FC2ブログ

自己満足の果てに・・・

オリジナルマンガや小説による、形状変化(食品化・平面化など)やソフトカニバリズムを主とした、創作サイトです。

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

≫ EDIT

妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話「妖怪食品工場 -前編-」

「ウチが・・妖怪・・・・・?」
「正確には、妖怪として転生した。じゃが・・・、あそこにいる黒い妖魔狩人と戦って、お前さんは敗れたんじゃ。」
「…………」
「そして黒い妖魔狩人は、お前さんが人間に戻るように浄化した・・・・んじゃが、どうやら完全ではなかったようじゃの?」
「なぜ……っ…ちゃ・・?」
「たまたま浄化の力が弱く及ばなかったか、もしくは・・・」
 嫦娥はほくそ笑むように、その人差し指を千佳の鼻先に当てた。
「妖怪の力を失いたくないと・・・、お前さんの心のどこかに、強い気持ちがあったから。かもしれんのぉ~」
「妖怪の……力………」
「じゃが、問題はこれからじゃ。お前さん、今現状……人間と妖怪、丁度半々の半妖になってしまっておる」
「半妖・・・?」
「半妖自体は悪くないのじゃが、問題はその魂(エネルギー)の在り方じゃ。数学で言うんなら(+1)+(-1)といった状態じゃな」
「・・・・・・?」
「なんじゃ、これくらいの意味もわからんのか?」
 中学1年になったばかりとは言え、本来ならこれくらいの意味はもう学校で習っている。
 だが、千佳は勉強が大嫌いだ。したがって、その意味は理解できない。
「人間としてのプラスの魂と、妖怪としてのマイナスの魂がまるで同じ強さのため、お互いが打ち消し合って、消滅してしまう・・・て事じゃ」
「つまり、死ぬ・・・・って事・・・?」
「そうじゃ…」
 さすがにこれは理解できた。
 再び千佳の顔色が青ざめていく。
「助かるには、どちらかの魂の力を上げて、その比率を変えてやることじゃ。まぁ……完全な人間に戻る事、完全な妖怪になる事は難しいが、妖怪としての魂を強める事くらいなら、それほど難しいことではない」
「ウチは……結局、化け物にならなければ、生きていけない・・・」
 ガックリと膝を落とす千佳。
「どうじゃ? 妖怪の魂を強めてみるか?」
 千佳に返答を求める嫦娥。
 しかし千佳は、そんな言葉がまるで耳に入らないほど、絶望感に押しつぶれていた。
「まぁ、今すぐ返事をせんでもいい。じゃが……早めに決めることじゃの。おそらくその生命、もってあと3日ってとこじゃ」
 嫦娥はそう言い残すと、暗闇の中に消えていった。


 同じ頃、千佳と嫦娥がそんなやり取りをしていたのをまるで知らない凛と優里。
 帰路を急いている中、凛は今日学校であった千佳との会話を持ちだした。
 千佳の浄化が不完全な事。そのせいで妖力が残っていること。
 金鵄は事情を知っているだけに、その驚きを隠せなかった。
「優里お姉さん……、美咲おばさんはあれから何も変わっていない……?」
「えっ……?」
「そうだ、たしかに優里の母親も妖怪化して、凛に浄化された。もしかしたら・・・」
 金鵄も付け加えて問いただす。
「うちのお母さんは、別に何も問題は見受けられないわよ。妖怪になる前と全然変わっていない」
 きっぱり答える優里。
「そう……、それならいいんだけど……」
 どこか不安を持ちながらも、とりあえず安心した。
「ん……っ!?」
「どうしたの金鵄?」
「いや、優里の母親が妖木妃に妖怪化されたのは、今から一ヶ月半以上前……」
「うん」
「凛が初めて妖魔狩人になった日、つまり僕と凛が出会った日に妖怪になって現れたよね?」
「うん、あの日の事は忘れない……」
「あの日僕は、この村では初めて妖木妃と対峙したんだ。」
「…………?」
「と言うことは、妖木妃はそれよりも前……、この村に来る前に優里の母親を妖怪にしている!」
「何が言いたいの……金鵄!?」
 凛と優里の目は、金鵄に集中している。
「妖木妃は、どこで彼女を妖怪にしたんだ? 妖怪になったのは、彼女だけなのか……!?」
 今まで考えてもみなかった事だった。
 だが、よく考えてみれば大変重要な事だ。
 もし、優里の母……美咲と一緒に、この村以外で妖怪にされた人間がいるのなら……。
「私、お母さんに聞いてみる。たしか取材に行くと言って出かけた日だったはず。」
 さすがに優里も緊張を隠せない。
「お姉さん、わたしも一緒に行っていいですか?」
「凛ちゃん……も?」
「ハイ、一つだけ確認したい事もあるし」
「いいわよ」
 一行は、優里の自宅に立ち寄る事にした。

「あら、凛ちゃん~いらっしゃい♪」
 優里の母、美咲が暖かく迎えいれる。
「こんばんわ、おばさん」
 相変わらず笑顔は苦手だが、それでもこの家では自然と笑顔になれるから不思議だ。
 だが、今日だけは凛の目は笑っていなかった。
 美咲の身体を隅々まで眺める。そして・・・
― うん、大丈夫……! ―
 凛は、ホッと溜息をついた。
「どうしたの……凛ちゃん?」
 優里が小声で尋ねた。
「いえ、浄化が不完全だと、妖気が赤い靄みたいに見えるんです」
「じゃあ、確認したいこと……って!?」
「大丈夫です! 完全に人間に戻っています!」
「そう、良かった……」
 さすがに優里もホッと溜息をついた。
「ところでお母さん、一ヶ月半くらい前の事だけど・・・、どこか取材に行って、いきなり帰って来たことがあったわよね?」
 優里がストレートに問いだした。
「一ヶ月半……前……?」
 ローカルテレビ局に勤めている美咲にとって、取材は日常茶飯事。
 まして一ヶ月半も前の事なんか、よく覚えていない。
「そう……たしか・・・、そう……5月1日!」
 優里の言葉にスマートフォンを取り出し、スケジュールを確認する美咲。
「5月1日・・・、ああ……っ、この日は牛味(うみ)町の冷凍食品工場に取材に行った事になっているわね!」
「牛味町……冷凍食品工場……?」
「そう、ええっとね……、たしか大手冷凍食品販売会社の下請けで、異物混入騒動があったのよ。それで下請けを切られ、営業休止になるとか……ならないとか……」
「それで……?」
「それで……、あれ……!? あんまりよく覚えていないわ……? 工場に行った記憶はあるんだけど……」
 それだ!
 おそらく取材先で妖木妃に会ったのだ。
 そこで妖樹化した。だから……記憶がそこで途切れていうんだ!
 ハッキリ言って、取材中なら他にも妖木妃に襲われた人がいる可能性が大きい。
 凛と優里は無言で頷きあった。


 翌朝、凛と優里はいつも通り学校へ向かった。
 しかし学校が終わり次第、柚子村と優里の高校のある丘福市の中間にある、志津香駅で待ち合わせすることにしていた。
 そこから乗り換え、20~30分先の牛味駅まで行き、工場へ向かうのだ。


 一方、千佳は・・・?
「あぁ……っ!!」
 昨夜は殆ど眠れず、布団の中で一晩中……震えながら夜を明かした。
 朝、顔を洗おうと両手で水を掬った時、ソレに気づいた。
 自分の手が、時折『半透明』になることを・・・!
 いや、おそらく手だけでは無いだろう。
 自分の身体全体が透け始めている。それはすなわち・・・
 自分の存在が消え始めている!!
 人間としての魂と、妖怪としての魂が互いに打ち消し合って・・・
 つまり千佳という存在が消滅する。
「凛……ウチ………」
 何も考えられなくなった千佳は着替えもせず、そのままフラフラと表へ出て行った。

妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話(1)

-------------------------------------------------------------------


 今回はいつもより、かなり長めになっております。ww
引き続き、下のスレ「中編」を御覧ください。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 妖魔狩人 若三毛凛 if | 01:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話「妖怪食品工場 -中編-」

 時刻は過ぎ、制服姿のまま志津香駅で待ち合わせた凛と優里。
 ローカル線に乗り換え、牛味駅へ着いた頃は夕方五時を回っていた。
 ネットで調べた住所を頼りにタクシーで工場に辿り着いた。
 柚子村みたいに山々に囲まれ、殆ど民家も見当たらず、広い土地の中にポツリポツリとある、工場や倉庫の一つ。
 神田川第一工場・・・・
 門には社名の下にそう書かれてあった。
 営業休止になったと聞いていたが、間違いないだろう。
 駐車場や荷受場所には、車やトラックが一台も停まっていない。
 工場を見渡しても、シャッターは全て閉ざされており、灯りの一つも見当たらない。
 凛と優里は互いに頷くと、門の中へ足を踏み入れようとした。
 そこへ・・・
「あなた達……中学生? それとも高校生……?」
 と背後から声を掛けられた。
 振り返ると、40半ばくらいの肉付きのいい中年女性が立っていた。
「私達は柚子村にある、青葉メイトという……小学、中学、高校生によって結成された、県の社会事業を観察していく集まりなんです。今日はこの付近で工場見学ができる場所を調べにやって来ました」
 優里が笑顔で素早く答える。
 もちろん、全て『嘘』である!
 だが、あまりの頭の回転の早さに、凛は呆然と見つめるだけであった。
「まぁ、そうなの! でも……ここは止めたほうがいいわよ。この工場は一ヶ月前から営業が止まっているし、なにより・・・」
「……?」
「ここだけの話・・・!」
「はい……?」
「ここ最近、この付近……行方不明者が続出しているんだって!」
「行方不明者……?」
「もしかしたら、この辺で怪しい新興宗教団体でもいて、拉致でもしているのかもよ!?」
「こ…怖いですね……」
 中年女性はそう言うと、手にしたハンドバックから何やら取り出し
「はい、飴ちゃんあげるから、それを食べて帰った方がいいわよ!」
と、二人に1つずつキャンディーを手渡した。
 中年女性は言うだけ言うと、何事も無かったように立ち去っていった。

 ガチャッ!!
 不思議な事に、周りのシャッタ―は全て閉ざされているのに、玄関の鍵は閉じていない。
 ゆっくり扉を開け、玄関に足を踏み入れる。
 電気は止められているのか?
 当然、全ての照明機器は作動していないため、工場内は1~2m先すらよく見えない程の暗がりになっている。
「優里お姉さん……、あまりよくない気を感じます……」
「うん、凛ちゃん程で無いけど、私にもなんとなくわかる……」
 玄関から入ると、すぐ正面に二階へ上がる階段と、その脇を通る小さな廊下がある。
「どっちから行く?」
 優里が声を掛けた瞬間・・・・
ゴトッ!!
 上の方から物音が聞こえた。
 慌てて凛の顔を見て確かめる。どうやら凛にも聞こえたようだ。
「二階・・・?」
 二人はゆっくりと階段を登っていった。
 階段を登り二階へ上がると、すぐ脇に営業事務室の扉があった。
 優里が扉をゆっくり開け、中を覗きこむ。
 殆ど暗闇状態で、まるで中の様子がつかめない。
 しっかり手を繋ぎ、恐る恐る事務室の中へ入っていく。
「誰だっ!?」
 ギクッ!!!
 部屋の奥から、人の声が聞こえた?
「誰だ、何故…勝手に入り込んでいる?」
 間違いない、人の声だ。
 暗闇に目を凝らし、部屋の奥を見つめる。
 どうやら一人の男が近づいてくるようだ。
 ほんの目と鼻の先まで近寄ってこらえ、やっと中年男性だとわかる。
 角刈りのような頭に、無精髭。
 さほど身長は高くないが、中肉中背で極普通の中年男性。
「俺はここの工場長、お前ら…中学生か?」
 怪訝そうな目で二人を見渡す工場長。
 すかさず優里が、中年女性を対応した時と同じように返す。
「申し訳ありません、私達は柚子村にある・・・(以下、略…)」
「ふ~ん……、工場見学ねぇ~。見ての通り、この工場はしまえているよ」
 工場長はお手上げといった仕草。
「そのようですね、私達の勘違いでした。ここで失礼いたします・・・」
 そう言って優里が背を向けたその時・・・
「でも、お嬢ちゃん達なら……食品加工の現場を見せてやってもいいよぉ~♪」
 口調が違う!
「優里お姉さん、不味いです……」
 凛が呟いた。
 凛の目には、工場長から赤い靄のような物が噴出し始めたのが見える。
「この人・・・・妖怪です!」
 凛がそう言った瞬間、工場長の姿が異変した!
 角刈りは鋭くハリネズミのようになり、指先は刃のような長い爪。そして耳まで裂け、犬歯のような牙が並ぶ口。
 凛にとっても見慣れた姿・・・妖樹によって妖怪化した姿!
シャァァァァッ!!

妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話(2)

 鋭い爪が二人に向かって振り下ろされる。
 慌てて避ける凛と優里! そこにあった机が真っ二つに切り裂かれた!
「霊装っ!!」
 黒と白の戦闘服を身に纏い、弓と薙刀を構える凛と優里。
 だが、ただでさえ狭い事務室、更に机や事務用品が並んでいるため身動き一つするにも、ままならない。
 まして優里の薙刀なんかその長さゆえに、机や棚に突っ掛かって自在に操る事もできない。
「凛ちゃん、ここじゃ戦えないわ。一旦…工場の外へ出ましょう!!」
「はい!」
 二人はそう言って事務室から飛び出した!
 早く下へ降り、外へ出なければ・・・
 しかし!!
 上がってきた時に使った階段が・・無い!?
「まさか・・・!?」
 二人は我を疑った。
 いや、階段が無くなったわけではない。
 階段の前に防火用のシャッターが降ろされており、完全に閉ざされているのだ。
シャァァァァァァッ!!
 すぐ背後で、鋭い爪が空を斬った!
 優里が薙刀を構え応戦する。
 だが、ここも狭く、更に素早く動く敵に技が振るえない。
「お姉さん、こっち!」
 凛が階段の脇に奥へ進む細い廊下を見つけた。
 突っ走る二人!
 奥に扉が見える。
 蹴り破るように扉を開け、中へ飛び込むと、勢い良く扉を閉め鍵を掛けた。
― ふぅ… ―
 これで少しは時間が稼げる。
「ここは?」
 真っ暗な室内を手探りで探っていくと、部屋の両脇に十数個のロッカーが並んでいるのがわかった。
 どうやら飛び込んだ場所は、更衣室のようだ。
 外へ出る方法はないか? 
 部屋の中を見渡す二人。
 外からの薄明りでロッカーの上に排煙用の窓が見えたが、あまりに小さく、いくら小柄な凛でも通り抜けられそうにない。
 更に室内を探索すると、別の部屋に繋がる扉を見つけた。
 扉を開け、中の気配を探る。
 そこは更に小さく狭い部屋? どうやら、妖怪の気配はない。
 ゆっくりと先へ進む二人。
 暗闇のため二人は気づいていないが、ここは調理場へ入る前の消毒用のエアシャワールームであったらしい。
 部屋の左脇にあった引き戸型の扉を開けると、大きな厨房へ繋がった。
 排煙用の窓が並んでいるため、外からの薄明りが差し、今までの部屋より僅かだが室内の様子がわかる。
 中央には調理台が並んでおり、部屋の壁側にはフライヤーや鉄板など加熱機器が並んでいる。
 ゆっくりと歩を進めていくと、部屋の隅で何かが蠢いている気配を感じる。
 近づきながら目を凝らして様子を見る。
「キャッ…」
 凛が小さな悲鳴を上げた。
 床には数人分の白骨が散らばっていた。
 更にその先で、ガツガツと何かを食い漁っている4~5人の姿が。
「そこにいるのは誰っ!?」
 優里が凛とした声を掛ける。
 声に反応し振り向く4~5人。
 各々がその手、その口で、人間の腕や、動物の足などを食い漁っている。
 それは、人間や野良犬などを食い漁っている・・・妖怪化した元人間達。
ううううぅ・・・
 奴らは新たな獲物を見つけた肉食獣のように、食していた肉片を放り捨てると、ゆっくり凛と優里に向かって歩き出した。
 武器を構える二人。
「ソイツらは、食うという本能だけが残って、下等妖怪に成り果てた・・・ここの作業員達だ」
 背後から工場長が現れる。
「この俺は、誰よりも優れた加工食品を作りたいという願望があったため、知識も記憶も残したまま、上級の妖怪に生まれ変わったのだ!」
― たしかに・・・ ―
 凛は思い当たった。
 妖怪化した千佳は、凛に対する『想い』をしっかり残していた。
 同様に妖怪化した青年(春人)は、人形を集めたいという欲望が、能力として加わっていた。
うぅぅぅぅぅぅぅ・・・・
 そんな凛の思考を中断するかのように、うめき声が聞こえる。
 前方からは五人の妖怪化した作業員。後方は妖怪化した工場長。
 先程までよりは多少広くはなっているが、それでも室内。更に1メートル先さえ見えない暗闇。
 まともに戦える状況ではない。
 いや、優里自身は……本心を言えば、実はこの不利な状況でも、敵を倒す自信はあった。
 しかし、この状況下での戦いとなれば、敵に対して手加減などができず、それどころか相手を殺してしまう可能性が高い。
 相手は、いくら妖怪化しても元は人間。凛の浄化の力を使えば、人間に戻すことができる。
 そう・・・優里の母、美咲のように。
 凛によって妖怪化した美咲を元の人間に戻してもらった喜びは、優里には痛いほどわかる。
 この作業員たちも、もしかしたら……家族がその帰りを待っているかもしれない。
 だから、無闇矢鱈に戦うことで、その生命を奪うわけにはいかない!
「優里お姉さん・・・!?」
 凛の心配そうな声。
 だが、優里にとっての最優先は凛だ。
 どんな事になってもこの子だけは守らなければ!
 最悪、この手を汚してでも・・・・
 優里がそう決意した時。
「こっちよ!」
 右の方向から声が聞こえた。
 見ると、右方向の壁に扉があり、その扉の先には門の前で出会った中年女性の姿があった!
「あの人は・・・!?」
「お姉さん!」
 凛の顔が少し明るくなり、目で合図を送る。

 優里は・・・・・どう動く?

 ① 「待って!」凛を制した。
 ② 凛の手を握り、扉へ向かって走った。
 
 

 ----------------------------------------------------------------

『-後編-』へ続く。

そのまま、下のスレをご覧ください。

| 妖魔狩人 若三毛凛 if | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話「妖怪食品工場 -後編-」

 ① 「待って!」凛を制した。

 「待って!」優里は凛を制した。
 耳を澄まし、中年女性の部屋の気配を探る。
 複数の何者かが、うごめく気配がする。
 おそらく、この厨房にいた作業員と同じ、妖怪化した人間がいても不思議ではない。
 そんな中を、一般人である女性が辿り着けるはずがない。
「凛ちゃん、あの女性・・・なにか感じない?」
 優里の慎重な言葉に、目を凝らし女性を見つめた。
 赤い陽炎のような靄が、女性を覆っている!
「あ…あの人も、妖怪・・・!?」
「やはり・・・」
「あら、バレたようね!!」
 扉の向こうで中年女性は、そう言って微笑んだ。
「アタシは、この工場のオーナー。アタシも食べることが何より好きなんだけど、でも本能のまま食い散らかすなんてごめん! しっかり調理された文化的な料理を食べるのが好きなの」
― そういった理由でも、自我が残るものなのね… ―
 改めて、人間の執念……欲望の深さを知る。
「アタシの今の役目は、工場の外で美味しそうな獲物を見つけ、工場内へ誘い込む事・・・。後は、そこの工場長が美味しく加工した料理を頂くこと・・・」
「オーナー、もうしばらくお待ちください。 すぐにこの娘たちと料理してお持ちいたしましょう」
 厨房内には、妖怪化した工場長及び、作業員たち。
 隣の部屋には、同じように妖怪化したオーナーや、作業員が待ち構えている。
「まるで、ゾンビの館ね・・・・」
 10年に一度の出来事ではないだろうか?
 あの優里が、アメリカン・ジョークのようなものを口にして嘲笑している。
 それに対し
「笑えないです・・・・」
 と凛は引きつったままである。

 来た方向は、防火シャッターによって階段が閉ざされているので、下に降りることはできない。
 だが、工場の外にいたオーナーが上にあがってこれたと言うことは、あの扉の先が下の階に繋がっているはずである。
 進路は決まった。
「凛ちゃん、何日か前……霊光矢を投網のように変化させたわよね。あれ……ここでもできる?」
 優里は凛に問いかけた。
「投網のように・・・? ああ…、卵化した人たちを元に戻す時に使った・・・?」
「そう。できるのなら、工場長やこの部屋にいる作業員に向けて放ってほしいの!」
 凛には優里の言っている意味が理解できた。
「変化は多分できます。でも……あの時と違って広範囲になるので、きちんと網の形になるかわからないし、なっても霊力がかなり分散するので、浄化まで…できないと思います」
「形はどうでもいいし、浄化できなくてもいい。ただ……少しの時間でいいから、彼らの動きを足止めできればいいの!」
「わかりました、やってみます!」
 一歩前に出た凛は、弓を構える。
シュュュッ・・・・・!
 放たれた青白い光は、まるで花火のように瞬時に四方八方へ分散。
 分散した光の全てに、細い光の糸が繋がっている。
 それは妖怪たちの前に、壁の様に立ちふさがった光の網。
「凛ちゃん、ついてきて!」
 優里はオーナーのいる扉に向かって駈け出した。
 握りしめた薙刀の、刃先とは逆の柄の先……石突と呼ばれる部分を突き出し、オーナーの腹部に突き当てる!
 そのまま捻るように押し払うと、オーナーは反対の壁まで吹き飛んだ!
 直ぐ様、部屋の中へ飛び込むと、凛は扉を閉め鍵を掛けた。
 この部屋は厨房ほど広くはないが、逆に作業台や調理機器などが一切置いていない。
 どうやら、商品を梱包する部屋のようである。 
ううううううぅぅっ!
 この部屋にいた、5~6人の妖怪化した作業員が一斉に襲いかかってきた。
 だが、この部屋なら狭いながらも、なんとか薙刀を振るうくらいは出来そうだ。
「凛ちゃん、作業員は私に任せて、下に降りる階段をみつけて!」

妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話(3)

 優里は、薙刀の刃の逆……刀背の部分を使って、襲いかかる作業員をなぎ払う。
 いわゆる、刀背打ち(みねうち)というやつだ。
 殆ど暗黒と言っても過言ではない……暗闇の中。
 実力的に劣る相手とは言え、気配だけを頼りに複数の相手から身を守るのは容易ではない。
 しかも、相手を殺さずに応戦しているのだから、殆ど神業と言いいてもいい。
「あった!」
 凛が非常口と兼用になっている、野外階段を見つけた。
 おそらく妖怪オーナーはここから上がってきたのだろう。
ガチャ・・ガチャ・・!
 ノブを回そうとするが、回らない。
 よく見ると、鍵が壊されており、ノブが回らないようになっていた。
 おそらくオーナーが念の為に壊していたのだろう。
「そんな……」
 大きく溜息が零れた。だが、ここでしょげている暇はない。
 優里が頑張っているうちに、他の手段を見つけないと!
 凛は諦めず、壁という壁・・床という床を手探りで弄る。
「!?」
 真っ暗で気付かなかったが、床の一部が落とし穴のように抜けている箇所がある。
 手探りで抜け穴に手を伸ばしてみる。
― ベルト・・コンベア・・・!? ―
 そう、そこはベルトコンベアを使って、直接下の階に荷を降ろせるように開けられた穴であった。
 抜け穴は極端に大きくはないが、それでも一人ずつなら十分に降りられる幅がある。
「優里お姉さん、下へ降りられます!!」
 凛は大声で叫んだ!
「ありがとう、凛ちゃん! 後から行くわ・・・先に降りていて!」
 優里は丁度、オーナーと応戦していた。
 凛は抜け穴に足を入れ、後ろ向きでコンベアを伝って降りていく。
 オーナーを払いのけた優里も後に続く。
 1階に辿り着くと、辺りを見渡す。
 閉じられた搬入用のシャッターの脇に、非常口と記された扉があり、駆け寄る二人。
 コンベア用の抜け穴から、次々に飛び降りてくる作業員。
 その中には、オーナーと工場長の姿もあった。
「開いたっ!!」
 扉を開け、勢い良く外へ飛び出す二人。
 外は日も暮れ、月夜の光だけが唯一の灯りだった。
 トラックレーンの中央まで駆けぬいた二人は、追っ手を迎え撃つため武器を構えた。
 十分な広さに、月明かりのお陰で、ある程度視界がきく。
 だが、工場長もオーナーも・・・そして作業員たちも、工場から出てくる気配は無かった。
 もしかしたら、あの妖怪たちもわかっているのかもしれない。
 工場内が自分たちの縄張りであり、ホームグラウンドであること・・・。
 工場の外で行動することが、どれだけ自分たちにとって不利であるかを。
 本能に忠実な妖怪ならではなのかもしれない。
 月明かりに照らされた工場は、そのもの自体がまるで生き物のように、ひっそりと息を潜めて辺りを伺っているようにも見えた。
「優里お姉さん、妖怪たち追って来ませんが、どうしますか?」
 さすがに優里も、これは予想外であった。
 どうする? 自分に問いかけるように、大きく息を吸う。
「今日は一旦戻りましょう。そして明日……準備を整えて、もう一度来ましょう。凛ちゃんも、このまま放っておけないでしょう?」
「はい」
― たしかに今戻っても、あの暗闇の中では戦えない。気がかりだけど、ここは体勢を整えなおしてからの方が良さそう。
 それにしても、もし……これが、わたしと金鵄の二人だけの時だったら、また飛び込んでいったかも知れない・・・。やっぱり優里お姉さんがいて、良かった! ―
 凛はそう考えていたら、自然と口元がほころんでいた。


 翌日、凛と優里は学校を終えてすぐに、再び工場を訪れた。
 今度は二人だけでなく、金鵄、セコ、猪豚蛇、そしてセコを通じて火や光属性の精霊たちも呼び出した。
 精霊たちで工場内を照らし、金鵄・セコ・猪豚蛇が囮となって誘い出す。
 誘い出された妖怪たちを、優里が前に出て盾となり、後方から一匹ずつ確実に凛が浄化の矢で仕留めていく。
 もっとも猪豚蛇だけは、怖がって凛の背にしがみつき、何の役にも・・・いや、却って足手まといだったが。
 すべての作業員、工場長・・・オーナーは浄化され、静かに横たわっている。
 意識が戻れば、各々元の居場所へ帰るだろう。
 その様子を眺めていた優里は、もの悲しげに声を漏らした。
「私のお母さんは、本能しか無かったのかしら……」
「はい……?」
「ごめんなさい・・・気にしないで」
 優里は慌てて、言葉を濁した。
「君の母が、人を襲う本能だけの妖怪に変わった事を、気にしているのかい?」
 金鵄がストレートに問い返した。
「ここの工場長、凛ちゃんの友達や……私の高校の先輩みたいに、想いとか願望とか無かったのかな?って。なんか……フト、悔しいやら……悲しいやら、そんな馬鹿げた考えが浮かんで・・・」
 優里はそう言うと、自分自身を嘲笑うように、大きく溜息をついた。
「うん……、よほど強い念のようなものが無いと、妖怪の本能に負けてしまうのだろうね」
 金鵄がまとめるように呟いた。すると、
「わたしは、美咲おばさんに、強い想いが無かったとは思いません!」
 それまで黙っていた凛が口を開いた。
「ここから柚子村のおばさんの家まで、電車を使っても一時間近く掛かりますよね?
 それなのに、なぜそんな遠い道のりを歩いて戻っていったんでしょうか?
 もし、人間を襲う妖怪の本能だけになっていたのなら、おばさんも他の作業員さんと一緒に、この工場に残っていたんじゃないかと思うんです」
「それって……!?」
「きっと、潜在意識の中にある、優里お姉さん……家族への想いが、本能を上回っていたんじゃないかなと。だから……ガムシャラに家に戻ることしか頭になかったんじゃないでしょうか?」
「でも……、お母さんは私の事がわからず、襲ってきたし・・・・」
「考えてみれば、優里の母は家に辿り着くまで、誰も襲った形跡はない。もしかしたら、家に辿り着いた喜びや安心感が、一気に想いを和らげてしまい、その瞬間……本能が上回ったのかもしれないね」
「じゃ…じゃあ……、お母さんは……私の事を……」
「忘れてなんかいなかったんですよ!」
 凛の優しい微笑みが、優里の心を強く打った。
― ありがとう……凛ちゃん。また……貴方に助けられちゃったね。 ―
 


「や…やっと見つけた…ちゃ……」
 同じ頃、村外れ犬乙山の麓近辺で、千佳が嫦娥と接触していた。
「ウ…ウチの身体が……消えかかっている……。これ…って!?」
「ふむ、かなり魂(エネルギー)同士が、打ち消し合ってきたようじゃの」
「ウチ、まだ…死にたくない……」
「確実に助かりたいなら、方法はある!」
 嫦娥はそう言うと、懐から瓢箪を取り出し、その蓋を外した。
 気が重くなるような赤い靄が広がると、一匹の動物のような影が現れた。
 体長は中型の犬くらい。だが…体つきは猫そっくりで、燃え盛るような…真っ赤な逆立つ毛が全身を覆っていた。
「中国妖怪、火山猫。お前さん……こいつと融合するんじゃ!」

 第14話へつづく(正規ルート)



 エピローグ②
『もう一つの始まり』

 ここは神田川県丘福市中央区に位置する、私立聖心女子大学。
 ティールームと表示された全面ガラス張りの一室のテーブルで、一人の女学生が読書をしていた。
 昔話のお姫様のように、長く、しなやかな黒髪。
 まだ女子高生で通るのではないかと思えるような、可愛らしく…それでいて上品な面影。
 このままジッと座っていれば、実物大の人形だと言っても信じてしまうだろう。
 本の表紙には『人形ニナの手作り服』と記載されている。
 どうやら手作り着せ替え人形と、その服の作り方が記された手芸本のようだ。
 キラキラ輝くその瞳を見れば、この女学生がどれ程関心をもっているかがわかる。
 そこへ
「姫~っ、探したわよ!」
 湯気の沸いた紙コップを両手に、短髪の女学生が話しかけてきた。

妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話(e-2)

 短髪の女学生は、姫と呼んだお姫様風の女学生と、自分のテーブル上に紙コップを置くと、自身も椅子を引き隣に腰掛ける。
「ありがとうございます、希美さん。でも…姫と呼ぶのはやめていただけませんか?」
 姫と呼ばれた女学生は、気恥ずかしそうに微笑んだ。
「いいじゃん! あんた…この大学の有名人だからね!」
 希美は紙コップに入ったミルクティーを一口、口に含むと、
「八夜葵 都(はやき みやこ)、私立聖心女子大学教育学部一年生!
 あの日本十大流派とも言われている、八夜葵流の令嬢で、一説では武将島津の血を引くとか引かないとか・・・。
 柔らかで優雅な振る舞いに、美しく愛らしい佇まい。
 わが校だけでなく他校からも、お姫様みたい~~っ♪って言われているくらい、あんた・・超人気者なのよ!」
 と、少し大げさかなとも思えるくらい、囃し立てた。
「そ…そんなこと……ないです……」
 姫こと・・都は、ただ…ただ…赤面するしかなかった。
「ところで姫、週末のサークル強化合宿。参加するんだよね?」
「はい、初めての合宿なので、大変楽しみにしております。ただ・・・・」
「ただ・・・・?」
 都の言葉に、希美は首を傾げた。
「いえ、ハンドメイド(手作り)サークルでの強化合宿って、どういった事をするのでしょう?」
 ある意味で、素朴な疑問だった。
「わからん!」
 希美も頭をかく。
「まぁ、先輩たちの話によると、合宿っていう名目の、親睦会みたいなものって話だよ」
「そうですか。私……そういった会も経験がないので、皆様のご迷惑にならなければいいのですが……」
 不安そうに頬を赤らめる都。
 やっぱ、こいつ…お姫様みたいで、マジ可愛い!! そう思う希美だった。

 週末の土曜日、ハンドメイドサークルは、都と希美を含む二十数人のサークル部員を乗せた貸し切りバスで、柚子村という小さな村を経由して伊塚市へ向かった。
 途中、山道を通るが、実質二時間程の道のりである。
 しかし道中、予想もしない大事故が発生した。
 柚子村を通り過ぎた辺りの山中で、バスが横転……崖から落ちるという大事故だった。
 バスの前面は、まるで落石か、もしくは熊のような大型動物に衝突したかのように、大きくへこんでいたらしい。
 バスの内部には、2~3人の女学生の死体があったが、他の学生の行方がわからない。
 大規模な捜索活動が行われたが、依然として行方不明のままだった。

 姫こと八夜葵都と、その友人…希美の行方も・・・・・・・・。


 もう一つの始まり  完




----------------------------------------------------------------

②は 》続きを読むをクリックしてください。

≫ 続きを読む

| 妖魔狩人 若三毛凛 if | 01:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第13話 あとがき

ようこそ、弥生ちゃん
我々は、君を歓迎する!!

…というわけで、やっと新鋭駆逐艦ちゃんが一人、我が隊に来てくれました。
それも、30・30・30・30のレシピを毎日繰り返しやってだぜ!wwww

いいじゃん、これも一つの楽しみ方だよ。 るりょうりに ですw


※ここから先は、『妖魔狩人 若三毛凛 if 第13話』のネタバレがあります。
本編を読まれていない方は、ご注意ください。




さて、なんとか13話を公開できました。

読んでくださった方、本当にありがとうございます!m(_ _)m


今回のポイントは、やはり…正規ルートでは、千佳の新たな展開への繋ぎ。
そして、バッド・エンドでの、平面化→生ハム、クレープ風スイーツ化

やっと千佳のこの展開、この物語を持ち込める所まで来ました。
これは、3話か…4話を書いた頃あたりに思いついたストーリー展開なので、俺っち自身も少し楽しみにしてます

そして、優里の生ハムと凛のクレープ
かなり前からやりたいと思っていたネタです。

特に生ハム化は、もう…十数年前に、とある大好きなゲームヒロインを使った二次創作でやって以来。

俺っちにとって生ハム化は、本当に激しくS心が動かされる美少女キャラでないと、やりたいと思わないネタなんですよ。

なぜなら、俺っちの状態変化フェチと、カニバフェチ・・・、一度に同時に覚醒させてくれたのは、ある二種類のマンガ。
そのネタは、平面化→生のまま食べる

この情けないコラボレーション、これが覚醒のきっかけです。
だから、俺っちにとって、本当に神聖なるシチュエーションなんです。

オリジナルキャラでは、優里が初めてですね。
優里は、俺っちが誇れる美少女キャラだと思っております。

で、十数年ぶりに挑戦してみたわけですが・・・・・

結果として、点数を与えるなら70点くらいですね。

もっと心理描写や調理過程をしっかり書きたかったのですが、上手くまとめきれませんでした。

挿絵でも、今回の平面イラストは、ちょっと不本意ですね。
ここ数年は、それなりに厚みのある平面化ばかり描いていたから、紙のように薄いペラペラの平面化の描き方を忘れています。

まあ、凛を焼いている絵と、ラストの食べられた二人の絵は、なんとか及第点をあげられますが。

そういった訳で、この手の平面化は、またいずれチャレンジするかもしれませんww


物語の展開ですが、今回・・・バトルシーンらしいバトルシーンが無かったでしょ!

実は今回、あえて…サバイバル的要素にしてみました。

そうですね、雰囲気で言えば『バイオ○ザード』ですww

好きなんですよ・・・バイオ!

俺っち、ゲーム作ったらRPGでも必ず、バイオっぽいイベントを作りますww

1~2m先も満足に見えない暗闇と、満足に武器を振るえない狭い空間。

そんな中で襲いかかってくる、複数の妖怪。


優里なら、そんな状況でも勝てる可能性はあるかもしれませんが、逆に実戦形式の武術を習っていた優里にとっては、ここはやはり逃げなんです。
「実戦では、勝つ事よりも、生き延びる事を優先しなさい」
師から、優里はそう教わっているんです。
不利な状況で戦うのは、死を選ぶのと等しいんです。


…と、いつものライトファンタジーっぽい雰囲気から一転して、シビアな展開にしてしまいましたが・・・

これも結果としては、失敗したな~~~!って感じです。 orz

でも、またいずれ、再チャレンジすると思いますwww


あ、そうそう~~~!

正規ルートでのラスト、 『もう一つの始まり』 


コレ、何の始まりか……わかって頂けたでしょうか?

気づいてくださった方は、ありがとうございます♪
ええ、あの物語のプロローグ風にしてみました。


前回の近況報告でも書きましたが、ちょっと あのキャラの物語を書いてみようと思っております。

そういうわけで、次回14話は、6月でなく・・・7月公開になると思います。

来月は、そっちの物語を公開してみようと思っております。



今回も閲覧、本当にありがとうございました! m(_ _)m

| あとがき | 01:44 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妖魔狩人 若三毛凛 if 公式外伝 『魔のものの暗躍』 作:MT様

「ふむ…」
夕焼けの明かりが闇に染まりつつある中で、遠い山々を、じっと見つめる姿があった。
彼の名は白陰、一見美しい男性のようでもあるが、その実態は妖怪でもある。
沈みゆく夕焼けを、訪れる夜の闇を、じっと見つめていた。
「こうして雌伏の時、楽しみは日の浮き沈みのみ、か…」
やがて身を翻し、元の住処へと、歩みを進めた。
広く殺風景な空間で、白陰以外にももう一つ、姿があった。
嫦娥という名前の妖怪である。年老いた老婆のような姿を、のそっと動かし、じっと彼を見つめていた。
「日を見ようが何をしようが、根本的な解決にはなりゃせんぞ」
彼ら魔性の者たちにとって、相当の難題が、ぶち当たっていた。
妖魔狩人という、悪しきを滅する存在が現れてしまったのだ。悪しきを滅して人を助ける、妖怪からしたら、天敵以外の何物でもなかった。
かつて未熟な腕の子娘一人だった。もしもそいつ一人だけだったとしたら、いかようにも始末することはできた。が、新たに現れた、腕の立つ妖魔狩人は、相当手ごわかった。いくら妖怪とはいえ、その力には引き下がるほかなかった。
「うむ、身共もそれはわかっている とはいえ、対抗する手立てがないのも、事実だ…」
少し力を抜いて、楽な姿勢を取った。とはいえ、語る口は、難題の解決にはならない言葉しか、出てこなかった。
「妖怪どもを傘下に加えているとはいえ、所詮は烏合の衆よ… アタシだけでは、さすがに手が足らぬ…」
はあっと、ため息が二つこぼれた。至福の時に、もう何度も妖魔狩人を、酒に漬け込んだり焼いたりして食べた、という夢ばかりを見てしまっていた。
がたんっ
どかどかと、たくましく黒光りする巨漢が、入ってきた。
手には縄が握られており、その先には何人もの少女が、つながれていた。みなボロボロであり、涙を流す気力もなかった。
「ムッシュ、それは?」
白陰は、自信満々で入ってきたその男に、むっとしながらも尋ねてみた。
妖怪だけの神聖な空間に、低俗な人間を連れ込んだのが、許せなかったのだ。
「鉄の箱に乗っていては、肉の質が落ちてしまうでしょう やはり、ある程度は運動をさせなくてはなりませんな…」
左手で髭をなでて、ムッシュ・怨獣鬼は答えた。
「雌伏の時と申したのに、また材料収集とは、熱心なことで…」
やれやれと、嫦娥はあきれながらにつぶやいた。
あまり目立つようなことが続けば、妖魔狩人に発見されてしまうかもしれない。いくら数の上で有利とはいえ、攻め込まれてしまっては、もしかしたらということもあるのだ。
「遠くから調達しましたゆえ、大丈夫でしょう 吾輩特製の牢屋にでも、ぶち込んでおきますゆえ」
ムッシュは、囚われた少女たちを見せびらかすように、前に放り出した。
「…む?」
白陰は、何かに気が付いて、少女の一人、黒髪の長髪の少女に手をかけた。
「ほう… こやつからは、微弱ながらに霊力を感じるな…」
少女はおびえた目で、視線を逸らした。その様子を、横の少女たちはみな、恐怖していた。「妖樹化の種を使おう よろしいな、ムッシュ?」
白陰の突然の言葉に、ムッシュは少し、ぴくっときた。
「いやいや、何を言う… 吾輩が調達したものですぞ? それにそれは、吾輩も狙っておったというのに…!」
いつもと打って変わって、少しむきになっていた。
「まあまあ、両名待たれよ」
その様子に、嫦娥は止めに入った。
「たしかに、捕えてきたムッシュのものではあるがの… ただムッシュよ、これで何度目だ? おとなしく潜んで待つことが出来ぬと、おぬしの悲願も夢のまた夢よ?」
真っ向から正論をぶつけ、なんとかしてこの場を収めようとした。
「…いいでしょう それは差し上げましょう しかし、吾輩は吾輩の好きにやらせてもらいますぞ? よろしいな?」
禍々しいほどの覇気が、周囲に広がっていた。足元の何人かの少女は、失神してしまっていた。
やがて、ぷんぷんしながら少女の一人の縄を引きちぎり、解放した。残りの少女は、ずるずると引きずって行ってしまった。
「ふむ… なかなかのものだな…」
白陰は、何度か体に指を這わせて、少女をなでた。少女は、これから起きることが予想できずに、ただ目に涙を浮かべることしかできなかった。
妖樹化の種を一つ取り出し、少女を抑え込んだ。そして、外へと少女を連れ出し、さっそく始める気でいた。その後ろ姿を、嫦娥はじっと見つめていた。
「なんじゃい、あんな細いひょろひょろの人間… アタシが若いころは…」
誰にも聞こえない愚痴を、始めていた。
「ああ、やだ… ぐっ がっ ぎゃああああああああああああああ」
外では、絹を引き裂いてすりつぶしたような、痛々しい悲鳴が広がっていた。彼方の山々にこだまして、遅れてまたこちらに帰ってきた。
「終わったぞ おそらくは、うまくいくだろう」
ふーっと、少しすっきりした顔で、彼は帰ってきた。
やがて、夜も深くなり、外には風に揺れる木々の音が聞こえていた。
「ふむ? 外のあれが、先ほどのですな?」
ムッシュが、大皿をいくつか持って、やってきた。
「ムッシュ、今度は何を作ったのだ?」
いい香りがする物体を目に、白陰は尋ねた。
「これは、肉まんというものですな あなた方も、一度は目にしていると思ったのですがな」
かぱっと蓋を取れば、巨大な白い塊が3つも出てきた。
「いい材料でしたので、一つにつき一体、使いました 全身を柔らかくたたき、新鮮な野菜とよく混ぜたあの感触は、たまりませんな」
ふかふかふわふわの真っ白な肌は、中においしいものが詰まっているようだった。
「しかし、肉しかないのでは、レパートリーに困りますな… やはりまた卵と、果樹園もほしいところですな」
「ムッシュよ、そういうのは、人目につかないように、な…」
嫦娥が、とりあえず注意をしておいた。こういっておかなければ、村一つを壊滅させて、まるまる牧場やら畑やら、果樹園にしかねないのだ。それだけの力があるのだ。
「ささ、お熱いうちに食べなくては、料理がかわいそうですぞ」
ムッシュに催促されて、ささやかな食事が始まった。先ほどまであんなにも衝突寸前とはいえ、ムッシュはプロの自覚があった。料理はしっかりと作り、しっかりとふるまうのだ。
巨大な肉まんは、皮が厚いにも関わらず、中のたくさん詰まった具材のいい匂いが、もう漏れていた。
さっそくムッシュは右手でつかみ、熱いそのままに表面に一気にかぶりついた。何度も何度もかじり、ようやく中にまで達した。
中からは、あふれんばかりの肉汁が出ていた。開いた穴から、垂れてしまいそうなくらいだった。
「うむ! 悪くない! この柔らかな肉質は、メガネとかいうのをかけていたやつでしたかな」
むしゃむしゃと、ムッシュはかじりつき、己の料理に自画自賛した。
「ほう? こっちのはずいぶん油が多いんだがの… 無駄にでかい乳でもしておったのか?」
肉まんをじろりと眺め、嫦娥が中の肉に向けて、不満を言っていた。結構当たっているのかもしれない。
「このわがままな歯ごたえ、素晴らしいぞ、ムッシュよ」
白陰もまた、料理の味に舌鼓を打った。賞賛の言葉は、ムッシュへと投げかけられた。
「ふむ、初めてにしてはなかなかうまくできましたな? 材料がいいからでしょう また食べたければ、いつでも作りますぞ? 材料があればですがな!」
すでに肉まんの半分以上を食べて、彼は力強く笑った。すべてが腹に収まるまで、もうすぐだろう。
やがてみな、にっくき妖魔狩人のことを思いながらに、眠りこけてしまっていた。夢の中では、妖魔狩人を二つ混ぜ合わせた特性巨大肉まんに、かぶりついていた。
朝日が差し込め、また沈み、そしてまた朝日が昇る頃、異形な木に実った、異形な実が、ふらふらと揺れていた。その様子を、ムッシュ以外のものが見つめていた。
ぼとん
実が落ち、中身が出てきた。
長い黒髪を纏ってはいるものの、鋭い爪が生えた手足や、鋭い牙が映えた口、そして長く伸びた耳は、妖怪そのものであった。
「があああああああああっ あっ?」
ぽいっと、生まれたての妖怪の口に、何かが投げ込まれた。
妖樹化の種がまた投入されて、妖怪は再び苦しみ、もがきだした。
「よろしいのか、白陰?」
すでに体の形が変わりつつある目の前のそれを、涼しい目で嫦娥が見つめていた。
「うむ、前回の事例もあることだ… 妖怪化した人間にまた妖樹化の種を使えば、きっと強力な妖怪が誕生するかもしれん」
少し楽しそうな彼だが、その横の嫦娥は、やれやれとあきれていた。
「あんな滴程度の霊力で、強力なのが生まれるわけがなかろう… それに、仮に生まれたとしても、どうやって手なずけるのじゃ? かやつのこともあるしな…」
あっと、彼は指摘されたことに気が付いてしまった。とはいうものの、また冷静な顔に戻り、木の成長を見つめていた。
また少し日がたち、木には巨大な実が出来上がっていた。夕日にすかされた中身は、まるで蜘蛛のような、禍々しい姿が見えた。
「外のあれは、そろそろ生まれそうですな? 生まれてから、あの時食べておけばと思うかもしれませんぞ…」
ムッシュは、一人の少女を引きずって、床に降ろしていた。しばらく狩猟に行っていなかったので、ムッシュの手持ちの材料は、もうこれだけだった。といっても毎日人数分の肉まん、ハンバーグ、ステーキ、カツレツとやっては、すぐに材料が尽きるのも、納得だった。
「また、材料でも集めなくてはな… よかろう?」
「もう、好きにせい 今は、外のあれが気になるでな」
外の木の、巨大な実を、3体の妖怪と一人の少女が、見つめていた。
ずどん
ついに、実が取れて、地面へと降り立った。
ぎちぎちぎちっ
中からは、大きな蜘蛛が出てきた。人の何倍もの大きさの、巨大な蜘蛛だった。
「ほう? おいしくはなさそうですな」
ムッシュは髭をなでて、その様子を眺めていた。
足元に転がっている少女は、弱ってはいたものの、弱弱しいながらに悲鳴を上げた。が、向こうの山にまで届かなかった。
蜘蛛は、するすると縮んでいった。足や腹が収納されていき、別の姿になりつつあった。
やがてすべておさまると、蜘蛛がいたその場所には、少女が一人立っていた。
全身がきれいな肌色で、長くて黒い髪は、妖美に風に揺れていた。唯一残念なのは、妖怪ですら服を着ているというのに、全裸ということだった。
「ふふふ…」
少女は、目の前の妖怪に向けて笑みを浮かべると、頭を下げた。
「お前の名前は… なんにしようかの?」
嫦娥は、光景のあまりに言葉を失い、呆然としていた。というのは実は嘘で、ただ単に若い娘のような目の前のそれに、名前を付けるのが鬱陶しかった。
「あら、ではまた今度の機会にでも、考えておきますわ…」
彼女は、くるくると体を回し、あたりに裸体を晒していた。ちょっと別のことに目覚めてしまったのだろうか。
「とりあえず、その恰好をなんとかしてもらおうか…」
耐えかねて、白陰は言葉をかけた。相手が人間なら、裸でもなんにも感じはしないものの、同じ妖怪の、なまめかしくも美しい妖怪の素肌なのだ。山々や自然に拝ませるのさえ、もったいなく感じた。
「あら、ではそこのを頂戴いたしますわね…」
地面に転がる少女にむけて、彼女は手から糸を飛び出させた。糸に絡まれて、少女は無理やり立ち上がらされた。
少女の目に映る彼女は、かつて見覚えがあるその顔だった。しかし、その冷たい笑みは、体温は、彼女が人間ではなくなってしまったことを知るには、十分だった。
かぷっ
少女の首に、彼女の歯が付きたてられた。そして、彼女は何かを、体内へと注いでいた。
「ああ… なんで…」
少女は、体がみるみると力が抜けていった。それに合わせて、体の内側の、肉の部分がみるみるなくなっていくのを感じた。
「ああ、せっかくの夕飯の材料が… 今日は、生け作りにでもしようと思ったものを…」
ムッシュが、悔しがった。それはつまり、妖怪たちの今日の夕食がないということも意味しているのだが、その部分が伝わることはなかった。
「ふふ… ごちそうさま…」
ぺらりと、少女の顔があらぬ方へと向いた。すでに中身はなく、ただのぺらぺらとした、布きれのような物体だった。
「… …」
それでもどうやら、意識があるようだった。それでいてなお、生きているのかもしれなかった。
それの口に彼女は手を突っ込んで、中に糸を放った。
中でぐにぐにと、糸が広がり、詰まっていた。
それを今度は、横や縦へと押し広げた。そして、その出来栄えを確認すると
じゃきんっ
鋭い爪で、細切れに引き裂いてしまった。中の糸のおかげで、四散することはないものの、少女の形や面影は、全くなくなっていた。
それに、今度は表面に糸を垂らして、するすると糸を縫い込んだ。針もないのに、器用に縫っていった。
出来上がった、不格好な布きれに、彼女は軽く口づけをし、口から何かを染み込ませた。
口づけした部分から、みるみると色が変わっていき、緑を基調とした布になっていった。
「あらあら… こんな色なのね…」
みな、唖然として見つめていた。それもそのはず、今まで生きてきた中で、これだけ美しい布は、見たことがなかった。
彼女は、再び爪で切って加工して、糸で縫いつけた。
出来上がった緑の洋服に感動し、さっそく袖を通した。
ぴったりのサイズに、彼女はくるくると嬉しそうだった。
「よもや、そのようなものにしてしまうとは…」
白陰がようやく、見とれていたのから立ち直り、言葉を放った。
「人間とは不思議なもので、本能に勝る欲望というものがある… それは食べる以外のものに、魅力を感じるということなのだろう もちろん、人間にも、食べることの欲望が強いものはいるがな」
嫦娥は続けた。
「つくづく、人間とは珍妙な生き物よの… といっても、すでに妖怪だがの 直接の力は、我らには遠く及ばぬようだが、なかなかに興味深いな…」
彼女のお披露目会が終わり、みなぞろぞろと、住処へと帰っていった。
今日の夕飯は、なかった。
「そなたは、元いた場所へと戻り、向こうで好きにせい それがもっとも、奴らを悩ませるだろう」
若干空腹ながらに、嫦娥は言葉を放った。朝ごはんもなさそうだった。
「ええ… お任せください、おばあ様…」
ぺこりとして、彼女は出て行ってしまった。緑の洋服の裾を揺らしながら。
「たまに、帰ってもいいぞ もちろん、土産を持ってな」
嫦娥の言葉に、彼女は振り返って、にこっと笑顔を向けた。
遠くの街の、とある私立大学は、悲しみに包まれていた。
合宿へ行く途中のサークルを乗せたバスが事故に会い、サークル生のほとんどが死亡または行方不明だった。バスの残骸から、クマのような大型の動物に衝突し、横転したとみられていた。
いまだ捜索活動が行われているものの、現場の惨状から見て、生存者は絶望視されていた。
死亡が確認された生徒だけでも、大学を挙げて葬儀が執り行われていた。
その模様を、笑顔で見つめる影があった。
午後7時を回り、大学も閉校が近づいていた。サークルやらゼミナールやら、はたまたお遊びやらで残る生徒は多かったものの、みな蜘蛛の子を散らすように、散り散りと帰っていった。
校内に残っていた一人が、ようやく帰宅へと動いた。
友達の安否がわからぬために不安が募るものの、かといって学業をおろそかにするわけにはいかなかった。
「ふふふ… こんばんは…」
真っ暗な廊下の奥で、真っ赤なものが二つ動き、近づいてきていた。
「な、なに…?」
恐怖のあまりに、足がすくんでしまった。

魔のものの暗躍

窓から差し込むわずかな明かりに照らされたのは、茶髪に春物の衣服の女性と、黒い長い髪に緑の洋服の彼女だけだった。
「えーと、どこかで会ったかしら―」
かぷっ
言い終わる前に、首元に、思いっきり噛みつかれていた。そして、体内に何かが流し込まれていた。
「あ… あれ…?」
「うふふ… ごちそうさま…」
ぺらぺらとなった物体に、彼女はあいさつをした。
ぽかんとした口の中に手を突っ込み、中に糸を放った。糸は体中にどんどん広がっていた。
糸が詰め込まれたら、それの全身をぐにぐにと揉んで、なじませていった。
「はい、できあがり… 素敵よ…」
糸が絡み合って、綿へと変わっていた。彼女が手にしているのは、3頭身くらいにデフォルメされた、笑顔のぬいぐるみだった。
「今度は何を作ろうかしら… お洋服? スカート? ぬいぐるみ? 和服も捨てがたいわ…」
やがて大学を中心に、行方不明者が数多く出没し、警備が厳重へとなった。
しかし、それをあざ笑うかのように、行方不明事件は増えていった。
都会での神隠しは、いまだに進展すらしていなかった。

| 妖魔狩人 若三毛凛 if 外伝 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

客観的なあとがき

こんにちわ。

色々な意味で、人生の深さ・・・生き甲斐とは。
考えさせられている、 るりょうりに です。
(別にネガティブな考えでなく、どちらかといえば哲学的にw)

まぁ、俺っちに哲学を語らせても、すぐにメッキが禿げ、バカを露見するだけですので、絶対に言いませんけどねww

今回は、以前ご紹介させていただいた、MTさん が書かれた、『妖魔狩人 若三毛凛 if』の二次創作、『魔のものの暗躍』を、公開してみました。

この作品、 Pixiv・MTさんのページ で4/19に公開されておりますが、ソレ以前からMTさん より、「Pixivは登録制サイトなので、非登録者様向けで、当サイトで公開してもらってかまいませんよ」という、ご了承を頂いておりました。
ありがたいご提案でしたので、お言葉に甘えさせて頂こうと思っておりましたが、やはりMTさん が書かれた作品。
しばらくはMTさんのサイトで先行公開、ある程度のタイムラグを置こうと考えていたのも事実です。

あれから丁度一ヶ月。
ちょっときっかけがありまして、いいタイミングかな?と判断し、公開させて頂きました。

この作品の良さは、何度も言ったかもしれませんが、個人的には『おどろおどろさ』と思っております。

とにかく、タイトル通り…魔のものの怖さ、重さがドロドロと感じさせられます

実は、俺っちのキャラ『ムッシュ・怨獣鬼』ですが、アレ…あえて、1/3~1/2程、ギャグキャラとして構想したんですよね。
まぁ、ギャグキャラと言い切ってしまうと語弊があるかもしれませんが、復讐と怨念の塊だった怨獣鬼が転生したら、なんか…キザったらしく、それでいてちょっと渋い中年キャラになったというのも、ギャグなんですよw
『妖魔狩人~』を書いていて思っていたこと、それは『ギャグ成分』が足りないな~。
そこで、雰囲気を少しだけギャグにできるキャラが欲しいな~という想いも込めて、ムッシュが誕生したのです。

ですが、ムッシュは根本的には、恐ろしいキャラです。
なにしろ、全ての人間の家畜とし、食材にすることしか頭にないのですから。
彼に『慈悲の心』はありません。
食材として、質がいいか? 料理したら、旨いか…不味いか? それしかありません。

でも、俺っちは、ムッシュのギャグばかり気を使って、真の怖さを表現しきれていなかった感がありました。

それを、この作品でMTさんが、上手く表現してくれています!!

読んでいて、ムッシュの残忍さ…冷酷さが気持ちいいんですよww

他にも、白陰や嫦娥の言い回しなど、見事に…てか、本家以上にキャラが立っていますwww

そして、特に俺っちが、心を動かされた所・・・・・


新キャラ、大蜘蛛妖怪が人間化した少女。


正確には、元人間の少女→妖樹化を経て、妖怪化(ある意味、妖怪人間)→更に妖樹化を経て、完全な妖怪になる。→妖怪なのに人間の姿に変身。

この発想は、俺っちにもありませんでした。

そして、その文中の・・・怪しく、それでいて少女の可愛らしさを残した、魅力的な個性。

このキャラクター、使いたいな・・・・。

すぐに、そう思いましたね。

勝手に、デザイン画を描き、勝手に名前を付け、MTさんに使用許可を求めましたwww
寛大なMTさんは、快く認めてくださいました!!

ラストの、都市伝説的な終わり方。

このキャラの隠れた行動が目に浮かびます。
近いうちに、この少女の物語を書いてみようと思っております。


そうそう……、こちらでは少女の場面画をアップしました。

もっとも、ベースはMTさんにお送りした、デザイン画なのですが。(もし、興味がありましたら、Pixiv、MTさんのページへ!)

上記の通り、この少女の名前は決まっておりますが、それはまた次の機会に!


======================================


近況報告


妖魔狩人~第13話。

執筆は終り、現在挿絵三枚が、やっと終了。
挿絵は、七枚予定しております。

したがって、早くて月末公開予定となります。


ぶっちゃけ、かなり自己満足的な作品になってます。(^^A

今まで使っていなかった、展開や雰囲気を持ち込んで、新鮮で面白くしようと試行錯誤をした結果・・・

なんか、失敗した感があります・・・orz

そうですね、料理でより美味しく、目新しい料理にしようと、アレコレやった結果・・・

なんか、かえって不味くなったんじゃね!?

そんな感じです。

バッド・エンドは平面化。

これも、個人的には好きなシチュエーションの一つですが、さぁ…皆さんのお口に合うでしょうか?(^^A

ま、前回…リバースで引かれた感もありますしwww

あまり期待しないで、お待ちくださいw


では

閲覧、ありがとうございました!! ヽ(`▽´)/

| 閲覧者様との交流 | 14:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告と作品紹介

こんにちわ!

我が隊に、二人も新人入りました!!

一人は、やっと入ってくれた最上型二番艦、『くまりんこ』こと・・・三隈!
もう一人は、E-2をクリアして入隊してくれた、工作艦 明石ちゃん!

頑張ってね二人共~。我が隊はまだ轟沈は無いからね♪

というわけで、数カ月ぶりに新しい契約を取った営業社員かのように大喜びの、 るりょうりに です!

===================================

まずは、作品紹介から!

● その後のムッシュ

 MTさん新作外伝!

まるで原作版『デビ●マン』のような、大交戦から一夜明け・・二夜明け。
おそらく数ヶ月後の話なんでしょうね。

凛や優里たち妖魔狩人が敗れ、妖怪に支配された世界の話

とにかく、俺っち自身がまるで考えていなかった世界なので、物凄く新鮮!
それでいて、さりげない恐怖感。

悲劇的な物語がお好きな方は、お勧めです!(^ー゜)b


●  凛、激怒する

 こちらも MTさん新作外伝!

なんと、こちらは本家同様、ifの世界
途中分岐しており、どちらを選ぶかで、エンディングが変わる!!

この作品で特に気に入っているのは、『優里』!

ちょっと本家の優里らしからぬところもあるけど、これはこれでOK!

さぁ、一体凛は、何を激怒したのか?


● 100

 こちらも MTさんの作品ですが、こちらは完全オリジナル
 妖魔狩人若三毛凛 if とは一切関係ありません。

実は、小説でなく・・・

ノベルゲーム!!

まさか、Pixivでノベルゲームができるとは!? 
俺っち、一度も小説を投稿したことが無いので、ああいう事もできるのか?
それとも、MTさんが見つけたやり方なのか?
その辺がよくわからないけど、でも・・でも・・・

内容が、ムチャクチャ面白い!!

まず、主人公の婦警さん。

萌えますww

絵・・・描きたいなぁww

その婦警さん、選択をミスると、ああなったり…こうなったりww

いいなぁ~~~♪

マジでお薦め!!!

ぜひ、やってみてください。


▲ あと、当サイトのリンクコーナー(→)に、PixivのMTさんのページと、もう一つ・・

これもお薦め!!

ペパーさんのページリンクしてます。

よかったら、ぜひご覧になってください。m(_ _)m

==================================

近況報告


第13話のプロット作成中・・・(まだ、そこかい!?)

いやいや、13話。

平面化したいっていう目的だけはあったんだけど、肝心な物語の繋ぎを考えていなかったwww

つまり、正規ルートの詳細を、今考えているわけww

いや、重要ポイントは出来ているんですよ。
でも、ソレ以外・・・殆ど考えていなかった・・・orz

おかげ様で、このサイト・・・、そしてこの小説。

有難いことに、色々な方がご覧になってくださって。
また、それぞれ目的意識が違っていて・・・

それが嬉しくて、少しでも多くの人に喜んでいただけたらな~~と。

だから、より一層真面目に作っていこうと思っております(^^

そんなわけですので、ゆっくり長い目でお待ち頂ければ幸いです。


では、今後もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

| 閲覧者様との交流 | 17:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月