けた。

「ま・・まさか、あなた・・・・、バレンティア・・・ですの!?」

 必死で暴れ狂うエノルメミエドを更に力強く締め付ける・・・ライトブラウンのポンチョ!!


ズブッッッッ!!


 ついに、身動きできないエノルメミエドの胸に霊光矢が命中したっ!!


「ぐあっっっっ・・・!!」


 吹き飛ぶように倒れこんだエノルメミエド。

 突き刺さった胸を中心に青白い粒子が全身に行き渡っていく。

 必死で矢を抜こうともがき苦しむエノルメミエドだったが、やがて徐々にその動きが鈍くなり、ついには力尽きたように横たわった。


 すぐに駆け寄り、エノルメミエドの意識の確認をする凛と都。

 エノルメミエドはピクリとも動かない。
 都の視線は穴の開いたポンチョに移る。

 先程とは違い、倒れているフェアウェイの身体をゆったりと包んでいる。

「バレンティア・・・。貴女は最後の最後までフェアウェイを・・・。それどころか、わたくしまで助けてくださるなんて・・・。」
 都はそう呟きながら目を細めた。





第十三章 闇の女神へ続く。
======================================



| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 第十三章 闇の女神

「フェアウェイ・・・、しっかりしなさい!!」

 都は倒れているフェアウェイを抱え起こし、しきりに声を掛ける。
 その声が耳に届いたのか、フェアウェイがピクリと反応した。

 更に・・・

「バレン・・ティア・・・・」
 と、言葉を返した。

「どうやら無事のようですわね・・・」

 都は肩の荷を降ろしたように、ホッと溜息をついた。

「てんこぶ姫っ!! なんか・・おかしくない!?」
 安心する都とは裏腹に動揺した凛の叫び超えが聞こえる。

 凛の声に眉を潜めながら辺りを見回してみる。

「これは・・いったい!?」

 エノルメミエドは凛と都で倒したはず。フェアウェイは元に戻っている・・・。

 だが、すぐ目と鼻の先で、青い妖魔狩人と祢々は、エノルメミエドが召喚した精霊とまだ戦い続けたまま。

 バックスクリーンのモニターに映し出される光景は今も変わらず、邪悪な精霊が蠢き人々を襲い続け、街は火の海と化している。

 たしかに凛が驚くのも無理は無い。

r-vs-m_1401.jpg


「まさか・・・?」

 驚きを隠せない二人。そんな二人の耳に・・・・


「ククク・・・ッ!」


 低く、不気味な笑い声が聞こえてきた。

 同時に、抱き起こされているフェアウェイの身体から、黒い靄のようなものが抜けだした。
 黒い靄は、まるで蛇のようにクネクネと蠢きながら空中を移動すると、焼き焦がれたアンナ・フォンの死体の上で停止する。

 すると、アンナ・フォンの口から気体のようで、また半液状のゼリー状の白い物体が浮き上がってきた。

「エクトプラズム・・・!?」

 先程エノルメミエドの支配下に置かれ、都に糸で拘束された金鵄が元の口調で答えてきた。

「金鵄、正気に戻ったの!?」
 凛が慌てて駆け寄る。

「うん、迷惑かけてすまなかった・・・。もう・・エノルメミエドの命令は僕には届いていない」
 金鵄はそう言って、コクリと頷いた。

「で、エクトプラズムって・・?」

「エクトプラズムとは、霊体と肉体の中間に位置する幽体を作る素材のようなもの。誰の身体にも備わっているものだ」

 そう言っている間に、アンナ・フォンの身体から抜き出したエクトプラズムを黒い靄はその中に取り込んでいった。
 すると、黒い靄は次第に、人間の様な形に変化していく。

r-vs-m_1402.jpg

「サラマンダー、雪女郎・・。その力、その身体を余によこせ!!」

 人型になった黒い靄はハッキリとそう叫んだ。

 その言葉を聞いたサラマンダーと雪女郎は戦闘を中断し、黒い靄へ駆け寄る。

 二人の身体はそのまま黒い靄に取り込まれていった。

「どういうことだ・・・!?」
 戦いを中断された青い妖魔狩人も肩で息をしながら状況を見守る。

アンナ・フォンのエクトプラズム。サラマンダーと雪女郎の身体を取り込んだ黒い靄。

 中途半端に形成された人型は更に細部に渡って形成され、やがて一人の美しい女性の姿へと変貌した。

 それは、怪しく輝く・・長く真っ直ぐな髪。切れ長の目に、深い・・深い湖のように暗く蒼い瞳。長身で非の打ち所のない見事なプロポーション。

 日本の卑弥呼とエジプトのクレオパトラを足して割ったような、見るからに女王の威厳を持った雰囲気。

r-vs-m_1403.jpg

「どうやら、アンナ・フォンと呼ばれる女のエクトプラズムをベースに他の二人の精霊を融合させ、一つの器となる肉体を形成し魂を取り憑かせたようだ・・・」

 凛に糸を解かれた金鵄は、ゆっくりと羽ばたきながらそう答えた。

「危ない所だった。せっかく手に入れた天女の身体だったが・・・。だが、肉体を切り捨てなければ魂までもが浄化されてしまうところだった・・・」

 先程以上に、重く冷たい言葉が新たな肉体から発せられる。

「一時的に新しい身体を形成したが、この肉体はそう長くは保たぬ。再び転生の儀式を施し、再度改めて天女の肉体に融合する日。それまでにまた・・・深き眠りにつき、幾年も魔力を貯めこまなくてはならない・・・。」

 沈んだ面影でそう語るエノルメミエド。

「それだけに、この度・・永遠の命を手に入れるチャンスを邪魔してくれた貴様らに天罰を与えてくれようぞ!」

 黒い、光を通さないオーラを纏わせ、エノルメミエドはゆっくりと左手を上げた。

 その先が祢々に向いた瞬間・・・!!
 螺旋状に舞う、無数の粉雪が祢々の身体を覆った。

「あぁぁぁっ!?」

 瞬時に氷漬けに固められた祢々。


「祢々・・っ!!」

 青い妖魔狩人が、直ぐ様治癒の術を使おうと右手を上げる。


 だが、その青い妖魔狩人にも粉雪の舞いが襲いかかる。
 なんと青い妖魔狩人も、そのまま凍らされてしまった。

r-vs-m_1404.jpg

「気をつけろ・・凛! 雪女郎の時より、はるかにレベルの高い吹雪の術だ!!」
 金鵄の警告が響く!!

 狙い撃ちされぬよう大きく二手に分かれる凛と都。

 都はそのまま観客席に飛び入り、抱えていたフェアウェイを寝かしつけた。


「くらえっ!!」

 凛の弓から、青白い閃光・・霊光矢が放たれる!!

 エノルメミエドは慌てた様子もなく凛に向い吹雪を舞い起こすと、霊光矢を押し戻すように弾き返す。

 一方都は、そんなエノルメミエドの背後に廻っており、その背に鋭い爪を突き立てた!!


「な・・っ!?」


 突き立てた爪はエノルメミエドの身体に触れることなく、黒い靄によって取り押さえられている。

 黒い靄は強力なバネのように、そのまま都の身体を弾き飛ばした。
 激しくグラウンドに叩きつけられる都。

「なんですの・・・。あの黒い靄は・・・?」

「闇の障壁・・・・・」
 金鵄がポツリと呟く。

「闇の・・障壁・・・?」

「そうだ、青い妖魔狩人が言っていたよね。マニトウスワイヤーの属性は『闇』だと。その闇属性による強力な防御壁をヤツは身に纏っているんだ・・・」

 そう語る金鵄の表情は硬い。

「凛の属性は僕と同じ・・風(大気)。そして、てんこぶ姫の属性は、おそらく・・土(大地)のはずだ。だが、マニトウスワイヤーのような強い闇属性の持ち主だと、風・土・火・水による自然の四大属性では打ち破ることが難しいかもしれない」

 金鵄の悲痛の言葉に、凛の表情も更に硬くなる。

 そんな凛たちにお構いなく、エノルメミエドは追い打ちを掛けるよう攻撃を続ける。
 周り全てを焼きつくすような強力な炎の渦が、凛を・・・都に襲いかかる!!


「うあぁぁぁつ!!」


 いくら強力な防御力を誇る戦闘服を着ていても、それを上回る攻撃を受ければダメージは必至だ!

「くそっ!!」

 凛も霊光矢で必死に反撃を試みてみるが、炎や吹雪の術に阻まれてしまう。

 また、それらを潜り抜けても、闇の障壁によってエノルメミエドの本体に矢が届く事はなかった。

「凛の霊光矢が命中さえすれば、浄化して倒す事も可能かもしれない・・・。だが、あの闇の障壁は今の僕等には打ち破る術がない・・・・」

 今まで数々の助言で凛を支えてきた金鵄。しかし、その金鵄すら・・全てを諦めかけている。

 そして、凛や都にも長時間の戦いによる激しい疲労やダメージの色が、ハッキリ表れている。
 いや、むしろ立っている事自体が、奇跡なのかもしれない。

r-vs-m_1405.jpg

「さすがに打つ手無しといったところかしら? こんな事なら素直に家でも帰って、ドレスでも縫っているんでしたわ」
 そんな状態なのに、相も変わらず都の軽口。

 くすっ・・♪

 凛は思わず吹き出してしまった。

「・・・?」

「ううん。てんこぶ姫って、あまりに人間っぽくて妖怪とは思えない」
 凛は、そう微笑みながら答えた。

「フッ・・! そう言う貴女こそあまりにお人好しすぎて、あの中国妖怪共が恐れをなしている・・妖魔狩人とは思えないですわ!」
 都もお返しとばかりに微笑みながら、そう答える。

「お人好し・・なのかな? でも・・・・」

「うん?」

「でも、諦めの悪い・・ひねくれた性格だと思うよ!」

 真面目な凛にしては珍しく黒い発言。
 その言葉に同調するように、不敵な笑みを浮かべる都。

「それは、わたくしもですわ!」

 その言葉を合図に、二人はエノルメミエドに向って再び駈け出した。

「てんこぶ姫! わたしの浄化の力で強引に障壁に穴を開けてみせる。だから貴方はその時を狙って一気に貫いて!!」
 そう叫びながら、凛は弓を構えた。

「心得ましたわ!」

 都は一層爪を鋭く尖らせる。


シュッッ!!


 風切音と共に霊光矢が放たれた。だが案の定・・それは闇の障壁に突き刺さるだけで、本体へは届かない。

 だが凛は更に霊光矢を形成すると、そのまま逆手に握りしめ大きく振りかぶる。

 そして障壁に突き刺さっている矢の筈を目掛けて、矢尻で押し込むように振りぬく・・・


 いや、振りぬこうとした瞬間・・・


バキッッッ!!


 逆に振りぬいたエノルメミエドの左腕が、凛の身体を弾き飛ばした!!


ガンッッッ!!


 勢い良くすっ飛び、フェンスに直撃する凛!
 フェンスは粉々に崩れ落ち、凛もグッタリとしたまま起き上がれない!


「黒い妖魔狩人!?」


 慌てて駆け寄ろうとする都をエノルメミエドは吹雪で遮る。

 そして右腕をあげ炎の渦を巻き上げると、狙いを凛に定めた。

「凛ーっ!!?」

 金鵄の悲痛な叫び声が響き渡る!



 その時・・・・


r-vs-m_1406.jpg

「サンダー・・ブレイクーっ!!」




 真横一直線に飛び交う雷撃が、炎を纏うエノルメミエドの右腕を直撃した。

 その威力は激しく、一瞬で纏っていた炎すらも消し飛んでしまった。


「うむ・・? まだ他にも余に歯向かおうとする奴がいるのか・・・?」

 エノルメミエドは雷撃が飛んできた方角を睨みつける。


 その方角から一つの人影がゆっくりと歩み寄る。都も金鵄も呆然としたまま人影を見守る。

 人影はやがてグッタリと倒れている凛の側に寄ると、優しく右手を差し出した。


「だ・・・だれ・・・?」


 虚ろな目で見つめる凛。


 凛の目に映る・・その人物は。

 小柄で10代前半か半ばくらいの凛々しい顔立ちの少年・・・・?
 いや、胸にはチューブトップ。そして・・ミニスカートを履いている・・・。


「お・・女・・の子・・・?」


 凛がそう呟いた瞬間・・・



「遅れてごめんね! ボクの名は『神楽 巫緒』。


周りのみんなは・・『ミオ』って呼んでくれている」


r-vs-m_1407.jpg


そう言って、ニッコリと微笑んだ。




 その頃、ドームスタジアム外の野外イベント場。

 次から次へと湧き出るように現れる地霊や死人に、優里は大苦戦を強いられていた。

 地霊や死人・・。いつもの優里なら『雑魚』と言っても過言ではない敵。

 だが、強敵・・サンダーバードとの戦いで体力も・・そして霊力も使い果たし、立っているのさえ苦しい状態で、当然・・・薙刀を振るえるような力なんか残っていない。

「凛ちゃん・・・、今行くわ・・待っていて・・・」

 それでも必死で立ち上がるのは、球場内の闇の力が更に増していったことを感じ取っていたから。
 その中心で凛が戦っていると思うと、とても居ても立ってもいられない。

 しかし、その気持とは裏腹に、足が一向に前に進まない。


「凛・・ちゃん・・・」


 そんな優里に十数匹の地霊が襲いかかる。

 必死で迎え撃とうとする優里・・・。だが、構えることすらままならない。


 その時・・・!?




「ロック・ダイビング!」


 何処からか呪文のような掛け声がかかったかと思うと、まるで豪雨のように無数の岩石が降り注いできた。
 降り注ぐ岩石に次々に押し潰される地霊や死人。


「こ・・これは・・・!?」


 驚く優里。そんな優里に・・



「そこの球場には、アンタにとって大切な子でもいるのかい?」



 背後から、張りのある力強い口調の言葉が・・・。

 それは、若草のような鮮やかな翠色の髪。艶やかな褐色の肌。誰もが羨むような、整ったプロポーション。

 しかし、尖った耳・・。金色に光る瞳・・・。口元から覗く牙のような歯・・。

r-vs-m_1408.jpg

「あれは・・『魔族』の女性・・・!?」

 物陰で様子を見ていたセコは新たに現れた人物を見て、思いがけない言葉を呟いた。


「そんな死にかけの身体のくせに、それでも向かおうとするなんて。アンタにとってよっぽどその子は大切なんだろうね~♪」

 褐色の肌の女は、再び優里に問いかける。

「アタシにも、とっても美味し・・いや、大切な子がいてね! どうやら今回の事件の関係者の一人らしいんだけど」
 女性はそう言って、目を細めると・・

「そろそろ…その子が、アンタの大切な子がいる場所に辿り着いているはずだよ!」

「関係者・・・? 貴女はいったい・・・?」

 優里の問いに女は不敵な笑みを返した。


「アタシ・・? アタシは、ノーストル=シグーネ=アスタロト」











 ここ、スタジアム内の飲食店が並ぶ通路で、千佳が這いずりながらグラウンドに向って進んでいた。

 千佳も体力はまるで残っていない。
 それに付け加え、唯一の武器である灼熱爪の右手は完全に粉砕している。

「凛・・・今・・行くっちゃ・・・」

 それでもグラウンドから増強した邪悪な魔力を感じ取り、凛のために動かぬ身体を引きずっている。

 そんな千佳にも死人や骨だけとなったアンデットモンスターが襲いかかる。

r-vs-m_1409.jpg

 必死で払いのけながら前へ進む千佳だが、当然・・その抵抗にも限界がある。
 あっと言う間に抑えこまれ、鋭い歯がその体に食い込もうとしていた。


「ウェポンアーム・・レーザーモード!!」


 その時、若い女性の声が響き渡ったかと思うと、行く束の赤い閃光が駆け巡った。

 赤い閃光は、千佳にのしかかっていた死人共を撃ち倒していく!!

 更に・・・

「ウェポンアーム・・ヒートソードモード!!」

 閃光のように走る人影が次々にアンデットを薙ぎ倒す。


「右手が・・銃になったり・・・、剣に・・なったり・・・?」

 九死に一生を得た千佳が見たものは、剣化した右腕でモンスターたちを切り払う・・紫色の髪をした若い女性。


「もう心配ありませんよーっ♪」

 突然、頭の上から・・甘い声が振りかけられる。

 驚いて見上げると、そこには一人の少女が立っていた。

 少女は十代半ば・・女子高校生くらいの年頃。
 水色の長く透き通るようなストレートヘアに、海のように綺麗な瞳。

 それは、優里に負けないくらいの美少女であった。

r-vs-m_1410.jpg

「酷い怪我をしちゃってますねぇ。特に右手がぁ・・・!?」

 少女は千佳の身体を見て縦線が入るくらい顔をしかめる。

 そして、右手で優しくその身体に触れると、
「全ての水の源・・その身体を癒やし給え。ヒーリング!!」
 と呪文を唱えた。

 光り輝く霧が千佳の身体を覆うと、見る見るうちに傷が癒えていく。

「青い妖魔狩人のような・・治癒の術なんね?」

「私のは魔法ですけどね。あとぉ・・その右手ですけど、それって妖力で変化した手ですよねぇ?」

 少女の言葉に千佳は頷いた。

「なら、今すぐでは無理ですけど・・・、私と私の師である神官さんの二人でやれば、きっと治せると思います~ぅ!」

「マ・・・マジ・・ね・・!?」

「ハイ~っ♪」

 そう微笑む少女の笑顔は、それだけで癒されるような心地良い笑顔だった。

「アンタ、一体・・何者っちゃね!?」

「あ・・っ、申し遅れました。私は~、水無月 聖魚(セイナ)。そっちの人は・・黒祥 紫亜(シア)さんっていいます!」



「神楽・・・巫緒・・・・?」

「噂で聞いた、光属性の・・奇跡の天女・・?」

 その名を聞いて驚く都・・そして金鵄。


「貴女が、そのミオさん・・?」

 凛の問いに、ミオは凛の手を握り引き起こしてやると・・

「本当はもっと早くボクがフェアウェイを預かる予定だったんだけど、ボク等の方にも彼奴(アイツ)等の邪魔が入ってね。それで遅れてしまった。本当にごめん!」
 申し訳無さそうに微笑んだ。

「それにしてもキミは凄いね。いくら霊力が高いと言っても生身の普通の人間。なのに、ここまで頑張れるなんて! 初めて見たよ、キミのような凄い子!!
 そちらの妖怪さんも凄い方だね! ここまで人間に力を貸して戦ってくれるなんて!」

「フン・・、人間の為なんかではありませんわ。 ああいう輩が嫌いなだけですわ!」

「そっか♪」

 ミオは、少年のような屈託のない笑顔で返す。

 そして二人の前に出ると、今度は鋭い眼光でエノルメミエドを睨みつけ・・
「ヤツの属性は闇。その闇属性を破るには光属性が一番効果的・・。だから、ボクの光属性魔法で奴の障壁に風穴を開ける!」

 そう言って振り返り凛を見つめた。

「そうしたら、キミの浄化の技でトドメを刺して欲しい!」

 ミオの言葉に凛は強く頷く。

r-vs-m_1411.jpg

「妖怪さん、援護をお願いっ!!」

 ミオはそう言って都に目で合図を送ると、エノルメミエド目掛けて駆け出していった。

 エノルメミエドの腕がミオを狙う。


シュッッ!!


 だが、同時に駆け出した都が糸を噴出し、その腕を縛り上げた。
 一瞬、身動きを封じられたエノルメミエド。

 その隙を逃さず・・

「ホーリー・ライトっ!!」

 ミオの腕から眩い光の魔法が放出された!

 七色に輝く光魔法はエノルメミエドを包む闇の障壁に直撃・・・!

「こ・・これは、光属性魔法・・・!?」

 驚くエノルメミエドをよそに、それ程大きくは無いがその障壁にポッカリと風穴を開ける事ができた!!

「今だ、凛っ!」
 金鵄の掛け声に合わせ凛が弦を離す!

 青白い閃光が一直線にエノルメミエドへ突き進む!


ズサッッ!!


 鈍い音と共に霊光矢は障壁を通りぬけ、エノルメミエドの胸のど真ん中に突き刺さった!!

「やった!」
 ミオが小さくガッツポーズを取る。

 突き刺さった傷口から、青白い粒子が徐々に・・徐々に、蝕むように広がっていく。

「バ・・バカな・・、余が・・浄化なんか・・・されるはずが・・無い・・・」

 苦し紛れの言葉か・・。
 いや、たしかにエノルメミエドを包む黒い魔力は霊光矢の刺さった傷を包囲し、浄化の進行を食い止めようとしているようにも見える。

「嘘だろう? 今まで矢が刺さった身体の一部をもぎ落として浄化を食い止めたヤツはいたけど、自身の魔力や妖力で、凛の浄化を止めた奴はいない・・」

 そのあまりの魔力の強さに、金鵄はただ・・ただ・・呆然としている。

「彼女(凛)の浄化の力よりマニトウスワイヤーの魔力の方が上回っているのか・・? 予想以上の魔力だね・・・」

 予想外の出来事に、さすがのミオも驚きを隠せない。


「だったら黒い妖魔狩人の霊力に、わたくし達が手助けをしてやればいいだけの事ですわ!」

 そう言って都は凛の背後にまわり、その肩を抱き抱えた。
 そしてそのまま右手から糸を噴出し、エノルメミエドに突き刺さっている矢に巻きつける。

「なぜだ・・? てんこぶ姫の糸が凛の霊光矢に触れても浄化されない・・?」

 夕時の戦いでは、都の妖力で形成されている蜘蛛の糸は凛の霊光矢に触れると消滅していたはず。
 一体、何がどうなっているのか? 

「今わたくしは自分の妖力の波長を、黒い妖魔狩人の霊力の波長に合わせていますの。だから糸が消えないのですわ・・・」
 不敵な笑みを浮かべる都。

 しかし、その身体からシュウ・・シュウ・・と蒸気のようなものが吹き出している。
 よく見ると・・都の肌の表面はグツグツと煮えたぎるように泡立っており、誰の目から見てもこのままでは焼き崩れるのは明らかだ。

「てんこぶ姫・・・、貴女・・?」

 都の異変を感じ取り、思わず声をあげる凛。

「妖怪が浄化の波長に妖力を合わせるなんて、それって自殺行為じゃないか! なんでそんな事を!?」
 ミオも驚いて問い返す。

「今はそんな事はどうでもいいのです! それよりも黒い妖魔狩人。 わたくしの身体と糸を使って、貴女の霊力をもっとアイツに送り込みなさい・・・。そうしなければアイツを倒す事はできません!」

 そう、都は凛の浄化の力で追撃できるように、自らの身体をパイプラインとしたのだ。
 当然そんなことをすれば、妖怪である都の身体もただでは済まない。


「てんこぶ姫・・・」

 唇を噛み締める凛。

 全ての思いを霊力に変えたかのように、青白い光が都の身体を……蜘蛛の糸を伝わって、エノルメミエドに突き進んでいく!!


「ぐわぁぁぁ!!」


 次々の送り込まれる凛の霊力。さすがのエノルメミエドも悲鳴を上げ始めた!

「くたばらん・・・、これくらいではくたばらんぞ・・!」
 それでも、必死の抵抗を続けるエノルメミエド。

「妖怪さん・・ごめん! ボクの力も使わせてもらうよ・・・」
 ミオはそう言って反対側から凛の肩を抱きしめた。

 すると、ミオの身体からも光属性の魔力が糸を伝わってエノルメミエドの身体に流れ込んでいく!


r-vs-m_1412.jpg

 凛の浄化の霊力と、ミオの光属性の魔力・・。

 二つの闇と妖魔を消し去る力が重なりあって、ついにエノルメミエドの全身に亀裂が入る。
 亀裂はまるで蜘蛛の糸のように細かく全身に広がり・・・


「バカなぁぁぁぁっ! 余は・・余は・・・余わぁぁぁぁぁぁっ!!」


ギャァァァァァァァッ!!!!!!


 断末魔の叫びと共に、ついにエノルメミエドの身体は粉々に砕け散っていった。



エピローグへつづく・・・。

======================================

オマケ特典物語は、〉〉続きを読む をクリックしてください。

≫ 続きを読む

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニトウスワイヤー 終章 エピローグ

「街も大きな被害を受けたけど、逆に言えば、これ以上大きな被害を出さずに済んで本当に良かったよ」
 バックスクリーンの電光掲示板を見ながら、金鵄はそう呟いた。

「あまり・・良くないと思う。たった数時間の間で、どれほどの人たちが犠牲になったか・・?」
 凛は悲壮な表情で電光掲示板を眺めている。

「ううん・・・」
 そんな凛の肩を優里がやさしく抱きしめた。

「それでも凛ちゃんが・・・。そしてみんながこうして動かなければ、あの惨状は今・・この時も続いていたかもしれない。私達はよく頑張ったと褒めてあげていいと思うわ」

「そうっちゃよ!! 凛がマニトウスワイヤーっていうのを倒せなかったら、今頃みんな・・死んでいたかもしれないっちゃ!」
 千佳も当たり前のように凛に抱きつき、頬ずりまでしている。

「千佳、ウザイっ!」

 そう、エノルメミエドが倒れてから、凍らされた青い妖魔狩人も祢々も無事に助かり、街の中で蔓延っていた邪悪な精霊もすべて消え去っていった。

 凛、都、優里、千佳・・それぞれも、後から駆けつけたミオの仲間セイナの治癒魔法によって、体力だけはなんとか回復できた。
 もっとも逆に魔力を使い果たしたセイナは、そこでグッタリとダウンしているが・・。


「改めて、この街を守ってくれてありがとう! 妖魔狩人のみなさん。そして・・・」

 にこやかな笑顔で話しかけながらミオは、そのまま都に眼差しを送る。

「てんこぶ姫さん」

 だが、都は素知らぬ顔だ。

「ところで・・神楽巫緒さんでしたかしら? なぜ貴女がこの場に来られたのです?」
 都のそっけない問い。

「さっきも言ったけど、フェアウェイを預かりにきたんだ。ボクもあの子と同じ・・天女族だからね。数日前から天女族の女王様から連絡があったんだけど、なかなか足取りが掴めなかった。やっと今日・・彼女が丘福市に来るとわかったけど、敵の邪魔があってね」

 ミオの返事に都はまだ冷ややかな眼差しのまま、

「天女族って、緑色の髪をしているって聞きましたけど、貴女は黒色なのですね?」

「ボクは正確には天女族と人間の混血。この髪は父方の遺伝らしいんだ・・。会ったことないから、よく知らないんだけどね」

「ふーん・・。で、貴女がフェアウェイを引き取って、どうするつもりですの?」
 一瞬、都の目つきが鋭くなったのを凛は見逃さなかった。

「何もしない!」
 そう言ってミオは微笑む。

「どういうことですの?」

「うーん・・・、なんて言ったらいいかな? たしかにボクは女王様の命令で一旦あの子を引き取るけど、あの子がこれからどうするかは、あの子が決めることだよ! あの子がボクと一緒にいたくないと言えばボクはあの子を追わない! あの子の人生はあの子のものだからね」

 ミオはそこまで言うと、ちょっと思いついたように首をかしげ、

「あ・・・っ。でも・・ずっと見守ってはいくよ。ボクも義理の両親に見守られながら育ってきたからね」
 と付け加えた。

「そうですか・・・」

 都は、そう言うと、フト視線を逸らした。


「蜘蛛のお姉ちゃん!!」

 そんな都を呼びかける聞き慣れた幼い声。

 見ると、香苗を抱きしめたフェアウェイが駆け寄ってくる。

「お姉ちゃん、やっぱり助けに来てくれたんだね。わたし・・・何があったかよく覚えていないけど、お姉ちゃんに抱き起こされたのだけは覚えている」

 フェアウェイはそう言って、都の手を握り締めると・・
「ありがとう!お姉ちゃん。さぁ・・一緒に帰ろうっ!!」
 と、満面の笑みで手を引いた。

「別に礼を言われるほどの事でもありませんわ。それよりも・・・・・」
 都はそう言い、握りしめられた手をさりげなく外す。

「貴女はそこにいる・・・神楽巫緒とか言う天女のところへ行きなさい」

「えっ!? わたし、蜘蛛のお姉ちゃんと・・ヌイグルミさんと一緒にいるよ。これからもずっと!!」
 そう言って、フェアウェイは再び都の手を握り返す!


「ふぅ・・・」

 都は静かに溜息をつくと。


「ならば、食い殺しますわよ!」


「えっ!?」

 都の口から出た意外な言葉に、フェアウェイは思わず身を引いた。


「わたくしが貴女を助けた理由は、ただ単純に・・・奪われた『餌』を取り戻しに行っただけ。貴女を喰うために助けだしたのですわ!」

「嘘だよ・・お姉ちゃん。お姉ちゃんが・・そんなこと・・・」

「しますわ!!」

 都はキッパリ言い放った!

「バレンティアが居なくなった理由を教えましょうか? わたくしが食い殺したからです!」

「えっ、バレンティア・・・!?」
 フェアウェイは、更に二~三歩、身を引いた。

「あははは・・・、ヌイグルミさん・・・嘘だよね? お姉ちゃんは・・そんな事しない・・よね?」
 その腕で抱きしめている香苗に潤んだ瞳で問いかける。

 さすがの香苗も一世一代の大ピンチ。すがるように都に視線を送る。
 だが、都の目は冷たい。

「ほ・・ホントだよ・・。蜘蛛女が・・バレンティアさんを・・食ったんだ・・・」

 その言葉にフェアウェイは香苗をポトリと落とした・・・。

「うそ・・そんな・・・バレンティアを・・・・どうして・・?」

「ちょっと・・小腹が空いたからですわ。ネイティブ系は初めてでしたが、日本人と違って健康的で甘味・・コク。 なかなか・・どうして美味しく頂けました」
 牙を剥き出し下衆な笑いを浮かべる都。

「・・・・・・・・・・」

 まるで電池の切れた玩具のように、項垂れたまま声もでないフェアウェイ。
 そして、蒼白の顔から出た言葉は・・・


「こ・・・殺してやる・・・・」


 溢れる涙、握りしめる拳・・・・

「蜘蛛女、あなたを絶対に殺してやる! わたしが、この手で・・・!!」

「無理ですわ。貴女・・・何の力も持っていませんもの!」
 都はそう言って、鼻で笑う。

r-vs-m_1501.jpg


「ち・・力・・・!?」


「そう言えば・・神楽巫緒さん。たしか貴女、魔法を使っていましたわね? 天女族は皆、あんな芸当ができるのかしら?」

 小馬鹿にしたような都の問いに、ミオは今までにない真剣な表情で

「本来、天女族は風属性。個人の資質の差はあるけど、訓練しだいで誰でも魔法は扱える」
 と答えた。

「そう? ならば、暇があったら・・そこのガキに教えてあげてはいかがかしら? わたくしを殺せる程度の魔法とやらを・・!」

 その言葉と同時にフェアウェイはミオの下に駆け寄った。

「教えて! わたしにアイツを殺せる魔法を!?」

 ミオは静かにフェアウェイを見つめると・・・
「ボクは誰かを殺すための魔法は教えられない。でも・・自分や誰かを守るための魔法ならいいよ」
 とだけ答えた。

「それでもいい! とにかく、力が欲しい!!」

「わかった・・・」

 ミオはそう答えると振り返り、紫色の髪をした女性・・シアに声を掛けた。

「すみません・・シアさん。この子を連れ帰って、明日から訓練してあげてください」

「わかりました、ミオ様」
 シアはそう言って頷きフェアウェイの手を取る。

「じゃあ帰りましょう。 明日から猛訓練です」
 そのまま二人は、ドームスタジアムを後にした。

 二人を見届けた後、ミオは・・・

「てんこぶ姫さん、キミ・・わざと悪態をついたでしょう? あの子に目標を持たせるために?」
 氷のような表情を浮かべている都に問いかけた。

「アレ・・目標やったん!? トラウマ植えつけただけって気もするっちゃけど・・・」
 今まで黙って聞いていた千佳が、呆れた顔でチャチを入れる。

「目標・・というより、守る・・術(すべ)ですわ!」

 都がポツリと言い返した。

「不死の肉体を持つ・・天女族。 また、マニトウスワイヤーのような者から狙われる可能性もありますわ。 だったら、自分の身は自分で守れる術をつけませんと」

 そして・・・

「もう、バレンティアは守ってくれないのですから・・・」
 と、独り言のように呟きながらミオたちに背を向ける。

 フトっ、目と目が合う・・都と凛。

 凛は何も言わず優しい眼差しで都を見つめるだけ。

「ホント、バカだよ・・・蜘蛛女」
 香苗も苦笑いしながら見守っていた。












 
 
 いつの間にか、空は明るい紫色になっていた・・・。

r-vs-m_1502.jpg

「もう、夜明けか・・・。長い一日だったな」

 空を見上げながら、青い妖魔狩人が感極まりない表情で呟いた。


「それじゃ、ボクたちも・・もう行くよ。街の復興にも手を貸さないといけないしね!」

「ありがとう、ミオさん。お会いできてよかったです!」
 凛はそう言って握手を求めた。

 優しい手でそれに応えるミオ。

「今度また、ゆっくりと話しをしようね!」
 ミオはそう言うと、残った仲間と一緒に去っていった。

 そんなミオ達の後ろ姿を眺め・・・

「私達も、そろそろ帰りましょうか?」
 優里も柔らかな笑みで、そう問いかける。

「せやね! 帰って・・思いっきり寝たいっちゃ!」
 優里、千佳、青い妖魔狩人、祢々・・・そして金鵄と香苗も後に続くようにその場を去っていった。


 徐々に明けていく空を見上げながら佇む・・凛と都の二人。


 紫色の空が少しずつ白い明るみを帯びていく光景は、神秘的で心が洗われるような気にもなる。


「たった一日で、敵同士として戦い、そして一緒に共通の敵と戦う・・・。こんなことってある意味・・・奇跡だよね?」
 空を見上げながら凛はそっと語りだした。

「ですわね。でも・・・”まだ”敵同士ですわ」
 そっけなく返す都。



「ねぇ・・・・・」

「なんですの・・・?」

 言い難いのか? 口は動くが・・・声がなかなか出ない。


「人間を殺したり・・・食べたりするの・・・・。どうしても止められない?」


「!?」

 凛の予想もつかない問いかけに、都は一瞬言葉を失った。


 そして、慎重に言葉を選ぶように・・

「人間を殺すのは別としても・・。食べることは妖怪にとって・・肉食動物が他の動物の肉を食らうのと同じ習性や本能。それをやめることは難しいですわ・・・・」

 都には珍しく皮肉や軽口を入れ込まない、真っ直ぐな返事。


「そう・・・・」
 それ以上、何も言い返せない凛。


「丘福市と柚子村・・・。同じ神田川県同士。また・・・会う事もあるよね?」

「ですわね・・・」


「でも・・・・・」

 ためらうように唾を飲み込むと。


「できることなら、もう・・・二度と会いたくないな・・・」

 登りゆく朝日の光を浴びながら、そう語る凛の目に何かが光る。

 都は、凛の言葉の意味を噛み締めながら・・・

「まったくもって同感ですわ。二度と顔も見たくない・・・」

 そう言って自らの唇も噛み締める。


「もう・・ここで、お別れですわね・・・」
 都はそう踵を返した。



「てんこぶ姫っ!!」



 あわてて声を掛ける凛に足を止める都。




「さようなら・・・・・。 八夜葵 都さん!」


 朝の澄んだ暖かい空気が流れる・・。

 そんな暖かい空気が凛と都を包む・・・・。



「ごきげんよう~。 若三毛 凛!」











おわり

| 妖魔狩人若三毛凛VSてんこぶ姫 | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログ凍結、ご心配のお詫び。

このたび、12月9日未明に当ブログ『自己満足の果てに・・・』が凍結したことにつきまして。

閲覧者様にご心配をお掛けしたことを、謹んでお詫びいたします

今回の凍結に関して、私自身はまったく身に覚えが無く、後ほどブログの大元であるFC2ブログによる誤凍結だと判明いたしました。

======================================


【ブログ】FC2ブログの誤凍結に関してのお詫び


平素は、FC2(fc2.com)をご利用いただき、誠にありがとうございます。
2015年12月9日より発生したブログの誤凍結により
お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

今回のブログ誤凍結は世界的な社会問題となっている
児童ポルノの排除のための施策を行っており、
その際の手違いにより誤検知が発生してしまったことに起因します。

対象となるお客様のブログの凍結解除を行いました。
つきましては大変お手数ですが、
お客様のブログの表示および管理ページのログインをご確認ください。

凍結解除後、画像やデザインがすぐに反映されない場合がございますが、
しばらく時間を置くことで正常化されます。

今回の件に関連し引き続きブログの操作についてご不明な点がございましたら、
サポート窓口までご連絡ください。

以後このようなことのないよう、再発防止に努めてまいります。
大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

======================================

以上がFC2ブログより発信された謝罪文です。

実は正直言って、私はこの状況をまるで存じておりませんでした。
情けないことに、閲覧者様方々からのコメントやメールで知った次第です。

どうやら・・・・



「このブログは凍結されました
理由は、
・規約違反
・多数のユーザーに迷惑をかけた」



等の文面が、ページを開いた瞬間表示されていたとか・・・。

なんか、相当ヤバイ事をやらかしたように見えますよね。(苦笑)
たしかにこのサイトは、世間一般的にお披露目できるような内容ではありませんが、多数のユーザーに迷惑を掛けたような覚えはありません。

でも、今回のご凍結によって、一部の閲覧者様には誤解を受けたかもしれませんよね

そう考えれば、管理者よりも閲覧者様向けの訂正文と謝罪文を発信して欲しかったところですが。

でも、やらないでしょうね・・・。(苦笑)

そういうことで、これが今回の内情です。

改めて、閲覧者の皆様がた。
不必要なご心配をお掛けしまして、誠に申し訳ございませんでした。


今後もよかったら、当サイトをよろしくお願いいたします。m(_ _)m

| 閲覧者様との交流 | 17:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月