FC2ブログ

自己満足の果てに・・・

オリジナルマンガや小説による、形状変化(食品化・平面化など)やソフトカニバリズムを主とした、創作サイトです。

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

≫ EDIT

水無月家のメイドさんの名前、募集中!w

前回のコメントレスで記載したとおり、今回の話(4ページ目)に登場した、水無月家(セイナの家)のメイドさんの名前を募集しておりますw
ただし、名前をつけたからといって、このマンガのレギュラーにする予定は、今のところありません(爆)
良くて、たまに登場する程度でしょうw
ならば、なぜ…名前をつける理由があるのか?
レスにも書きましたとおり、私の師匠…時報の人様のマンガで、ゲスト出演させていただこうと、勝手に目論んでいるからです!(コラコラw
ええ、この事は…私の口からは、まだ師匠に話をしておりません。
正式に名前が決まったら、「出して…出して…」メールか、メッセを送りつけてやろうかとw。(嫌われるぞ!)
まぁ、これは半分冗談ですが、割と好評なキャラみたいなので、名前くらいつけてあげてもいいかな?というのが本音ですw
もし、複数の投稿…アイデアがありましたら、読者の方々による多数決で決めてみようかとも考えております。
ちなみに、現在は…モンジ様より[メイ]という名前をいただいております。
これも、個人的には好きな名前ですね。
他にもいい名前がございましたら、ぜひ…お願いいたしますw
尚、締め切りは…この[呪いのドレス]の話が完了するまでです。
よろしく、お願いいたしますw
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

| 企画物 | 23:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呪いのドレス(4)

noroinodores04

――というわけで、4ページ目です。
前回、プウーペ初の状態変化が、割と好評だったようで、嬉しい限りです♪
引き続き、プウーペには千歳飴に変化していただきますw
カタワクオンナの錯乱理由は、台詞では判りにくかったと思います。
現在、ドレスの精神化の中にいるわけですが、怨念に凝り固まった精神。
邪念の中にいるのと一緒で、ミオ達のような…自分の意思と信念を持った者ならいざ知らず、カタワクオンナのような命令に忠実な、自らの意思を持たぬ者は、簡単に影響されてしまうわけですね。
当然、敵味方判らず…闘争心(そんなカッコイイものなのか?w)のまま、行動してしまうというわけです。
まぁ…こんな事が無い限り、プウーペには逆らわないでしょうけど、せっかくだから、後ほど…もっと好きなようにやらせてみましょうw
さて、ある意味…今回の話の主役、ヒコたんの暴走が始まりましたw
彼女は、自分では[良い事]をしていると思っているから、性質が悪いw
ホント、時報師匠のキャラは個性豊かで…描いている方も楽しめますw
また、今回初登場の水無月家(セイナの家)のメイドさん。
割と好きなタイプです(爆
でも、チョイ役なので、レギュラー化はありませんw
次ページでは、呪いのドレスの原因を描く予定です。
では~♪

| 闇の錬金術師編・序章 | 22:28 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呪いのドレス(3)

noroinodores03

呪いのドレス3ページ目です。
前回のコメントで予想された方がいらっしゃいましたが、ハイ…ズバリ、千歳飴化です♪
バレバレじゃねぇーか!
カタワクオンナが、ノーマルハンドで円筒型になったセイナを手元で転がしながら、長く細く伸ばしていきますw
見事、千歳飴になりましたw
最初は万力のような手に変えて、引っ張って伸ばすという案だったのですが、実際の千歳飴はどうやって作っているのか?
ええ、色々な千歳飴製造販売のHPを見て回りました(爆
いやーっ、大きなメーカーは判りませんが、老舗的なところは、やはり手作業。
鍛え抜かれた職人の技で、一本一本…転がして均一に細く長く伸ばしていくんですねー♪
そういうわけで、カタワクオンナさんにも、職人技を披露していただきました(爆
そして、その技は…なんと、指揮官である…プウーペにもw
その理由は?
更に…一人屋敷に残ったヒコたんは、一体何をしているのか?
次ページでは、その辺をw
今回の話は、ちょっとページ数が長くなります。
予定では6ページくらいになるのではないかとw
ええ、そうだよ…、以前言ったろ…。
読者が引くくらいの事をやらなきゃいけないって!
(都合のいい言い訳w)

| 闇の錬金術師編・序章 | 23:06 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呪いのドレス(2)

noroinodores02

そういう訳で、2ページ目です。
相変わらず…裏切るのが得意な、へタレマンガ。
皆さんの予想する展開をかなり裏切っていると思いますw
もちろん、この展開は最初から決めていた事ですが、洋服化はリザ嬢だけで終わりというわけではありません。
この先でも出す予定にしておりますので、とりあえずご安心を。
さてさて、リザ嬢の呪いを解くために、呪われたドレスの精神化へ侵入した一行。
なぜか…プウーペも登場w
バージョンアップした、カタワクオンナに早速セイナがピンチw
さぁ…カタワクオンナは、どのようにパワーアップしたのか?
ヒントは、匿名様から頂いたネタです!(…と言っても、いくつかありますがw)
そして…次ページのネタバレ。
プウーペファンの方、お待たせいたしました。
次のページでやります!w
そんな訳で、今後もよろしくおねがいいたしますw

| 闇の錬金術師編・序章 | 23:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呪いのドレス(1)

noroino

第4話 呪いのドレス1ページ目です。
今回は、ALT-D様の「呪われたドレス等の衣類で、妖気を放ちそれに釣られ、着てしまった少女を衣服に変えてしまうってのはどうでしょ。」を使わせて頂きました。(^^
提供されたネタは、ちょっとホラー系ですが、そこは…へタレマンガ。
全然…ホラーになってませんw<ALT-D様、すみません(^^;
さてさて、1コマ目から登場した…二人の女の子。
新キャラです!(嘘)
名前でおわかりと思いますが、我が師匠…時報の人様の看板キャラ、リザ嬢とヒコたんですw
似ていないのは、言われなくとも判っている。
ヒコたんのボケがきっかけで、ドレス化したリザ嬢。
さぁ~っ、ミオ達は呪いを解くことができるのでしょうか?w

ここからは、私の状況です。↓
インフルエンザ、うーん…長引いておりますね。
幸か不幸か、それほどの高熱は無いのですが、身体のだるさは止まりません。
おそらく、気を張り詰めて仕事へ行っているため、なんとか持ちこたえているのかも知れません。
ですから、日曜が怖いw
緊張感が無いため、一気に熱が上がるかも…。(私は、こういう症状が結構多い。)
マンガの製作は、皆さんの暖かいお言葉に従って、無理をせず…できる限り、身体を休めながら行っております。
ですから、もうしばらく更新は、のんびりやっていく事になるでしょう。
例年よりも遅い、インフルエンザのピーク。
皆さんも、身体に気をつけてください。
では~♪

| 闇の錬金術師編・序章 | 22:26 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻のイラスト ミオ・プリン

さてさて…本日は、お子様からお年寄りまで、どなたでも美味しくいただける、ミオプリンの作り方を紹介いたします。
では、まず材料です。
神楽巫緒(15)砂糖1カップブランデー小さじ1杯とろとろパウダー大さじ2杯
作り方を説明いたします。
(1)ミオちゃんをボールに入れ、とろとろパウダーを振り掛けます。
この時、暴れないように頭を2~3発叩いて、気を失わせておくと作業が捗ります。
(2)次に刷毛でミオちゃんの身体を、優しく撫でていきます。
15分程続けると、ミオちゃんの身体が半液状にとろけてきます。
(3)ある程度とろけましたら、砂糖1カップブランデー小さじ1杯を加え、味を調えていきます。
尚、お子様用に作る場合は、ブランデーを少なめにしても結構です。
(4)次にヘラ(しゃもじでも可)で、優しく突くように混ぜ合わせていきます
この作業は、決して力任せにグルグルとかき混ぜないようにしてください。
力任せに混ぜ合わせますと、素材が粗くなり、完成後舌触りが落ちますので、時間をかけて、ゆっくり優しく混ぜ合わせる事がポイントです。
(5)20分程混ぜ合わせると、トロミが出てきますのでカップに移し、ラップを掛けて1時間ほど、冷蔵庫で冷やして固めます。
(6)冷蔵庫から出し、カップから取り出せば完成です。

では…完成したプリンをお見せしましょう。

mio-pudding


どうです?
美味しそうでしょう?
甘くてコクのある…ミオプリン。
皆様も、ご家庭で、ぜひお試しください。


――という訳で、風邪(インフルエンザ)に掛かったようです。(^^;
全然、関係ないじゃん!
ですから、早めに寝る事にいたしました。
そんなわけで、マンガの方は、少し時間がかかりそうです。
尚、今回のイラストは、やはり…ブログ開設前に師匠にお送りしたイラストの一部を公開してみました。
たまには、こういうのもいいでしょうw
では、皆さんも…お身体に気をつけてください。
おやすみなさいませー♪

| 幻のイラスト | 23:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖のネリケシオンナ(4)

nerikesionna04

第3話、結末です。
3ページ目が、予想外のシリアスで引いてしまった人が多いような…(^^A
結末の間抜けさとのギャップを作るために、あえて…シリアスにしたのですがw
見て判るとおり、ネリケシオンナに取り込まれたセイナは、凍結させた事でゴムの伸縮性を無くし、そのまま内部で膨体化することによって、破壊したわけです。
状態変化を含ませて、バトルマンガらしさを出したつもりですが…、うーん…失敗だったかな?
それと、私は膨体化の絵が下手ですねw
ただ…巨大化したようにしか見えない…(^^A
精進が必要です。――ハイw
次回は、ALT-Dさんから頂いたネタを使わせていただくつもりです♪
それと、次回…第4話までは、今まで通り…ストーリー形式で公開していきますが、5話から…やり方を変えようかとも考えております。
それについては、また後ほど詳しくw

| 闇の錬金術師編・序章 | 23:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖のネリケシオンナ(3)

nerikesionna03

3ページ目です。(^^;
1ページ目のコメントで少し触れましたが、このページはシリアスになっております。
ミオ、シグーネと倒れ…ただ一人残ったセイナに、世界の存亡がかかる。
(いつから…そんなご大層な物語になったのだ?)
そんなセイナもネリケシオンナの餌食に。
でも…高度な水魔法、冷気の霧でネリケシオンナを凍結状態に。
実は、このブログ。
凍結のカテゴリーがあるにも関わらず、今まで凍結ネタがありませんでした。
そして、記念すべき…初凍結者が、ネリケシオンナ(激爆)
読者の方々…ごめんなさいw
いくらゴム状の身体でも、凍結してしまえば…伸縮力はありません。
この…ネリケシオンナの破裂は、どういう事か?
セイナは、どうなったのか?
さぁ…珍しく緊迫した状況で次ページへ

| 闇の錬金術師編・序章 | 22:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖のネリケシオンナ(2)

nerikesionna02

2ページ目です!
展開を予想してくださった方もいらっしゃいましたが、ズバリ! シグーネに敗北フラグが立ちましたw
本当はここで、消しゴム化されたシグーネのポーズが、なぜか…気取ったポーズというギャグを入れる予定でしたが、シグーネ初の状態変化でしたので、予定変更…変な遊びは入れず、ノーマルに消しゴム化へ。w
相変わらず…消しゴムに見えないというのは、言ってはいけない。
さてさて、ミオはどうあれ…唯一、プウーペ達を撃退できるシグーネの敗北で、この先どうなるか?
残る…セイナは、水属性。
てか、マトモに戦えるの…この子?(爆)
そうそう、いつもなら3ページ目が結末でしたが、今回だけは…多分4ページ目まで引っ張ると思います(^^;

| 闇の錬金術師編・序章 | 15:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖のネリケシオンナ(1)

nerikesionna01

闇の錬金術師編・第3話です。
今回は、goven 様から頂いたネタ。
「ねりけしをモチーフとした怪人。
相手を練りこんで養分などを吸収したのち、そのカスを消しゴムにして吐き出す。
つまるところ消しゴム化ですかね、キン消しみたいな。 」
――という訳で、2番手の刺客…ネリケシオンナに登場して頂きましたw
ネーミングが、まんま…というのは、気にするなw
いきなりバトルシーンで、相変わらず…餌食になる、ミオ。(^^A
でも、いま一つ…消しゴムっぽく見えないですね。
そして…いつもよりも出番の早い、シグーネ。
今回は、今までよりも少しだけシリアスかも知れません。
さぁ…2ページ目は、どうなるか?w

| 闇の錬金術師編・序章 | 23:28 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェアウェイとは、誰?

このサイト、外国の方々にも見ていただいて、感激です。
絵に国境は無いと言いますが、本当ですね。
さて、このサイトの中での私の日本語は、丁寧ではありません。
ですから、翻訳サイトを使って、ご覧になっている外国の人には、意味がわからないと思います。
試しに私も、翻訳サイトを利用して、英語に翻訳し、更にもう一度日本語に翻訳して見てみました。
これは、文章になっていない。_| ̄|●
書いた本人が、意味不明。
その中で、一つ面白い事に気付きました。
このサイトのマンガの主人公の名前は、神楽巫緒。(Mio kagura)
ですが、翻訳サイトを使ってみると・・・
fairway(フェアウェイ)?
フェアウェイというのは、誰ですか?
なぜ、Mioがfairwayになるのでしょう?
日本のアニメが、外国で放映されると、主人公の名前が変わっていますが、そういう感じで、面白いですね。
フェアウェイとは、どういう意味なのでしょうか?
判る方がおりましたら、教えてください。
でも、このフェアウェイという名前(?)、個人的には気に入りましたので、いずれ使ってみたいと思っております。

さて今日は、外国の方々の為に、簡単な登場人物紹介を作ってみました。
character01

マンガの方は、全て日本語なので、台詞がわからないと思いますが、この登場人物表で、誰が敵なのか? 誰が友達なのか? 少しでも意味が判っていただければ幸いです。

| キャラクター紹介 | 22:23 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ミオVSツーレム 初対決(3)

mioVStoolem03

ハイ、3ページ目、新章 闇の錬金術師編第2話結末です。
いつ…そんなサブタイトルが付いたか? そんな事は気にしないw
2ページ目にもコメントいたしましたが、やはり美味しい所で、シグーネの登場ですw
ミオには、カマボコ化のまま更にペチャンコになってもらい、尚且つ…空気を挿入、エアクッションになってもらいました(激爆)
最初は、ペチャンコ状態で、バスマットにすると構想していたのですが、それだけでは当たり前すぎる。
もう少し工夫して、空気挿入としたわけですが、いかがでしょう?
カマボコ→ペチャンコ→空気挿入→エアクッション。
全然、予想できないシチュエーションで、なんと…我が師匠、時報の人さんの先日のマンガでも、似たようなシチュエーションで驚き!
(念の為に言っておきますが、この3ページ目の下書きは、2ページ目を公開してすぐに始めております。決してパクリではありませんよw)
いやーっ、改めて…私の思考が師匠に近いと、勝手に自画自賛w
あと…セイナには、猫の餌食になってもらいました(爆)
ここでも、最初は猫に食べられるシーンにしようと思ったのですが、ちょっと遊びで、ペロペロ嘗め回しのシチュにしてみましたw
本来なら、エロいシーンのはずですが、なぜか…エロくない。_| ̄|○
さて…次回の予告は、引き続きgoven 様から提供された、ツーレム(怪人)ネタを使わせていただきたいと思っております。w

| 闇の錬金術師編・序章 | 23:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミオVSツーレム 初対決(2)

mioVStoolem02

お待たせいたしました~♪
2ページ目公開ですw
引き続き…カタワクオンナβ-1、大活躍(爆
セイナに続いて、ミオもカマボコ化です~♪
前回1ページ目で頂いたコメントの中に、カマボコ化したセイナに対し、「板をはずしたら、それはそれはデンジャラスな光景が・・・。」というのがありました。
丁度…2ページ目の下書きを描いていた時でしたので、「コレは…ある意味、食欲をそそるかな?w」と思い、板を外して…裏返しになったセイナを描き加えましたw
デンジャラスじゃ…なかった。_| ̄|○
まぁ…あの絵柄では、こんなもんでしょうw
さてさて、最後のコマで、カタワクオンナの頭上に岩が落下してきてますが、ええ…前回と同じパターンで、あの人の登場ですw
ただし、実はコレ…ある意味で、3ページ目への伏線でもあります。
今回は、カマボコ化だけでは終わりませんw
もう一つだけ、ネタを用意しております。
さぁーっ! 第二話結末は…どうなるか?w

| 闇の錬金術師編・序章 | 01:08 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンガが間に合わない時の、独り言

おいっ、画像が無いぞっ!?

なんか、そんな声が聞こえてきそうです。(^^A
なーに…簡単な理由ですよ。
マンガの2ページ目、まだラフの最中です(自爆)
明日…ペン入れ(フォトショップで)して、明後日彩色…セリフ入れ。
そうですねー、早ければ3日の深夜か、4日に公開だと思います。
こんな事を書くと、その間のアクセスが減りそうだな。
なになに…そんな時の幻の絵公開だろ?
もう…ストックが殆どありませーん♪\(´▽`)ノ
いや、ホントは少し残っているんですけどね、まぁ…今後、このような事はチョクチョクあるだろうし、また…今、公開したくない絵ばかりが残っているんですよ。<いずれは公開しようと思っております。
――で、こんなときは、私の日記みたいなものを記載していこうかと。
日記というより、思いついたことを話してみるという感じですかな。
もっとも…そんなものも、いつまで続くか怪しいが…。
そういう訳で、明日も私の戯言を記載する事になるかも知れませんが、見捨てずご来訪くださいw
もし…
もしもだよ…
そんな事はないとは思うが…

「てめぇーっの、くだらねぇー戯言なんか、やめろっ!!」

と思う方がいらっしゃったら、遠慮なく申し入れください。
気が向いたら、止めます!(オィ!)
では~♪

| 自己紹介 | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミオVSツーレム 初対決(1)

mioVStoolem01

なんとか、1ページ目完成!
いやいや、前回のコメント通り、予想以上に作画に時間がかかっております。
普通のマンガ形式にしたことを、少しだけ後悔w
でも、描いている分には楽しいんですけどねw

さて、ついにプウーペ率いる…ツーレムとの第一戦が始まりました。
ツーレムとは、道具に命を与え、戦う人形にしたもの。
ええ…ツールとゴーレムを合わせた造語です。
私はアイテムを使って、状態変化させるのが好きなのですが、そうだと…どうしても、ネタ的に難しい部分があるんですよ。
――かと言って、なんでも魔法的にしてしまうと、便利ですが…また矛盾が生じる。
そこで、その中間というわけではないですが、このような怪人を使って、物語を作っていくことにしたわけです。
実際、コレが幸をなすか?
わかりませんけどね(行き当たりバッタリ)

記念すべき第一戦では、govenさんが提供してくださった…セイナを型にはめて、カマボコにするというネタを使わせていただきました。
聞いた時は、コレは美味そう~。絶対に使おうと決めてました。
こういう形で使った事に、govenさんが納得していただけるか?…どうか?
気になるところですが。
まぁ…、もう描いちゃったから…いいか!w
そんな訳で、怪人や…シチュのネタ、いつでもお待ちしておりますw

| 闇の錬金術師編・序章 | 00:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月