FC2ブログ

自己満足の果てに・・・

オリジナルマンガや小説による、形状変化(食品化・平面化など)やソフトカニバリズムを主とした、創作サイトです。

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

≫ EDIT

妖魔狩人 若三毛凛 if 第一話「プロローグ」

こんばんわ。

ちょっと夏バテ気味ですが、その割には予定入れまくりの るりょうりに です。


久しぶりに創作更新です!


ですが、「みら!エン」ではありません。
前回更新でチラッと書きましたが、SSを書いてみました。

私は殆どSSを書いたことがなく、たまに書いても不評ですが、今はこういう形でもいいからモチベーションを上げないと、一生創作更新はできないと思いますw

そんな訳で、下手なSSでも良いという方は読んで頂ければ幸いです。


ただし!!


この物語、基本的に状態変化よりカニバリズムネタがメインとなります。
今回の第一話も、状態変化はなく、食材扱いです。
ですから、ソレ系に耐性のある方のみ、お読みください。


尚この物語、展開が分岐型になっております。

①・②と展開が分かれていますので、その点を注意してお読み下さい。

では、また後ほど・・・・・。


----------------------------------------------------------------


暑くなってきたな…。

5月だというのに、燦々と照らす日差しのせいで、全身に汗が滲む。
白いハンカチで額の汗を拭いながら、凛はそう呟いた。

ゴールデンウィークの真っ只中、宿題の答え合わせをしようとクラスの友人…千佳から、急に連絡が入った。
答え合わせと言ったって、きっと千佳は全然やっていないだろう。
ただ凛の宿題を写すのが、千佳の言う答え合わせなのだ。
今までだって、ずっとそうだった。
要領のいい千佳とは対照的に、いつだって損な役回りが多い。
なぜそんな日常になったのか、凛は薄々気付いている。
口数が少なく、感情表現もあまり出さない。
何かに積極的なわけでもなく、でも…頼まれたら断りきれない。
クラスでも一人でいる事が多く、今日だって外出なんかしないで、家で本でも読んでいた方が、よほどいい。
良く言えば、年齢の割には落ち着いた女の子。
悪く言えば、どこにでもいる、ちょっと内気な女の子だ。

路肩に生えている雑草が、さわさわと騒めく。
すぅーと、心地よい風が身体を吹き抜ける。
凛のトレードマークとも言える、黒く長めのサイドテールがふわりと風になびいた。
少しの間足を止め、目を閉じ吹き抜ける風を感じ取る。

気持ちいい。

妖魔狩人 若三毛凛 if 第一話(1)

ゆっくりと目を開き、見慣れた道のりを眺める。
周りを山々に囲まれた、小さな村の農道。
車が通る事も殆どない。
あと10分も歩けば、千佳の家につく。

「先を急ごう…。」

家につけば、冷たい麦茶の一杯くらい出るだろう。
そこでゆっくり涼めばいい。
おそらく千佳特製のシュークリームも出ると思う。
千佳はスイーツ作りに関しては、凄い腕前なのだ。
特にシュークリームは、カスタードクリームの味付けが絶妙で、下手な売り物よりずっと美味しい。
もっとも、そういう美味しい思いがなければ、わざわざ千佳の為に家にまで出向きたくないけどね。

まだ12歳だが、妙に大人びた冷めた眼差しで目的地付近を見定め、再び歩みはじめた。

しばらくして凛は、背筋がヒヤリとするような気配を感じ足を止めた。
左手にある森の手前で、何者かが立っている。
ロングヘアーで、最近流行りのワンピースを着こなした、若い女性。
20代前半くらいだろうか?
まるで案山子のように身動き一つせずじっと立ち尽くし、凛を見つめている。
よく見ると、若々しいはずの顔にはまるで血の気が感じられず、それどころか、額からかなりの血が滴り落ちている。

またか…。

たしか…2~3日前に隣町から来た車が、この辺りで大事故を起こしたって村の人達が言っていたな。
運転していた若い男性と女性が亡くなったとか。

「ねぇ、ここはもう…貴女の住む場所じゃないんですよ。自分の死を受け入れてください。」
凛は女性に向かって、悟らせるように話しかけた。
若い女性は、しばらく凛を見つめていたが、やがて霧が蒸発するように静かに消えていった。
女性が消えていくのを見納めると、凛は短い溜息をつく。

凛が口数が少なく、感情を表に出さなくなったのも、実はこの力が原因なのだ。

霊感体質。

凛は幼い頃から、この力を持っていた。
子供の頃は、霊を見るたび恐怖し、泣き喚きもした。
親や友達、村の人達にも、霊が見える事を話もした。
だが、大人たちの反応はいつも同じだ。

見間違いだよ。
気のせいだよ。
怖い…怖いと思っていると、なんでもそんな風に見えるんだよ。

霊体が見えない大人達は、誰一人信じようとしなかった。
友達も同じだ。

どこにそんなのがいるんだよ?
嘘つき!

大人と同じように信じない子もいれば、

なんか…凛って薄気味悪い。
何かに摂り憑かれているんじゃないの?

と、気味悪がって離れていく子達もいた。

言っても誰も信じてくれない。
言えば言う程、わたしが悪くなる。

そうした経験を繰り返すたび、凛は次第に口数の少ない子に育っていった。
最初は怖かった霊の姿も、何度も見るうち見慣れていき、恐怖を含め感情もあまり表にでなくなってきた。
無口で無表情な少女。
今の凛になったのは、この霊感体質のせいだと言っても過言ではない。
でも…いい。
こんな生活も、もう慣れた。
たしかにこんな自分は正直、あまり好きではない。
でも、そこまで嫌いでもない。
わたしはまだ中学生になったばかり。
とりあえず今は、勉強に励んでおこう。
周りで何と言われようと、やるべき事さえやっておけば、きっと将来役に立つことがある。

そう…きっと。

心の中で気を取り直し、先へと進む凛。
もうじき千佳の家に着く。
そう思った時だった。

ぞくっ!!

一気に悪寒が走った。
さっきまで汗すらかいていたのに、いつの間にか全身に鳥肌が立っている。
寒気なんてものじゃない。
まるで心臓に氷の塊を押し付けられたような感覚。
どき…どき…
激しい鼓動が聞こえる。
今まで何度も霊気を感じ、身の毛のよだつ思いはした事がある。
でも、そんなのとは何か違う。
もっと、邪悪な…、霊気とはまた違う気配。
「な…なんなの…、この感じ…!?」
身震いをしながら辺りを見渡してみる。

どこ…?

来た道を振り返りながら、森へと目をやってみる。
先程とは反対方向の森から、それは感じられた。

………。

その方向を見つめているだけで、口の中が乾いていく。
間違いない。
何か、悪意の塊のような…、それでいて大きな気。

でも、待って…?

もう一つ、何か気配を感じる。
邪悪な気よりはかなり小さいけど、清らかで…光のような気?。

どうする?

どうするって、何を…?

もしかして、わたしはそれを確かめたいと思っているの?
これほどの悪意の気だよ…。
見に行って、どうするのよ?

でも……。

久しぶりに感じる、激しい心の迷い。
凛の頭の中は、すっかり混乱していた。
にも関わらず、身体は初めて経験する好奇心を抑えきれなかったのだろう。
凛の意識とは関係なく、その足は森の中へ入っていった。

薄暗い森の中を引き寄せられるように進んでいく。

どきどきどき…。

明らかに、鼓動が早まっている。
同時に、冷水のような汗が、全身を覆っているのもわかる。

「あ……っ。」

足を止めたその先に見えるもの。

そこには一人の女性がいた。
それは、妖艶な佇まいの美女…
深い森のこぼれ日に輝く、禍々しい花の髪がざり。
日本のそれとは違う、中国の皇帝貴族のような服装。
妃…一言で著せば、まさにそれだ。
そして、自信に満ち溢れた冷たい眼差しの先には、一羽の鳥の姿が。

その鳥は落下したかのように、地面の上で身体を横たわらせ、苦しそうに羽根をばたつかせている。
だが、驚くのはそこでは無い。

その鳥の大きさと色だ。

鷲…?鷹…?
大型の鳥のようだが、どちらかと言うと鷹に近いようだ。
しかし問題なのは、その色。

その身も、大きな羽根も、輝くような金色なのだ。

本好きの凛だが、そんな鳥は今までどの文献でも見たことがない。
その美しい金色の鳥は怪我をしているのか? 見るからに弱りきっている。
そして必死に羽根をばたつかせ、立ち上がろうとしている。

ニヤリ…。

妃は冷たい笑みを浮かべると、手のひらに黒い炎の塊のような球を浮かび上がらせた。
それだ。
先程から感じ取れる冷たく大きな邪悪な気配。
それが、妃から…、そしてその球からハッキリと感じ取れる。

「終わりだ。」

妃はそう呟くと、黒い球を金色の鳥に向けて放った。

「これまでか…。」

先程まで必死に立ち上がろうと羽根をばたつかせていた金色の鳥だったが、まるで覚悟を決めたように身動きするのを止めた。

妖魔狩人 若三毛凛 if 第一話(2)



*どうなる?*


① 凛は考える間もなく、金色の鳥を庇う。

② 凛は恐怖に足がすくみ、見過ごしてしまう。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

| 妖魔狩人 若三毛凛 if | 20:43 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おひさしぶりです。(^_^;) 近況報告です。

こんばんわ。

てか…3ヶ月ぶり?
いやいや、すっかりご無沙汰してます。
もう…誰もこのサイトに来てねぇーだろうな

というわけで、自分自身すっかり更新を忘れていた るりょうりに です。


約1年。
すっかりアニメ熱にハマっていて、自宅にいる殆どの時間をアニメ見て過ごすという…オタ生活。
やばすぎましたね。
2011年から今年の春まで、私好みのアニメが次から次へと放映されて。
完全に毒されていました。

まぁ…更新しなかったのは、いつも言うけど、絵を描くのが苦痛になっていたのもあるのですが。

でも、ここ一ヶ月…
正確には、夏アニメが今ひとつ自分好みではなかったので、ちょっと絵を描く機会ができました。
多分、真面目に描いた絵は一年ぶりかも知れません。

状態変化でなく、普通のイラストですが、ブランクがあった割にはそれなりに完成。
pixivに置いてありますので、興味のある方はご覧ください。

今ハマっているのは、mixiのアプリで【英雄クロニクル】。

正確にはmixi以外でもプレイできるようですが、シミュレーションRPG。
もちろん、基本プレイは無料ですw

で、このゲームの何にハマっているかというと、キャラクター設定
ゲームシステム自体は極普通のシミュレーションロールプレイングゲームなのですが、自軍のメインキャラを自分で作れてしまいます!

つまり、キャラ画像。キャラのセリフ。武器、防具名。


これらが全部、オリジナルで作れるのですよ。


まぁ、オリジナルは3名までと決まっておりますが、それでも自分のオリジナルキャラがゲームで活躍するのは最高です!

私の部隊名は【MWエンジェルス】!(^_^)ノ

クロニクル01


ハイ、【みらエン】のミオ、そしてプウーぺが参戦しております!!
もう一人は、ゲーム化しようとして設定したけど、結局挫折した新キャラのw

始めたばかりなので、レベルも能力も低いですが、成長させれば結構楽しくなりそう~♪


ゲーム開始では、ランダムでキャラがセリフを話しますが、設定次第では・・・

クロニクル02
クロニクル03


おおっ!ミオ!! なんか…カッコイイ♪
通り名も付けられて、ミオは「光の天女」。プウーぺは「リビングドール」。凛は「妖魔狩人」としております。

クロニクル04

セリフ設定で、オリジナル魔法名を叫ばせる事も~♪
(ちなみに、ライトニングストライクという魔法名は、結城さんが考えた魔法名ですw)

クロニクル05

ミッションボスが捨て台詞を吐くのはお約束ですが、ここでもしっかり…ミオの名を~♪

クロニクル06

新キャラ凛の戦闘開始画面ですが、設定次第で部隊リーダーの名前を言わせる事ができます。
もちろんここではリーダーはミオなので、ミオの名前を~。


3名までオリキャラですが、それ以外の部隊メンバーは、NPCか…もしくは他の方が作ったオリジナルキャラを傭兵として雇う事ができます。
うちのミオも他所の部隊の傭兵として雇われているようですww

今回作ったキャラで面白いのは、やはりプウーぺ♥

移動はマンガ通り、瞬間移動ww
そして・・・・・・

危機に陥ると(別に危機に陥らなくても好きな時でいいのだがw)・・・・

クロニクル07
クロニクル08


カタワクオンナを召喚wwww

クロニクル09


このカタワクオンナ、移動・攻撃はできませんが、プウーぺの前に立ち塞がり、盾となってプウーぺを庇います♪
さすがだぜ、カタワク~♪

クロニクル10


戦闘勝利後も、好きなセリフを話させる事ができます。

クロニクル11
クロニクル12

失敗したのは、【再生】という特種能力があるのに、見落として…ミオに設定できなかったこと。
まぁ、レベルが上がるか、一定の時期でキャラの設定し直しとかできるみたいなので、その時設定しますw

興味がある方は、ぜひやってみてください。


それから、現在の予定として、SSを書こうかと考えています。
要はゲーム化しようとしていた設定やストーリーをSSでやろうと。
詳しい事はまた後ほど。


では~♪ (o・・o)/

| 自己紹介 | 02:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月